相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名(ID) 爽良 (42025)
プロフィール写真
爽良
つぶやき
フォロワー
4
フォロー
2
性別 男性
生年月日 18歳
血液型 B型
居住地 東京都
趣味 ゲーム お絵描き
自己紹介 愛されることも愛することも全て演技な舞台役者(自称)です。

人の弱みを垣間見るのが得意なだけで、
あとは顔色伺ったりしてます。

ごめんなさいが口癖です。

常に虚無感抱いて生きてます。
愛情がわかりません

話しかけるのも苦手です
なにか糸口がないと話しかけられません

こんな奴でも良ければ
拾ってください
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

抜けたいなら抜ければいいのに。 2021年04月09日 23:38
くだらない。 生きてたってなんの意味もない。 価値を見出そうと必死になったって、 結局見放される運命じゃないか。 なんなの。 なんなのさ。 2021年04月08日 13:11
俺の好意ってそんな嫌ですか そうですか ごみですか そうですね なんにも生まれないかもしれませんね 権利がないですものね バカみたいですね 苦しかろうが辛かろうが 結局思い続けてもなんも意味ないですね 滑稽ですね 無様ですね ……みんなそう思ってるんでしょ? 2021年04月07日 05:02
俺がだいたい相手に対して感情を露わにすると、拒絶反応が出るのか嫌な夢を見るらしい。 なんだそれ。 永遠に俺に発言権をくれないってことか。 ……ああそうかい 俺といても楽しくないもんな ごみ。 2021年04月07日 04:56
結局、依存なんてしてくれやしないのが現状。 そもそも依存なんてお互いがお互いをいいように利用するだけの存在に近いじゃないか 2021年04月06日 03:07
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

最後はよくわかってないけれど 星の王子さまの飛行士に抜擢された。 著者、サン・テグジュペリ本人の写しである飛行士は、星の王子さまに何を思い、何を感じたのか。 文体で表現され、胸がいっぱいだとは言っているのだが。 ……それが、よく、わからない。 育まれるもの。愛。 それを手に入れたからって、何故そんなに輝けるのだろう。 劇の一連の通しを済ませ、思ったことだ。 くだらない、と。 愛に縋って、手に入らなかったから否定的なのだろうか。 くだらない、実にくだらないと心が叫ぶ。 育もうと心を通わせても、結局相手のフィーリングだってあるのに。 そんな上手くいく馬鹿な話があってたまるかと。 心は正直だ 2021年04月12日 03:45
「今日は体調が悪い」 今日もまた家に籠る。 外に出ることは無い。  精神が安定しない、なんて逃げの言葉。 ただこの辛い考えを誰かに押し付けたかった、それだけの理由だ。  俺を愚かだと思う人しかいない。少なくとも。 「…………耳が痛い話だ」  こうしてまた社会不適合者が生まれてくんだろうなと、再確認する。 「仕事しろ」とか 「大丈夫だよなんてお前には要らない」とか 貴方らが言いたいことは沢山なんでしょうが。 「いつもバイト頑張ってて偉いね」って 「お疲れ様、よーく頑張ったね」って 俺はそんな言葉が欲しかっただけなんです。 「甘えて生きるな」 はい、ごもっともです。 そうでしょうね、このご時世ですから。 でも違うんですよ。 甘えたいんじゃなくて、 褒められたいだけなんです。 ただ褒められて、撫でられて。 そうされたいだけなんです。 ……まぁ、叶いっこないのは知ってるんですけど 2021年02月04日 02:41
「ね、最近の○○ってドラマ見た?」 「見たみたー、アレやばかったよねーw」 授業中にも関わず、クラスメイトは今巷で話題のドラマの話題で持ち切りである。 ドラマの話題だけではない。 ソーシャルメディアのトレンドの話題やら、隣のクラスの生徒の話など。 全てが他人……実に興味が無い。 「こらー、ちゃんと授業聞けー」 先生の気の緩い注意を受け流しつつ、教科書のページをパラパラと見る。 ……興味が無い。いや、興味が無いよりくだらないんだろう。 舞台の上で踊らされる訳でもない、このくだらない時間を常に過ごす。 虚無だ 2020年11月15日 17:23
私の事好き? なんて、馬鹿な事を聞く奴なんて存在しない。 この世界には同調圧力というものがあるから。 そんな聞き方をすれば、同調圧力によって仕方なく好きと言うしかなくなるんだ。 だからこそ あなたが好き。 と、自分からそう言うしかない。 または、その相手にそう言わせるしかないのだ。 世界は不平等だ。 言わせることも言うことも……させてくれないのだから。 心の奥はかなりの痛みを伴う。 そこまでして、この思いを育てているのに 相手に届かせるわけにもいかないし。 相手に思わせてもいけない。 全て封じ込められている。 ……何故、なんだろうか。 何故これほどにも、虚無が広がっていってしまうのか 2020年07月08日 01:45
いつも、独りだった。 廃城(ここ)でも。青い鳥が飛びかうあの森でも。 何も無い、虚空をずっと見つめていた。 数百年という、長い年月をここで過ごしてきた。 独りがいちばんしっくり来ているのだろう。 でなければ。この固い……鉱石のような鱗で覆われた身体が嫌に思わないはずが無い。 成り果てた時は、さすがに違和感は覚えたが。 それも最初の内だけだったし、今となれば愛着すら湧く。 人間という形を捨てて。 何処かに消えていった感情を探して。 食らって。燃やして。守って。眠りについて。 独りで全てをこなした。 いずれ、添いとげる人が来るだろうとか。 無駄な妄言を並べた、そんな幼き時もあったが。 結局は独りでやらねば何も始まらない。 古としてあり続け、忘としていなくてはならないのだ。 誰もわかることはないし、 わかってしまうような境遇にいない。 また今日も独りである 2020年06月21日 15:41
ブログを全て表示

話し相手募集の投稿履歴

特に話すことは無いけれど 2021年04月03日 03:43
孤独 2021年03月26日 15:40
メル友募集 2021年03月01日 21:29
あいされたいので 2020年11月26日 22:13
とても寂しいので 2020年07月05日 20:27
話し相手募集への投稿履歴を全て表示