相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

ユーザー名(ID) ことしろ (42416)
プロフィール写真
ことしろ
つぶやき
フォロワー
0
フォロー
0
性別 女性
生年月日 10月15日
血液型 AB型
居住地
趣味
自己紹介
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

お手伝いが無事に終わった。 ホッとしている。 みんな楽しんだ。 私も楽しんだ。 今、ビールで一息。 生きた心地で今、リビングにいる。 めちゃ、奇跡だ。 2018年08月18日 19:04
今日は涼しいくて気持ちがいいと窓を開けっ放しにしていたら、今度は寒くなって窓を閉めることになってしまった( ノД`)…人とは、人とは、中間希望( ノД`)… 2018年08月18日 09:08
今日のごはんはラーメンだ♪ヽ(´▽`)/ 2018年08月16日 18:52
ビール🍺が上手い♪ヽ(´▽`)/ 糖質70%オフ、2缶飲んでも大丈夫。 ウソカロリー2缶分( ̄¬ ̄) 2018年08月13日 20:32
夏休み。家族の予定がブッキングしすぎて采配難しい。 病院がどんどん後まわしになる。(←やっちゃあかん 2018年08月06日 09:24
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

話す。相談する。実行する。 どれも、実はとっても苦手です。 自分が何をかかえこんでこんなに動けずにいるのか、説明が出来ない。 もしかしたら、かかえこんでないのかもしれない。 でも、外に出るのも家事をするのも、億劫になる。 しゃべれたら楽なんだろうけど、億劫としか、言えない。 外に出たい。 2018年06月23日 17:19
わたしの子どもはいじめに遭いやすい。 そのたびに学校に伝えたり、息子の特徴を理解してもらおうと努力してきた。 ある日、息子が嫌なあだ名を付けられて帰ってきた。 あまりにひどくて、覚えられず、悔しさだけ抱えて帰ってきたのだ。 息子の話を聞きながら、あだ名なんて、、と片隅に思う。 ああ、自分も小学生のときに悔しいあだ名を付けられたなと、口にするのも嫌なあだ名を私もつけられたことを息子に言った。 自分の口で言った昔のあだ名に悪寒を感じたが、息子は可笑しそうに笑っていた。 侮辱ではなく、単に響きが可笑しいというように。 そのとき、そのあだ名は重いつらいものでは、なくなった。 小学生の自分が、息子に憂鬱な思い出を笑い飛ばしてくれたのだ。 仲間意識のような感覚にあの頃ひとりぼっちだった私は救われた気がした。 子どもをもったら、さらに自分に素直、正直になっちゃって、ほんと、やあね😃 毒な母ちゃんになりそうだから、膿んだらまたここに吐き出しこよ。 2018年06月13日 09:56
ダメだ。 子どもの習い事の一番嫌なことは、父兄のグダ話だ。 あの時間ほど、無駄な集中力と気遣いはない。 そして、後から来る虚しさ。 習い事が続く限り、終わりが見えない。 無駄にせまる協調、共感、共有。 人は人。 だが、仲良く。 挨拶だけで、充分。 習うのは子ども。 私は送迎と支払のみ。 もう、絶対、父兄の集まりには付き合わない。 2018年06月12日 18:12
今、自分は時間をもらっています。 父兄の付き合いも避け、幼稚園は送迎のみにしています。 端からみたら、自分ほど非協力的で、付き合いの悪い奴はいないと思います。 なるべき姿になったと、言いたい。 挨拶。 愛想。 やらない人なんじゃない。 昔はやっていた。でも、やることで絶望してきた。 幼稚園、小学校なんて兄弟で代替りするから、別ものだと思いたいけど、目の前にいる人どれも同じに思えて、叫びそうなる。 悔しいなあ。 子どもを育てるママだけど、悪者にされる。 できない母の例にされ、非難しても、対処は教えない。 そんな教えを広める者たちは指導者だ。 私は奴等に何を伝えたいのか。 対処のない非難のみの指導はやめろ! わたしのやり方を認めてくれ! わたしのものさしをわかってくれ! 人それぞれ、だが、仲良く。 爆発してしまいそうだ。 2018年06月06日 21:37
子ども会、PTAを参加して感じたこと。 子どものためにと入っていたが、侮蔑、無視、疎外にあい、自分は人間不信に陥った。 同じ委員会だから、こちらから挨拶すれば、無視をする。 声は何度もかけているのに、聞こえない振りをする。 至らないことに、後から陰口で文句を言う。 こちらは言われたことをやるだけで、精一杯なのに、対人、企画、実行力を要求され、出来た具合、評価が、わからないまま、無視、侮蔑を目の当たりにする。 なぜ? 自分がいかに悪いのかと、悩んだが、家の中は滞り、外に出られない日が続いた。 子ども会、PTAの内容はやってみると遣り甲斐があり、人の助けになったことの達成感はある。 ただ、その企画に向かって行う話し合い、会議には、単に仕事に集まった人よりも、友達感覚で集まっているのが強い。 一年に数回ある行事のひとつを担当すれば、あとは手伝いだけだ。 でも、一緒に頑張ったと思っていた同じ委員会の人に、目の前にいて、こちらから挨拶したにも関わらず、無視されたことの、絶望はとても辛い。 地域的に転勤家族が多く、外国の家族も増えている。 子ども会での行事を進めるには、企画に関わる時間、期間を短くするべきだ! 一年いたら、人物の人なりに文句が出るのが常だと感じた。 ならば、企画の2ヶ月に絞り、緊張のある状態で、開始終了すれば、うまくいくのでは、ないだろうか。 災害や、事件があるたび、子ども会やPTAがあるのは、無償の保険になると考えられるが、子どもの社会性、地域の参加をさせるには、やり方を変えていくべきだ。 2018年06月04日 10:32
ブログを全て表示

写真の投稿履歴

写真を全て表示