相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名(ID) 笹かま (51406)
プロフィール写真
笹かま
つぶやき
フォロワー
2
フォロー
2
性別 女性
生年月日 1974年3月8日(45歳)
血液型
居住地
趣味 レースゲームと漫画を読むインドア派です
自己紹介 はじめまして。
主婦をしております笹かまです。
うつと複雑性PTSDで20年ほど通院治療中で、寛解するにはどうすれば良いか模索中です。
家族は、人間の数より多い猫さん達と笹かま夫婦。


不定期でぼんやりつぶやく程度なので、生暖かく見守って頂けると幸いです。
メッセージに関しましては、時間が取りにくいのと頭が働かず文章が思いつかないため、返信は致しかねますのでご了承ください。


10月10日更新
プロフィール写真を再アップしたら、めちゃくちゃ生活感溢れるものになりました。


11月8日更新
笹かまの病気について、内容を更新しました。


〜笹かまについて〜
45歳
専業主婦
病名は複雑性PTSDとうつ病
母親はOCD不潔恐怖症
父親はギャンブル依存、ペドフィリア

昭和時代より母親が精神疾患のため、家庭内に問題が山積みの環境で育ちました
父親は典型的なモラハラ気質で、不安定な家庭環境に拍車をかける厄介な性格の持ち主

笹かまは25歳の時に抑うつ神経症で病休入り。その後2回復職を試みますが上手くいかず、自主退職。

その後、夫の事業の失敗やお姑さんとの確執で、うつ症状が一時悪化
数回ほど自殺未遂(今となっては命拾いしたかなと思ってます)

借金返済の日常を何とか乗り越え、今は少しずつ落ち着つつあります
そんな中、両親絡みが原因のフラッシュバックを起こし、主治医に複雑性PTSDの状態であると指摘され、現在は心理療法を中心に通院治療中です

ちなみにPTSDの原因とされるものは、父親の性的、精神的、身体的虐待
ついで母親の重症化した症状が引き起こす、日常生活全般の行動制限、暴言
また母親の自殺未遂の経験など

これでも生きております
これからも死にたくなっても死なずに生きます
無理のない程度で頑張ります
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

しばらく自律神経系の不定愁訴でダウンしてました あれもなかなか辛いものですね そんな中結婚記念日を迎えまして 調子がちょっと良い日に外食に出かけて来ました 写真でも撮っておいたら良かったのですが、お腹が空いていたので先に食べちゃった 久々の外出で少しおしゃれして外の空気を吸ったら、生き返った気分 と共に無事に記念日を迎えられた事に感謝です 次の年も無事に迎えられますように 2019年12月12日 12:32
おはようございます 今日は一睡も出来ませんでした 完全な昼夜逆転です とほほ 気になること、落ち込むことがあると、一番に睡眠に影響が出てしまうのが辛い 睡眠が取れないと気力も一気に落ちてしまうので、正常な睡眠パターンに戻れたら、といつも思います 今日は家事をペースダウンさせて、エネルギーの貯蓄に集中します 洗濯の後にお布団に搬入して休憩だ 皆様、今日もぼちぼちで無理ないませんよう´ω`)ノ 2019年12月02日 08:59
今夜は闇鍋風カレーでした 牛肉やらベーコンやら、保存しておいたほうれん草やらキノコやら 炒めて炒めて煮込んで煮込んで カレーって、なんて器の広い料理なんでしょう とんな食材でも受け入れてくれる ありがたい(-人-) 今日は腹痛と情緒不安定でへろへろなので、早いですがいざお布団へ お先におやすみなさい*° 2019年11月30日 21:03
生理痛でへばってたら、過去に聞いた言葉を思い出してフンガ 夫の知人にポロッとうつと話したら 「あっちの世界の人って大変だね」 「あっちの世界はちょっと分からんな」 「あっちの世界は・・・」 と何度も言われムカムカ 夜中に来たりお鍋を振舞った時に白菜を見て 「放射線大丈夫?」 と言う人だったので、納得と言いますか何と言いますか しかし、あっちの世界も何も同じ3次元やないかとやっぱりフンガしてしまう 2019年11月30日 20:34
今夜も眠れないなぁ〜 眠剤と安定剤を飲んだけど、眠気来ないなぁ〜 と考えながら猫さんをぼんやり見てたら、突然 「あいやーっ」 て雄叫びあげて頭突きしてきた なんや?なんや? これはガッツを入れてくれてるのか? それとも人(猫)生で一度しか言わないという、幻の人間語を発したのか? お陰で笑いが込み上げて、気持ちが少し楽になったので、感謝感謝 朝、お礼にモンプチかりかりを差し上げましょう 2019年11月28日 02:23
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

プロフにある通り、実母は未だ不潔恐怖症で治療中です。 かれこれ35年薬物療法を続けていますが、症状が固定し慢性化しています。 実母の場合は、対象がウイルスや菌類ではなく、日常で起こる偶然から症状に繋がるパターンがほぼ占めています。 トイレが気持ち悪いと思う場所。 そのトイレから出る時に間違って壁に手をついてしまったら、その部分には二度と触れない。 本人だけでなく家族も同様。 なぜなら不潔恐怖の対象がトイレで、そのトイレから出た時点で人間も気持ち悪いから。 その気持ち悪い人間が手をついた場所は、実母にとって不潔恐怖の対象に変わるのです。 外出から帰宅した場合も同じ反応です。 家の外は全て不潔な空間と感じるとのこと。 帰宅して直ぐに手足を洗い、持っているカバンを布巾で拭きます。 夏だろうが冬だろうが関係なく、ルーチンワークになっていて、やらなければ怒り「なぜ理解してくれないんだ」と叫び、挙句にはシぬと言われるので、言われた通りにするしか選択肢がありませんでした。 今の時代ならあえて協力せず、本人にもなるだけ我慢してもらう。 それを根気強く本人と共に頑張るのが理想だと思うのですが、当時は昭和時代で精神疾患への理解も認知度も低いため、相談する人もいませんでした。 主治医も薬出しておけばいいでしょ、という対応だったので何かしら聞く事もはばかれた感じです。 私たち家族も何が正解なのか、どう対応すればいいのか全く分からない状況で、実母をなだめるくらいしか方法がなかったと言えばいいのかな。 それがかえって悪影響だと知ったのはここ数年の話で、巻き込み型と言われる状態なのも最近知りました。 治療も薬物療法が中心ですが、実母が外が気持ち悪くて出られないと言うので、代理として実父が病院に通っていました。 終始このような状態が35年続いています。 今は疎遠になり実家に帰る機会もありませんが、まだ共依存的な時には、再三足を運ぶように求められ「仕方ないな」と思いつつ帰っていました。 しかし外部の人間である私は、玄関先からしか会話が出来ません。 実母が気持ち悪いと思うから。 一旦家にあがり手を洗いますが、その後は部屋に入らず玄関へ戻り、リビングにいる実母の顔が少し見える位置で話す形です。 始めはそれでも仕方ないと思う自分がいて、徐々に違和感を覚えるのですが、それまでにかなりの時間を要しました。 それだけ子供の頃から、実母の症状に合わせて行動をとるよう刷り込まれていたんですね。 違和感から異常だと確信した出来事のひとつに、披露宴のDVDを渡しに出向いた時でした。 夫が参加出来なかった実母のためにとダビングしてくれたDVDが、渡した瞬間に中身を確認もせずに床に置かれたこと。 実父に手渡ししましたが、DVDをケースから出さず 「母さんが気持ち悪いと言うから、とりあえずここに置いとくわ」だそうで。 その後何度か実家に行きましたが、渡したDVDが動かされた形跡もありませんでした。 もちろんこの事は夫には話していません。 夫の優しさを傷つけるようなことは出来ない。 今なら実父母に怒り狂い、なんなら張り倒す勢いで詰め寄るでしょう。 でも、その時は出来なかった。そこには唖然とする自分の姿しかなった。 そんな自分が悔しくて情けなく感じます。 長い月日、365日欠けることなく実母の症状に巻き込まれ、言われる通りにしないと怒鳴られ叩かれる。 「お前が悪い」 そう言われながら二人して責め立てる。 小学生の自分が逆らえる訳もなく、怯えるしかない。 時に反抗するとコろしてやると家中追いかけられ、泣きながら謝った事もありました。 この話を書くだけで動悸が起きるくらい、今でも恐怖を感じる出来事だったのでしょうね。 話があちこち飛んでしまいましたが、一緒に生活していても嫁いでからも求められる事は変わらず、全て実母の症状を基準に行動の制限がかかります。 実母がこれらを異常だと自覚し、病気と向かいあった時に初めて本当の治療が始まると考えています。 求めたことを家族が協力すると思っているうちは、良くならないでしょうね。 我慢しなきゃ、と口では言ってましたが 「無理だ。怖い。なんで私がこんな目にあわないといけないの。お母さんだけ苦しい思いをするのは不公平だ。」 と言うのでは協力しても、焼け石に水だなと感じます。 長々と書いてしまい、ここまで読んでくださった方に申し訳なく思います。 これらは実父母と生活した数十年の一部で、まだまだ自分を苦しめる記憶があります。 吐き出しでこちらに書いているので、こうして読んでくださった方に感謝申し上げます。 今は治療中の段階で、この先自分がどう変化するかは正直分かりません。 でも、悲観的にならずに懸命に治療に励みたいと思っています。 2019年11月27日 04:19
小学生の頃、あまり既製品のお菓子を買ってもらえなくて、手作りのおやつが多かった思い出。 母の状態が子供の目で見て分かるほどおかしくなってからは、おやつを食べる機会も一気に少なくなりました。 そんな中母が必死で作ったであろう、おにぎり。 前夜の残りのご飯で握ってくれるのですが、ほのかに石けんの味がしていました。 診断を受ける数年前からうつ症状が出始めて、母が家事が出来ないと父に訴えていた姿を覚えています。 それを真剣に聞かない父の態度も鮮明に覚えています。 その後、徐々に手洗いの回数が増え、洗濯や掃除に時間がかかり、使う食材の種類も生物がダメになって食事内容が変わっていきました。 何度も何度も手を洗うので、手に石けんの成分か香りが残るのかも知れません。 一口食べるごとに、お米と石けんの味がする、妙なおにぎり。 海苔も巻いてない白おにぎりを店頭で見かけると、ふとその時のことを思い出します。 2019年11月22日 18:06
以前カウンセラーから 「笹かまさんは大切にされたと思う経験はありますか?」 と聞かれた事がありまして。 でも、自分には思い当たる出来事がないので 「ありません」 と答えました。 「旦那さんからも?」 と更に聞かれます。 しばらく考えて 「分かりません」 そう答えました。 まず「大切にされる」と言う意味が分からない。 というか「大切にされる」行為がどんなものなのかが分からないのです。 優しい言葉をかけてもらうのが大切にされることなのか。 困った時に声をかけられるのが、それに当たるのか。 病気の時に看病されるのが「大切にされる」ことなのか。 両親にそれらの行動がなかった訳ではありません。 ただ、その後は再び顔色を伺い暴言に耐える毎日が戻ってきます。 だから、大切に扱われる感覚を味わった後の現実が勝って、いわゆる優しさというものを感じる力が乏しかったかも知れません。 「大切にされる」ことよりも、普段の生活の苦痛の方が記憶に強く残っているとも言えるかな。 カウンセラーは自分の返答に困っていました。 でも、それ以上の答えは持ち合わせていないんですよね。 夫のことを聞かれた時も、どの行動が当てはまるのか全く分かりませんでした。 何か手伝ってくれたり言葉をかけてくれた時は、心配してくれているんだなと思い 「ありがとう」 と感謝の気持ちを伝えます。 しかし、果たしてそれがカウンセラーの言う「大切にされる」ことなのかどうかは、さっぱり分からないのです。 こんな自分なので、自身の第三者に対する言動が心地良いものか、助けになっているか、癒しの言葉になっているか。 相手の反応を見て判断するしかない。 「大切に思う」感覚が培われていないんでしょうね。 こんな話は今まで他の人には話したことはありません。 何か誤解されそうで。冷たい人だ、とかね。 多分これからも話す機会はないかな。 でも自分なりに人を大切に思うこと、また自分自身を大切にすることを意識して、向き合って答えに近づきたいな。 2019年11月08日 02:56
うつ病と診断されて20年ほど。 女盛りの30代も過ぎ、とうとうアラフィフ世代に突入となりました。 時間が経つとともに加齢も実感するようになり、肌の変化や筋力体力の低下も強く感じる事が増えました。 それと共に記憶力や読解力なども衰えてきているのが、はっきりと分かります。 それに輪をかけてうつ病の影響で頭が働かないと言う、忌々しい事実。 本や新聞を読んでも頭に入らない。 文章を書こうとしても筆が止まり、言葉が浮かんでこない。 診断を受ける前や若い時は、スラスラ読書が出来て文章を書くのにも苦労しなかったのに。 ああ、本当に忌々しい。 歳を重ねるにつれ「認知症」に対する恐怖も時に感じます。 「物忘れが激しくなったらどうしよう」 「日時が分からなくなるかも知れない」 「自分が自分でなくなるかも知れない」 頭の体操でも出来ればいいのですが頭を使おうとすると、何故か孫悟空の輪っかのようにぐっと締め付けられる感覚になり、無意識に情報を拒否してしまいます。 文章を読めども読めども目で文字を追うだけで、頭には全く入って来ない。 そうしているうちに疲労感が強くなり、ダウンしてしまう、この繰り返し。 この状態はいつまで続くのか、はたまた改善はされるのか、色々と不安になります。 幸い漫画は読めるので、まだ救いはあるのかな。 本を読むのが好きなだけに、今の状態は結構辛いです。 早く頭の働きが良くなりますように(-人-) 2019年10月26日 18:31
起きた時 「あっ、これは調子いいかも」 と思ったり 「あ〜こりゃダメだ」 と思う日もあったりで、その日その日で状態がコロコロ変わります。 私の場合はツムツムがバロメーター。 パズルゲームなので、家事の合間やちょっとした息抜きで遊ぶのには、もってこいなのです。 そのツムツムが楽しく出来るか出来ないかで、その日の症状や状態を感じ取ります。 ツムツムが出来る日は、もし済ませた家事が少なくても気力はそこそこあると考えるので、まあ心配ないかと判断して、全く出来ない日は 「こりゃあかん。明日も何にもせんと休んどこ」 となる感じです。 ご飯が全く食べられない日やお風呂が難しい時は、当然遊ぼうなんて気も起きませんから、次の日も体調が悪いかもと思って、一日の家事のさじ加減を考えて明日に備えてます。 特に夫も怒る訳でもないし、最低限出来ていれば生きていけるから 「頑張ったってしんどい日がつづけば意味ないや〜」 と思って体優先で過ごしてます。 夫も「しんどい時は何もしなくていいよ」 と言ってくれるので、その言葉に甘えております。 ただ、代わりに家事をしてくれる訳ではないので、体調が良くなったら溜まった用事をやっつけていかないといかんのですがね。 まあ、どうせ頑張ったところで褒めてくれる人もいないしお給金が出る訳でもないので、ほどほどにいくのが体には優しいですよね。 もちろん頑張ったら自画自賛は忘れない。自分を自分で褒めまくります。 「おぉ〜。今日はよく頑張った。すごく頑張った。しんどい割にここまで出来たら上等やろ〜」と。 このブログを書いている日は少し遊べたので、まあまあの日かなと思ってます。 毎日ツムツム出来るのが当面の目標かな。 2019年10月20日 13:01
ブログを全て表示