相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

ユーザー名(ID) 黒い花 (44457)
プロフィール写真
黒い花
つぶやき
フォロワー
5
フォロー
15
性別 男性
生年月日 28歳
血液型
居住地
趣味
自己紹介 テキトーな人間です。
たまに気まぐれに訪問して「いいね!」とか押したりしますど、気にしないで下さい!
意味のないこと呟いて、ブログで長文垂れ流すのが趣味です。
色々とひねくれた人間です。
真っ当な人間になりたい。
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

@トリセツは、登録出来ないのかなー。 登録メールが一向に届かない説 2018年09月22日 02:16
Chromeが丸い。色々と丸っこい。 何事も、丸いほうがいいよね。人間も、さ。 2018年09月21日 18:29
ちょっと、出掛けてこようかな。 気持ちの整理がつかないし、アパートに籠ってると頭が雲ってダメになりそう。 出掛けた所で、何も変わらないんだけどさ。 2018年09月20日 22:56
さて。。 せっかくのチャンスをふいにした訳だけど、これからどうするか。 色々無計画に生きてるから、どーにもならない。 2018年09月20日 10:02
うん、やめよう。 やっぱり、あと半年は近場でバイトでもしたほうが良い。 うん。 無能でも、バイトなら許してくれたり・・しないかな。 あー・・・もう嫌。 ずーっと、こんな人生。全部あいつのせいだ。 2018年09月20日 04:05
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

昔からボクは人を思いやることが苦手で、お婆ちゃんを手助けしてる時にも「人に優しくしている自分に酔ってるだけの自分」ってやつを感じてた。 多分それは今でもそうで、誰かに対して何かをやってあげたいと思うことはあるんだけど、責任感というものに乏しくて、ある日突然連絡を絶ってしまったり、関わりを遠ざけてしまったり、仕事に行けなくなってしまったりするのもだから、きっとボクはすっごく薄情な奴なんだと思う。 それか、いまだに子供の感性を消しきれてない大人。 ボクが誰かに対して見せる優しさっていうのは、あくまで子供の行う優しさと同じで、そこには責任感が伴わないものだから、ただの気まぐれでしかない。 それではいけないし、本当の優しさを持ちたいと思って今度こそはという気持ちで毎回挑むのだけど、結局人からの言葉に耐えきれなかったり、そもそも日常生活を送ることに耐えきれなかったりで、人に対する思いが生きるたびに薄情になるのを感じる。 自分の思いや行動っていうのは、一番コントロールをするのが難しくて、やっかいだ。 多分、ボクが誰かに対してこんなにも責任感がないのも、薄情なのも理由は分かってる。 そもそも、小さな頃から誰かに対して思いやるを持つ場面っていうのが少なくて、ボクは大抵自分のことを空気のように思わなくちゃいけない場面っていうのが多かったから、まぁそれは主に学生生活なんだけど、その影響でボクは誰かに対して思いやりを持つなんて優秀な立場にたつことが出来なかった。 思いやりを持つにもある程度立場が必要で、それを自分から学べるほどにボクは産まれに恵まれていなかったし、家庭環境にだって恵まれてなかった。 小学校どころか、それは保育園時代にもいえるかもしれない。 保育園の同じ園児や先生からも虐めを受けていたし、孤立していた。 そもそも、そのころから他人がボクに対して優しさを見せてくれる時っていうのは社会的立場を気にした上での、自分の株を上げるための行為なんだって、幼い心ながらに理解していたし、そんなことを理解できた自分も、それを理解した上で大人の対応で全てを受け入れる心を持っていなかった自分も、きっと間違っていたんだと思う。 色々書いたけど、まぁようするに多分、ボクは運が無かったのだと思う。 社会に対しての受け入れかた、考え方が小さなころから社会と愛称が悪かったし、それを補佐するような家庭環境にもいなかった。 それが余計に回りとの溝を生んでしまったし、だから自分を矯正してくれるような出会いに会うことだって勿論なかった。 そのまま、そんな人格ばかりが肥大したまま学生時代を送って、人生の時間を過ごせば過ごすほどにボクはますますひねくれていって、色々なことが受け入れられなくなってしまったんだと思う。 人生っていうのはスタートラインが大事で、その次に家庭環境が大事で、次に友人関係や成長していく環境が大事なんだと思う。 でも、スタートラインで躓いていれば親もストレスがたまって家庭環境が悪化して、その悪化は友人関係を構築することを阻害して、それが学校などでの自分の環境に作用して、ますます壊れていく。 そのどれかで、奇跡的何かが起こって人生を軌道修正できればいいんだけど、人生に奇跡なんてそんな起こるもんでもなくて、大抵はボクみたいに小さな障害が色々な障害を巻き込みながら雪だるま式に害悪を大きくしていく。 たまに軌道修正したつもりでも、ある程度大きくなってしまった人格はそう簡単に矯正できるものでは無くて、ある日突然に自分自身が始めに裏切り始める。 人間なんてそんなもんで、だから犯罪者なんていうのは成るべくして成るんじゃないかな。 たとえどんなに自分を抑えているつもりでも、根底の所が変わらないから、ある日突然爆発してしまう。 それは盗みだったり、暴力だったり、時には殺人だったり。 そういうことをしてしまう人間は、根底にどうしても変えられない何かを抱えながら、それを必死に抑えて普通らしく生きていて、それが爆発してしまうか抑えきれるかどうかの運って奴で、人生が変わってしまうだけなんじゃないかと思うんだ。 そして多分、ボクは小さな頃から、その爆弾を抱えてる。 小さな頃から抱えていた爆弾は日に日に大きくなって、今は他人に対して意図時に傷害を起こしたことは無いけど、いつか大きく爆発した時に、犯罪なんてやつを起こしてしまうんじゃないかって、そんな風に思うんだ。 そんなつもりは今は無いけど、いつかの自分に向けてこのブログを書きます。 2018年09月21日 00:32
住み込みの仕事が愛知の方であって、そこでバイトしようか考え中。 内容は警備員で、警備員なら一度バイトで経験があるし比較的能力を求められない仕事だから、なんとなくだけど続けられそうな気がする。 実際、バイトでやってた警備も事情があって辞めたけど、一番楽で綺麗にやめることができたバイトだし。 警備って言えば聞こえはいいけど、ようは交通誘導とか駐車場で、ひたすら誘導棒を振ってる人たち。将来性を問われると正直不安だし、バイトしてたころはよく「若いうちにこんな仕事をするべきじゃない」なんて、親切なおじさん達に言われたけど、でも立派な仕事には代わり無いし、それにそもそも、まだ就職できるって決まったわけじゃないし。 仕事自体は、定年退職を迎えて少し偏屈になったりしてるオジサンとか、やたら短気だったり自分ルールが激しい人が多いくらいで、でもそんなのボクだって同じだから耐えられる気がする。 まぁ、絶対そこで一生を迎えるわけじゃないし、とはいえ年齢的にそろそろ正社員になる仕事じゃないといけないのも確かなんだけど、とりあえず何か仕事につかないといけないし、通いたいカウンセラーが愛知にあるから丁度良いってことで、明日の朝応募してみようと思ってる。 とはいっても、正直知り合いのツテで格安で借りたアパートを「やっぱり出ていきます。」なんてことで1年経たずに出ることになってしまうのは申し訳ないのだけど、でも自分のためだし仕方ないのかと思う部分もあったり無かったり。 それにしても、大家さんに対する説明はどうしようか。 愛知のカウンセリングに通いたいから出ますなんて言ったら、きっと「地元にもカウンセリングはある。何で愛知なんだ?」とか言われそう。 でも、地元の仕事場で色々やらかしてしまって肩身が狭いっていうのもあるし、社員寮とかの方が気持ち的にも仕事に打ち込めるかなっっていう部分もあるんだけど。 だけど、だからって絶対それで成功するとは言えないし、地元から逃げてるだけなんて言われてしまったら、正直あまり言い返せる言葉が無いもんだから、どうしようって感じなんだけど。 あと、ボクは精神科の方がいいのかカウンセリングの方がいいのかも、すごく曖昧な感じ。 カウンセラーに聞けば、自分達の儲けになるから絶対カウンセリングを進めてくるだろうし、知り合いに聞くにしても、ボクの内面を打ち明けて相談なんて絶対できないし。 どうせ打ち明けた所で、正直どんな言葉が反ってくるのかは予想できてる。 幸い父親が根性論を支持してる口先ペテン師だったから、何を言われるかってことについては自然と勉強になったし。 とにかく明日の朝、警備員の方へ募集してみよう。 そんで、本当にそこで働くべきなのか地元で頑張るべきなのかは、とりあえず今のところ唯一自分の中身を打ち明けてるカウンセラーさんに、相談してみようかなーと考えたり。 本当はこういう時、相談する相手になってくれるのが親なんだけどさ。 あの親は、自分の保身のためなら平気で意見をコロコロ変えるし、中身のない人だから相談しても無駄だって分かったし。 まぁ、あの人が必死に「子供を愛する父親」になろうとしてるのはわかるけどさ。でも、根底にあるサイコパスなところとか、自分大好きで余裕がないところとか、全く隠せてないんだよね。 だから、相談はできない。大体、本当はあの人ボクのこと嫌いだし。 本人も、気づいてないだろうけど。まぁ、あの人とボクじゃ性格が合わないし。とはいえ、それも全部あの人達の責任だけどね。 結婚する前に少し考えれば、こんなことにはならなかっただろうし。 2018年09月17日 00:01
これは、ただのボクの内面です。 ネットで声をかけてくれる人には、こんなこと微塵も思ってないです。 そこだけは伝えたくて、一応前置きです。 まぁ、ただの独り言ブログだけど。 私の家庭は酷いもので、本当に小さな頃から暴力の中で育ってきた。 暴力といっても、絵にかいたような暴力ではなくて、それこそ見る人が違えば「ただの躾」と認識できなくもない程度の暴力なのだけれど、それは全て父の策略で、あいつはそういったことに対する境目みたいなものとか、口先を上手くつかって誤魔化してきた。 明らかに無計画に子供を複数人も産んだ、あの男。かといって自分がそれほど稼ぎが良い訳でもなく、しかも自分が結婚した相手がそれほど優秀ではないこともわかっているはずなのに、それら全てを知った上で「俺は知らなかった。」だの、「俺はもっと出来るやつだと信じていた。」だの、口先だけで誤魔化してきた男。 自分も他人も口先で誤魔化して、なにかボクに問題が起きれば言葉と暴力で威圧して解決している気になっている男。 別に偉そうに「親らしい人間だけが親になれ」なんてことは言うつもりは毛頭ないけれど、その「誰でも親になれる社会」のせいでボクが小さい頃からあんな思いをしなければならなかった事は忘れるつもりもないし、許せる気もしない。 どうせ社会はボクに対して「甘え」だの「自分の責任。許されない」だの言うんだろうから、ボクだって社会を許してやらないのだ。 同じ思いを掲げてるだけ。そうすれば、世の中はどうせ「じゃあ知らない。勝手にのたれ死ね。」なんて、言ってくるのでしょう? ねぇ。 本当は、最初から興味なんてなかったよね? 気まぐれに、反抗してきたらムカつくし許せないくらいの気持ちで、声をかけてきたんでしょ。 世間体。優しさという暴力。 その言葉の裏には、本当は優しさなんてないんだよね。 その言葉には、最初から答えが決まっているんだよ。ボクがなんて答えればいいか。 なんて答えちゃダメなのか。 あなたの優しさを大事にしなきゃいけないという、そういう裏を含んだ優しい言葉。 優しいって、なに。誰に優しいの。あなたに? 少なくとも、ボクには優しくないよ。その言葉は。 なんて、こんなことを言っても仕方がないので、とりあえず前に進んでみる。 けっして世の中を許せる気はしないし、けっして「そんなこと言ってても仕方ないでしょ?」って言葉に乗せられた訳じゃなくて、世の中にはネットの向こうに心良い人たちが沢山いるし、カウンセラーの人たちも悪い人ばかりじゃなくて良い人もいるのだろうし、多分、中には理解してくれる人もいるってことが分かったから、とりあえず進んでみる。 世の中が嫌って思いながら前に進むのはすごく大変なんだけど、頑張って、良いところを見つけられるといいな。 例えば、風景とか。空気とか。 自然に悪はないからさ。綺麗な風景とかは好きだし、それを楽しむにはお金が必要って割りきって生きていけば、なんとかやっていけないこともないのかも。 まぁ、今は難しいけど。 少しずつでも、前に進みたい。 2018年09月14日 20:41
いつか、「あの時に消えておけばよかった」と思う日が来るような気がして、そんな自分の悪い予感っていうのは大抵当たってばかりの人生なので、おそらく私がもう少し歳を取った時に、そんなことを思うのだろう。 思えば保育園の時から自分の人生というものには悪い予感がつきまとっていて、それは保育園の時に受けた苛めだったり、周りからハブられていたり、常に周りについていけなかったり、幼い頃から色々な面で人より劣ることが多かったりする時で、私の脳裏には将来性のない大人になる未来がいつも浮かんでいるのでした。 そうして迎えたこの年に、周りが幸せを掴んでいる中で就職さえままならないこの今の姿は、私が幼少期に思い浮かべた自分の姿と大差なく、もし違う部分があるとするなら、私が未だに世間に後ろ指さされるような犯罪を行っていない点です。 けれどそれすら危うく、いつか私は将来的に犯罪行為すら働いてしまいそうな気がするのです。 死に際を間違えて、迷惑をかけたくない人に多大な迷惑をかける結果になるくらいなら今すぐここで消えてしまった方がいいと思うのだけれど、その勇気すら無いまま大勢の人達に疎まれて生きてきました。 きっとこれからも、より多くの人に疎まれる人生が続くのだと思います。 小学校の時に。中学校の時に。高校の時に。就職して悩んでいた、あの時期に。 あのころに消えていればと思いながら、そんなことを繰り返しながら、相変わらず瘴気のようなものを纏って生きていく毎日です。 もういい加減、終わりにしたい。 終わりにしたいのに、そんな勇気が無いので、この絶望的な毎日を明日も続けていくしか無いのです。 けして誰に理解されることもない、私の毒みたいな部分。 メンヘラサイトだから良いかなって思って、投稿してみたり。 でも、とっても長文でウザい文章なので読まない方がいいです。 うむ。 2018年09月13日 18:39
大人になってからのカウンセリングっていうのは、本当に大変。 本当は子供時代じゃないと意味がないくらいのもので、成人になってから、どの程度意味があるのか分かんないし。 そもそも、カウンセリング自体が曖昧なもので、資格もそこまで厳しくないし、ざっくりと言えば、それなりに口先が上手ければカウンセラーになれるようなものなので、その中から本当に利用者と向き合ってくれるようなカウンセラーを探すのが難しい。 その上、そのカウンセリングの効果っていうもの自体も曖昧で、病気のように明確なものではないから、見極めも難しい。 何回も通って意味が無かったと分かった頃には自分が破綻しているかもしれないし、その上、どんなに優秀なカウンセラーと会ったとしても相性が合わなければ意味がないし、料金だってけっして安くない。 誰かが出資してくれれば、何カ所も回って相性のいいカウンセラーを探すことも出来るかもしれないけど、そんな都合のいい人はいないのが現状。 こういう事に出資出来るような両親だったらいいけど、そもそもそんな優秀な両親だったら今の私はいないと思う。 それに、そもそも母親自体が精神科に通ってる始末。 元から金銭管理が出来てない両親だから、割と貧乏な生活をしてるみたいだし。 結局、借金をしてカウンセリングに通わないといけないから、早々にカウンセリングとバイト先を見つけないと。 そんなことを思いながら、精神が安定しないから中々物事が前に進まない。 でも、前に進まなきゃ。 そんな自己暗示。とりあえず、引きこもってると頭がボーっとしてくるし、鬱になるからちょっと出かける。 出かけるっていっても、あまりお金使えないから、ただのドライブだけど。 多少の気分転換。 2018年09月12日 23:16
ブログを全て表示

相談掲示板の投稿履歴

Re:仕事が続かず、自分にも流されます。 2018年08月20日 04:10
Re:仕事が続かず、自分にも流されます。 2018年08月19日 23:14
Re: 仕事が続かず、自分にも流されます。 2018年08月19日 18:57
仕事が続かず、自分にも流されます。 2018年08月19日 03:19
相談掲示板への投稿履歴を全て表示

おはなし掲示板の投稿履歴

Re:最近のお気に入り曲 2018年08月19日 23:36
おはなし掲示板への投稿履歴を全て表示