相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名(ID) @アルミ (51873)
プロフィール写真
@アルミ
つぶやき
フォロワー
0
フォロー
0
性別 男性
生年月日 非公開
血液型 A型
居住地 日本以外
趣味 百聞は一見に敷かず
自己紹介 カメラ、PC、スケートボード、スノーボード、インストラクター、詩、絵。

https://mobile.twitter.com/Alumiaws
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

夢の続きは仕草から始まるんだよ。 起きてからおはようまでが子守歌だよ。 僕はおはようは言わないよ。 じゃあ何するの? 掃除をする。僕は起こされる事が嫌いなんだ。 それって物に執着してるんだよ。 そうだね。けれどゲームでもスマートフォンでも同じじゃないか。 違うと思う。 依存だよ。 どうして? 君は対して何も考えず意味なく質問する。 ・・・ それが仕草だよ。 2020年02月17日 20:53
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

目が覚めてから僕は景色を知っている。 忘却の横に寄り添う君の姿。 自分として生きる為に図書館は曖昧である。 継続の話にも隣で眠る涙にも時としてお迎えが来る事も知っている。 何も知らされず表情を曇らせる。 ごめんなさい。 僕は夢を見続けたいと願っているのか? 答え合わせは終わっている。 この白いページに幸せを書き記すのは僕にとって知る筈の無い虚無を曖昧にするため。 罪を重ねて後にお伺い致します。 君は僕を知ってる? 僕は君を知らない。 • • • 僕は君が羨ましい。 図書館の非常通路を抜けて外に出たら君の見た景色が広がる。 寂しくなったら絵の具を使おう。 気が向いたらまた。 2020年03月31日 17:10
さて幸せにも不幸にも酔いしれてお迎えがあるとする。景色すら鬱陶しい雑踏に僕は真っ暗な部屋に入り浸る。 恋愛とか好き嫌いとか服装とかまあ確かに的を得ているよ。 言葉を塗りたくって世界を白と黒だけにしたら太陽はなんて温かいのだろう。 そんな日々にお金も戴けて可能性も広がる。なんて感謝に満ち溢れているのかね。仕事を厳しくするも趣味を幸せにするも悩みは尽きない。 本当にそうかな? 例えば女性と四六時中同じ部屋に監禁されたら二人はどうなるだろう? 様々な会話をした後にとか。まあ世の中ってシンプルに出来ていて十人十色と言ってはみても。はい。いいえ。狂った世界を綺麗に描くか戸惑いながら中傷して歩くかなんて自分の景色であって見飽きる。 笑う門には福来たるとか余り物には福があるとか結果論であってお迎えとはそう言う類い。 一生懸命とか家庭とか後の祭り感が強い。本当に好きな事すら曖昧になって感情に入り浸ったら否定と肯定の声がするとする。 はあ。ため息混じりに何をする。 僕が僕を虐めて。私が私を虐める。 狂って発狂して首を締めて笑うかも知れない。 人間ってそう言う生き物。 さて。何でも良いから眠ってくれないかな。 2020年03月27日 21:15
神社の柄杓で両手を洗い口を漱ぐ。 扉の向こうに広がる景色は “How come” 生まれ堕ちた時からある景色。 日々の日常。些細な幸せ。誤ちかも知れない。 床下に綺麗な柱が並んでいる。 両手を合わせる事も鈴を鳴らす事もせずに。 秘密の通路や部屋があるなんて思うのは僕が日本人だからなのかも知れない。 “Maturing” 成長の過程に俊敏さや道徳心が必要とするなら海外に行った方が肌で実感する。 ボトルの水が揺れる。 透明な糸のような感情に切り刻まれる。 裏切りかも知れない。 “Betray” 微かに空気が揺れたような気配に思考を失う。 奇妙な錯覚や好奇心に甘えて。 2020年03月27日 21:13
君はだらしがないなぁ 爽健美茶美味しい。 私は尽くされたい。 どちらも嫌だね。 軽薄だなぁ スロースターター。 言うと思った。 フットワークってどう思う? ? 環境よりも感情。 それが言いたいだけね。 生茶にしよう。 意味分かんない。 駆け落ちする? しない。意味違う。 女々しい。 ( ̄▽ ̄) 要らない。 君の会話は挙動不審。 ( ̄▽ ̄) スルーパス。 さよなら。 2020年03月05日 10:46
海岸線の落書きが夜を彩っている。 静かな波音に行く宛も無く歩いている。 一人の女性が佇んでいる。 風で固まった雪を街頭が照らしている。 立ち止まると不意に僕の居場所は此処だと思う。 女性が振り向くと真新しい雪が黒く染まる。 君はいつかの?    ? 僕は頭を掻くと顔を両手で覆う。 少し歩かない? 初めて逢ったのに僕は頷く。 川の横を歩いて行くと雪が降る。 二つの足跡を消し去るように。 何処かで食事しよう? 待ち合わせの場所まで歩いて行くと 反対方向から女性が歩いて来る。 服装が変わっている。 あざといなぁと僕は思う。 女性が喉を潤すとメニューを嬉しそうに観ている。他愛の無い話を聴かされる。 僕はただ食事と供に飲み込むだけ。 電車に乗ると女性は他人のように反対方向に座る。まるで知らない人のように。 駅に着くと女性の案内通りに街を観て廻る。 知らない街なのに見慣れた風景。 興味の無い景色。板だけあれば僕なのに。 バックパックが白く染まる。 2020年02月16日 16:45
ブログを全て表示

写真の投稿履歴

写真を全て表示