相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名(ID) 机 (46665)
プロフィール写真
机
つぶやき
フォロワー
3
フォロー
3
性別 男性
生年月日 28歳
血液型
居住地
趣味 漫画を読むこと、アニメやスポーツの観賞、相撲や野球が特に好き
自己紹介 自制や自戒の為にも他人の目が必要だと思い登録しました。
一人だけだとついつい自分を甘やかしてしまうので。
近付こうとし過ぎると心が参ってしまうので小さく関わりたい気持ちもありますが。
叶うものなら少しだけ誰かと仲良くできたらと思います。なれたらなと思います。
よろしくお願いします。

一先ず、朝早く起きられなかったり思い詰めると眠れなくなることが目下の困りごとだったりします。
色んな不安やストレスは脇に置いといて必要であればやんわり咀嚼するとしても
早起きができないのは物理的に少し損失なので。
できたら誰かと「おはよう」の挨拶だけでも交わせる仲になれたらな、と。
僕は人の目を気にするとこがあるので、それで少しは自身を強制できないかと考えました。
誰かと「おはよう」を交わすことや話せることを、携帯を開くための動機や活力にできたらなと思います。
携帯さえ開いてしまえば頭も目覚めてくると思うので。

さて、あとはここから どうやって会話相手を探したり
仲良くなったりしようかという肝心要な部分については
あまり得意ではないし案も思い付いていないのだけれど。
気軽に話しかけてもらえたなら幸いです。
正直、これを考えて書いてただけで少し疲れたので
会話や対人への意欲は少し一時的に削がれてるくらいには
人とのお付き合いや言葉のキャッチボールを続けるのが苦手ですが
それでも良ければ挨拶友達になって欲しいです。
重ね重ね宜しくお願いします。

因みにですが、敬語かタメ口かというのはあまり気にしないので
お手数ですが仰ってくだされば合わせられると思います。
僕のようなめんどくさい人間と関わって下さる方が一人でも居られることを祈りたいと思います。
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

人を慮る。駄目で元々だ、何事も。 何とかなる。気軽に気楽に挑戦だ。 準備や計画をしっかりするのは良いことだけど。 そんなに重く考えて固まることないな。 駄目でもそんなに死ぬことまではないし気を付ければ良い。 最悪、死ねば全ては終わりになる。 だから、今はまだ 今を懸命に生きれば良い。 2019年01月21日 23:37
分かる気がします。 仕事の前日は恐怖や不安で一杯になりますが 何も予定の入ってないこともまた、宙ぶらりんで不安になりますね。 それから、多方向への罪悪感なんかも付いてきて。 動いてると色んなことを考えなくて良かったり感じなくて良かったり。 必死で逃げ出したくなるようなこともあるけれど。 2019年01月21日 12:39
ありがとうございます。 2019年01月21日 12:34
大体のものは不要で大体のことはいつでも捨てられると思いたい。 大体のものは何かで賄えるし大体のことはいつでも拾えると思いたい。 2019年01月20日 23:25
所属や所有してないと不安になる。 何かが決まってないことも新しく何かを決めることも不安だし怖い。 0だと不安になる癖して持とうとすると持て余してる。 何もないのは繋がれないから楽だけど 繋がれてないから不安でもある。 何かがあるのは繋がれて重くて縛られて苦しいけれど 繋がれていることへの安心感ってのもあると思う。 どちらにも救われるかと思えば、どちらであっても不安や重さに苛まれ苦しいから逃げたい。 2019年01月20日 23:23
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

心のトゲを抜くために笑う お礼を言う 他人を思いやる 感謝する 利己だけではなく、利他を考える 他人を生かして、尊んで 敬って 初めて、自己も生かされる 自分を愛するためには、他人や何か周囲への愛で行動することだ 自分も他人も十全ではないことを理解する そして、よく飲み込んだら だから、誰にも悪いところはあって当然だと理解する 過ちや失敗もある程度までは、誰も完璧ではないのだから許す それは、自分に対しても 他人に対しても 一方で怒ったり許せないことも否定すれば良いってものでもない 間違いはあるもので、それを否定すれば 全てを否定していくことになって苦しい 誰かや何かを許せないと自分も許せない それも苦しいから、全てを許して寛容になろう 心に波風を立てないように 自制して コントロールして、全てを思いやろう いや、大切にするものやことは取捨選択しても良い 許さなくても良いから受け入れたら少し楽になる 嫉妬心に関しては自分なりの、個人的な尺度を持とう 誰かや何かと比較して相対的に考えるから羨ましい 大切なのは流動的ではあっても絶対的な価値観だ 実利を越えたところに己の心根の綺麗さや豊かさという財産がある それは相手の気持ちを注がれることよりも ずっと、ずっと 大切なものだ だから、なじらない 恨み言をぶつけない 過去を責めない、そして それを要求や取引にしない ただ、己の心根を救うためにも全てを許すことが肝要だと考える 睨み付けて非難するのではなく、与えることで信じる あの人はそもそも、寝込まない 数多の家事や仕事に追われている たまにそれらの内のほんの少しを助けたとして 過度に感謝や対価を求め恨み節になるのは間違っていた 常日頃から与えてもらっていることや助けられていることへの感謝を忘れ過ぎている むしろ、もっと よく休んでもらって 少しでも自由時間や心の余裕を持ってもらえるように努めたいところだ 省みると本当に自分ばかりがたくさん助けられ与えられている 例えば、食べたいものを少し多く譲ってもらえてる モーニングコールをしてもらい、好きなときに寝込む自由がある TVや本などの娯楽に興じる時間も十二分に与えられてきた 八つ当たりができて拗ねることができて 好きなときに戦ったり逃げたりできる 頑張る自由も投げ出す自由も与えられてきた 無駄な散財や時間の浪費も多い人生だった 全てが無駄なら今はないから全てを否定してはいけないし後悔も詮ないが 今からを少しでも変えていくことはできる 他人に厳しく自分に甘く、与えられるばかりで自分は与えも返しもしないのでは駄目だろう それにそんなことはいつか破綻するものだ 三毒を減らし、代わりに己以外を尊ぶところから始めよう 一時のことではなく恒久的な意識改革にしたい 三毒とは怒り、貪り、愚痴 そこからの解脱があれば関係は良くなる 煩悩から解放されれば人生は少し楽になる 目にする環境が変わるのではなくて己の見方が変わる 己の思考や行動は変えられるが己以外を無理に変えることはできない 理解や尊重、思いやりの努力がなければ親兄弟だって成り立たない 己の振る舞いは己に返ってくるし、相手の責任にして自分が返すよりも 先ず自分が心を通わせようと努力することだ 相手の優しさに対して返すことに終始してたら、気に入らなきゃ逆に反感を返すだけになる それではダメだし、後悔や反省は内心で思っただけでは人生も何も変わらないのだ 行動し努力し、理想に逃避するのではなく言い訳もせず 大事なのは感謝と思いやり、そして何よりも現実をより良くしていく実際の行動だ ただ、理想ばかり語って過去に望んでも仕方ないし過去は変わらないし自分を責めたってマイナスにしかならない 反省して次に生かすことは大切だが、それも身の丈に合ってなければ無理になって全てを苦しめるだけだしマイペースにリラックスして行こう 端的で良いのだよ、何事も しかし、感謝や思いやりなんかは伝わるように でも、あくまで恩に着せるためではなく相手を労り楽にするためにだ そう思うと自分の心も楽になるな 気持ちが焦らない方が結果的には端的に建設的に動けるのかも 相手に同情するのは恋愛ではないのだろう 無理に何でも向き合おうとするのではなく同じ方向を向けば良いのではないか "好き"って、そういうことではないだろうか 自分は自分にしかなれないが生きている内に悔いの無いように周りにも自分にも素直に報いて努力する 周りを味方にするのは自分の心 敵だと思い振る舞い敵にするのも己自身 情や心を許し受け止めてこそ ストレスをマイナスなことではなくプラスなことだと転換して考える 何事も大体は表裏一体なのだろうし ネガティブな考えの最後に「~と思った」と付け足して マイナスな思考と少し距離を取る なりたいように振る舞えば、なりたい自分に少しはなれるかも 究極は、自然に得られたものを普通に大事にしていけば良い気もする 嫉妬したって仕方ないし苦しい 頑張っても手に入らないものは求めない 上も下も眺めればキリがない 人は求めるから苦しむ 平凡に生きることは存外に難しい だからこそ、平々凡々に生きていきたい 何か特別なことなんて何も要らない きっと、気付けば平凡な日常こそが幸せだったと思う筈だ 四諦八正道の流れを意識する 一期一会、諸行無常、諸法無我だからこそ今を大切にする 少しでも涅槃寂静へと至れるように 人生を諦めるのではなく明らめよう 2019年01月18日 10:01
会話が続かなくなったらと思うと怖い。 幻滅されるのも怒られるのも知らない人と関わるのも。 そもそも、本当に行けるのか力になれるのかも分からない そして、実際に赴いたとして果たして そんな心持ちで動けるのか。 思考停止やパニックになって動けなくなるのがオチではないだろうか。 そんなことがモヤモヤと積み重なりネガティブシンキングを増大させていく。 あの人の人柄は信頼に足ると思うけど、僕の心の問題だ。 目下、不安や恐怖に考え込んで一時間以上 寝起きが遅れてしまった。 こんなに粘り強く向き合ってくれる人なんて中々 居ないと思うのに それでも、どうしたって新しい環境には震え踏み込めないままだ。 気楽にとは言っても言葉通りに簡単にそうできるなら苦労はない訳で。 なまじ、中途半端に経験や知識があるからこそ尚更に怖い部分もあるのだと思う。 先方にはその通りの働きや能力を期待されてると思い込み力んでしまうし その理想との落差に向こうが許してくれると言ってくれて居ても 何より自分が自分の不甲斐なさに耐えられない気持ちになるのだから。 何かを笑われるかも、上手くできないかもなんて 他人と関わろうとすると常に思うのだけれど。 結局、本質的に僕には完璧主義で変なプライドや理想ばかり高いところがある癖に 当の能力は足りなくて心は直ぐに折れるというアンバランスさを抱えてるから こうなるのだろう。 だけど、一日くらいなら何とかなるのではないか。 雨天から日取りもズラしてもらえたし、なるべく話しやすい方とのチームでも良いとも言ってもらえてる。 そうまでして配慮してもらっているのだし以前の色々な恩や負い目もあるし 何より先方が困っておられるというのもあり、頼られること自体には微かに嬉しさもあるのだから。 地獄のように怖くて考えたくもなくて平常に過ごせなくなることもあり トラウマや甘えかなとも思うかと思えば、ふとした瞬間に何となく楽観的に考えて 大体、何とかなるのではないかと思えるときもある。 こうなればもう、一度 そうまで怖くて避けてきたことに対し “腹を括って破れかぶれで、できなくて当然くらいの気持ちで あまり懸命になり過ぎず、誠実にコツコツと自分のできることだけを できる範囲で愚直に、見栄を張らず人様に笑われても良いくらいの思いで行動し 分からないことは素直に明朗快活に尋ね教えを請い 結果、努力してもできないことも自分を許して申告する 改めて他人を少し信じ己の弱さを受け入れ晒す良いステップにだってなるかもしれない” それくらいの覚悟やロジックを胸に、秘めてかはともかく持ちつつも 生きて動けりゃ万事がある程度は何とかなるさスピリットを心身に纏い 幾らか自然体で一歩か気持ち半歩だけでも外に踏み出して いっそ、恐怖や弱さと少しでも向き合ってみれば 何かこのうだつの上がらぬ情けない挫折だらけの人生や終わらない停滞という名の後退に対して 少しは変わることや変えられること、上向き前進することもあるかもしれない。 たとえ、この試みや挑戦の結果が上手く行ったとは言えなかったり 色んな失敗をし、また挫折したとしても。 全てが前途洋々とは行かなくても良いと思う。 何もかもを一度に全部、変える必要もないだろうし そもそもがそんなことは僕にはできる筈もない。 往々にして急激な変化なんてのは、それが心でも身体でも環境でもリバウンドし易いものだと思うし 車のスピードなんかと一緒で、なるべく緩やかに制動させた方が負担は少ないだろう。 ほんの少しずつの変化で良いのだと思う。 二歩進んで一歩下がって立ち止まって、また微かに動き出す。 それくらいしかできないのなら、それが自分のマイペースってことだろう。 少なくとも腹を括って迷いが小さくなったり消えたりすれば少しは悩みに振り回されなくなるか。 あとはまた、行く先々で余計に考えて感じて不安や悩みを増大させないようにしたいところだ。 まぁ、それができないから僕なんだし中々に難しいけど。 そもそも、幾らかはその先回りした理性や本能が自分を守ってくれてるのも事実だろうし かといって、全く傷付かないで居ようとすれば それはもう、中々 まともには生きられなくなるかもな。 ともかく、振る舞いや心持ち 所属先や予定を決めたり計画すれば何割かの不安からは解放されるかもしれない。 そうしてストレスから幾らか解放された上で少しは必要な刺激も感じていれば 或いはちょっとは生活の質や心の安寧を守れるかもな。 だから、小さなことからコツコツと前向きに できるだけでも目標を立てて挑戦して行こう、何にでも。 成功失敗に関わらず、きっと その姿勢や気持ちが大事だと思うから。 そして、そういった中では自分一人では達成できないことも必ず出てくると思う。 諸々を維持して日々を生きるだけでも難しいのだから。 なんせ、そもそもが一人でできることよりも助けられて生きてることの方が何倍も多いのだろうし。 だから、そんなときには素直に恥ずかしがらずに助けを借りよう。 助けられたら感謝して今度は自分に余裕があれば少しでも助け返せたら良いし与え合えたら良いと思う。 それに自分一人で全てを解決しようとしてたり、他者の困難を助けよう支えようとしないままだったら 誰かと繋がらなければ、けして乗り越えられない壁が人生には世界には幾らでもあると思うから。 よし、やっと心がまとまった。 物理的精神的な指針ができたし、あとはこれから何とか ちょっとずつでも己の思うように決めたようにやって行けたら良いな。 別に全てがこの通りに生きなきゃいけないなんてことは勿論ないが。 2018年12月20日 11:14
ブログを全て表示