相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名(ID) まろ (56159)
プロフィール写真
まろ
つぶやき
フォローの情報が非表示に設定されています
性別 女性
生年月日 非公開
血液型
居住地
趣味 音楽・読書・旅行・グルメ
自己紹介 非嘔吐過食があります。

原因は過度のダイエット…

それから、、
信頼してたひと達から裏切られたり、
隣に住んでたおじさんからストーカー
されたりで…
人間不信になったことです( ω-、)

一時期、ひとりでは外に出られないと
いうこともありましたが、
今そちらのほうは、ほとんど回復しました!

摂食障害も通院・投薬なしで
治癒させようと奮闘中!
どうぞ
よろしくお付き合いください!

※只今、つぶやきとブログだけに
させていただいています。
メッセージはお返し出来ません🙇ゴメンナサイ

【好きなもの】

Hey!Say!JUMP
Mrs.GREEN APPLE
クラシック
西洋文学(特にフランス文学)
西洋絵画
古い映画
動物など可愛いもの
ジュエリーや洋服
スルメ🦑など珍味系
ラーメン
やき肉
その他、美味しいものは何でも💓
アクセス環境
  • 掲示板の投稿履歴が非表示に設定されています

つぶやきの投稿履歴

今朝は せっかく早起きして出掛けたのに、 無駄足になってしまった(´_`。)゙ 車の運転は ただでさえ苦手なのに 迷ったあげく 途中で雨まで降ってきて… それで やっと着いたと思ったら、 予定が中止という…🌀 もう嫌⤵️ もう運転したくない😭 2020年12月01日 09:41
いよいよ明日から12月ですね-☆ これからは、少しずつ 料理も頑張っていきたいなーと思って… 今夜は ハンバーグを作りました(*''*) では 皆さん、 いつもありがとうございます! 来月もどうぞよろしくお願いします🙇 2020年11月30日 18:18
ひつじを 手なずけてみた(☆∀☆) 2020年11月29日 13:14
鏡を見て思うこと・・・ 手と比べると、 やっぱり顔の赤みが気になるなぁ ))) 前回は 乾燥が気になって、 途中で止めてしまったけど… もう一度 グリセリンフリーに 挑戦してみようかな(*^^*) 2020年11月27日 12:07
今日は一日中 刺繍をしていて 肩がこってしまいました(*TーT*) いま ヴェネツィアの風景を刺して いるのですが… 完成までまだまだ時間がかかりそう😅 夜は、お風呂でゆっくりコリを ほぐしたいと思います(*´ω`*) 2020年11月26日 19:02
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

『ダロウェイ夫人』ヴァージニア・ウルフ デュ・モーリアーの『レイチェル』や 『レベッカ』、アベ・プレヴォの 『マノン・レスコー』、モーリアックの 『テレーズ・デスケルウ』、フローベール の『ヴォバリー夫人』等々… 図書館で女性の名前がタイトルに なっている本を見つけると わたしは ついつい借りてしまう癖があります(^^) これまで読んだのは、ぜーんぶ 「悪女物」で面白かったですよ(笑) でも今回手に取った『ダロウェイ夫人』 は、悪女物ではなく、イギリスの上品 な無神論者の初老女性の回想録です。 若き日の輝きや生命力を失って 老いゆかざるを得ない女性の悲哀を、 美しい6月ロンドンを背景に 描きあげた小説で… 人間から徐々に全てを奪い去ってゆく 「時」というものの無情さを、 誰もが感じずにはいられない作品と なっております⏰ 無情な「時」の中で、 人間は、恐怖し、 憂鬱と苦悩にうちひしがれながら、 それでも「生」に留まるべきなのか? それとも、まだ己に自尊心が残されて いるうちに、積極的に自ら「死」へと 飛び込むべきなのか?… そんなダロウェイ夫人の心の 声が聞こえてくるような 一冊でした(*´ω`*) 2020年11月28日 18:07
『牝犬』1931年 フランス この映画は、人形劇を使った 「これは悲劇でも喜劇でもありません。 みな様と同じ、哀れな人間の物語です。」 という口上で始まります。 登場するのは 妻からも職場の同僚からも馬鹿にされている 冴えない中年男のルグラン 若くて可愛い女性リュシエンヌ そして、ジゴロのデデ …の三人。 リュシエンヌを好きになったルグランは、 彼女に、自分は画家だと嘘をついて、 妻に内緒で彼女にお金をつぎ込み、 デデのことが好きなリュシエンヌは、 彼に貢ぐ為にルグランを騙し、 自分しか愛せないデデは、 贅沢三昧な生活をしたいがために、 リュシエンヌを利用します。 いやぁ~、 三人とも嘘つきですねー(笑) ひとは恋をすると、男も女も…みんな 嘘つきになっちゃうものなのかな😉 さてさて、 そんな三人の関係は、 とうとう殺人事件にまで発展 することになるですが ・・・ でもラストは、 クスッと笑わせてくれる ユーモラスなものになっていて… まさに、口上とぴったりな映画ですよ(^^) わたしは ルグラン役のミシェル・シモンの 演技が好きで こちらは 何度も観る作品がです(*´ω`*) 2020年11月24日 14:48
『バラバ』ラーゲル・クヴィスト ラーゲル・クヴィストのノーベル文学賞 受賞を決定付けた小説です(^-^) 死刑宣告を受けながら、 イエス・キリストの身代わりに 釈放されたあの大強盗のバラバを 題材にして創作された作品で… 愛を受けずに生まれ育った為に、 誰のことも何のことも 信じられず、愛すことも出来ない 人間の苦悩と悲しみが 描かれています。 わたしの心も、現在、 猜疑と不信にとらわれている為、 これは、非常に考えさせられるテーマ でした(*´-`) 何も信じられず、何も愛せない… これって、とても孤独で不幸な状態 ですよね。。 わたしも いつか… 躓いた過去を忘れて、 また心から何かを信じたり愛したり 出来る幸せなな心を 取り戻したいですq(*・ω・*)p 2020年11月16日 13:38
『昼顔』ケッセル このタイトルを聞いて 上戸彩さん主演のドラマを 思い浮かべる方が多いと思いますが これは、 それとは別のお話しで・・ 医師の妻として生活も愛も 約束された女性が、夫を深く愛しながらも、 精神と肉体・愛と欲望の乖離による 心の不安定さによって、 夫に隠れて娼婦となってしまい、 相反する思いに引き裂かれ、 破滅していくという物語りです(*^^*) 平穏で安定した人生を望みながらも、 同時に心のどこかで、 自分の人生が平凡に終わることを怖れ、 自分が他人とは違う非凡な人生を 送ることや、特別な存在になることに 羨望を抱いてしまう… このお話の 主人公の女性に限らず、 人間とは、誰しも 心の中に、こういった矛盾を抱えた不安定で 複雑で不可解な生き物であり、 そこに、動物には無い人間特有の 苦しみや悲しみ、そして狂気がある。 ・・・・ この本を読んで、わたしは そんな風に感じました。 本の表紙は、 映画版『昼顔』(1967年)の女優 カトリーヌ・ドヌーヴさんです。 主人公のイメージにぴったりくる 魅力的な方ですね。 映画のほうも、ぜひ観てみたいです(^^) 2020年11月12日 12:54
『骸(むくろ)』 この世界には 不必要なものとして 剥がされて せめてもと暗闇に潜む そんなわたしを あなたは 憐れとは思わない 決してわたしを見逃さない 退屈しのぎに わたしを追い回し 螺旋階段で 容赦なく わたしを捕まえてしまう 捕まったが最後 わたしは 陽のもとに引摺り出され 白い処刑台に乗せられ 棄てられるのだ ああ、 わたし亡きあと これからも あなたの手によって葬られていく 無数の骸たちに 祈りを… 【画像は ヴァチカン美術館の螺旋階段です】 2020年11月02日 13:45
ブログを全て表示

写真の投稿履歴

写真を全て表示