相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

ユーザー名(ID) かぷち (33839)
プロフィール写真
かぷち
つぶやき
フォロワー
4
フォロー
1
性別 男性
生年月日 44歳
血液型 O型
居住地 鳥取県
趣味 多趣味でしたが、今は何もできません
自己紹介 ※2017/08/25 プロフィールを全面リニューアルしました

ただの落ち込みの激しい先の見えないひと

現在、対人恐怖がとても強くでており、外出もままなりません。

一応 A型作業所に通っていますが体調不良のため休みがち。
なのになぜか職場リーダー的なことをしていたり。

精神科に通い、通常受診とカウンセリングを月に2~3回受けてます。

なんでも、自己否定と他人を優先しすぎるために、ヒトと関わることでストレスを受けやすいのだとか(他人に振り回される)。

常に居場所が無い感覚にとらわれていて、自宅にいても気が休まりません。

一応、ここには何か落ち着ける部分があるんじゃないかと思って来てみたものの、やっぱり自分みたいなの居てもいいのかな? と居づらさを感じつつあります。

こちらからメッセージやらコメントやらのアクションを起こすことはほとんどないと思いますが、ブログやつぶやきはたくさん書きます。

文章を書くこと自体は好きなので大体が長文です。

もし迷惑に感じられたらご自由におっしゃってください。

※YouTubeにドライブレコーダーの動画をアップしてます。おヒマでしたらどうぞ
https://www.youtube.com/channel/UCPyTlYkpEQdsC5s7NghfQvg/videos?view_as=subscriber
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

肩こりって感覚がありません、って言うと「肩こりに気づいてないだけ」と言われます。そんなものでしょうか。 ストレスがたまってる感覚がありません、って言うと「ストレスに気づいてないだけ」と言われます。そんなものでしょうか。 でも、「コレ」をやったらストレス解消するという感覚も分かりませんし、「ストレスをためないように」と言われてもどうしたらいいのか分かりません。困ったなー 2017年11月18日 17:17
今日は病院でした。最近困っていることを主治医とカウンセラーに話し、その後作業所に出勤して職員さんに話したら、家に帰ってからひどい自己嫌悪に襲われてそのまま寝込み、たった今起きました。どうして自分は自分のことを話すとこんなにつらい思いをするのだろう。。黙ってた方がいいのかな。。 2017年11月16日 22:39
実家に行ったら新しい炊飯器が買ってありました。しかし母は説明書の内容を理解できない人なので、自分が代わりに読んで分かりやすく説明しました。単に朝にタイマー炊飯できればいいのですが、とても高性能・高機能で宝の持ち腐れな炊飯器でした。なんでも一升炊けないといけないのでこのタイプしかないそうですが、老夫婦二人の一日のお米が一升は多すぎじゃないかなぁ。。色々不思議 2017年11月15日 20:09
居間のセンターラグを交換しました。何年も使っていい加減汚れや破れ、猫の毛など気になって捨てる決心をしました。そんな簡単なことすらできなかったのですが、ヘルパーさんに来てもらうようになって以来、家事を手伝っていただいているうちに少しずつ自分ひとりでも動けるようになってきました。良い傾向なのかも 2017年11月12日 12:03
最近クルマの運転中、眠気が襲ってきてちょっと危ないと感じつつあります。なるべくガムをかむなどしてますが、それでも眠いです。薬の効きすぎか、夜ちゃんと眠れていないのか。とにかく昼間眠いのですが、夜に目が冴えてくるという 2017年11月11日 15:58
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

新車のフォグランプを交換しました。 ワークスには純正ハロゲンよりも「黄色が似合う」と勝手に決めつけて、市販品の黄色バルブを買いました。今は白色のHIDだのLEDだのが人気なので、黄色ハロゲンは格安です。 で、思った通りにきれいな黄色に仕上がって満足しておりました。LEDでは出せない深みのある黄色です。 しばらくして、フォグランプのレンズを見ますとヒビが入っております。はて飛び石かな? と思ってもう片方を見ると同じくヒビが入っております。 まさか、と思いディーラーに相談に行くと、「黄色のバルブは純正に比べて発熱するため、プラスチックレンズが熱で膨張してヒビが入ったのでは」と言われました。 ネットで検索してみますと、同様の症状が起きた人が多数おられることが判明。 てか、ワークスに純正使用されるH16って19Wの省電力かつ軽量なのはいいけど、ランプ本体自体もヤワな作りになってるようで、高温の熱に耐えられないようです。最悪、溶けたり燃えたりする恐れもあるとか。怖い。 このままヒビが進行して割れて水でも入ったら大変ですし、車検も通らないかもしれないです。 仕方がないので発熱しない格安のLEDに替えてみましたが、色合いがレモンイエローの薄い色で納得いきません。しかも爆光だったためまぶしすぎて対向車に迷惑になります。 というわけで、根本から見直すことにしました。 まずレンズを含め本体を熱に強いものに換装します。H8用のガラスレンズです。ガラスなら少々の熱ならへっちゃらのはず。本体もH8用なので頑丈です。純正形状の汎用品のため格安です。 そしてH8黄色ハロゲンバルブに替えて、ワット数も35Wに上がりました。細かいこと言いますと電力を食うわけですから、バッテリーの負担、燃費悪化につながります。それを気にするくらいなら最初からフォグは使いません。 色合いは前のH16の時と同製品なので深みのある黄色で満足。さらにワット数もあがり明るさが増しました。 それからハロゲンですから当然発熱しますから、冬場に雪が降ったりレンズに凍り付いたときに溶かしてくれるという本来の役割もやってくれるでしょう。自分の地元は雪が降りますので。 あとは、耐久性かな。 それと本来は19Wの製品を装着すべきところを、35Wに上げたので何か不具合が起きないことを祈るのみです。その時はヒューズが飛ぶでしょうけど。 2017年11月07日 19:52
今日クルマを運転していたら、「あおり運転」の現場を目撃しました。 最近、ニュースでも報道される大きな事故があったせいで「あおり運転」を始めとした、モラルに欠ける運転が注目を浴びております。そんな中でもやる人はやるのです。 自分でもここ数年、運転マナーの悪い人が増えたなと感じて、8月よりここのブログに日ごろ気になる運転マナーのことを長々ダラダラと書き連ねている最中だったりします。最近なまけてますが。 おヒマな方は探して読んでみてください。クルマの運転のグチ話ですが、それだけに限らず、自分はダブルミーニングのつもりで書いてます。 今日の「あおり運転」の現場は、片側二車線の追い越し車線に遅い軽自動車が走っておりました。 その後ろからSUV車が追い付いてきて、ぴったりと後ろにくっついて車間距離を詰めます。走行車線も車列が連なっており、SUV車は前をブロックされた形です。 SUV車がいくらあおっても軽自動車はゆっくり走ったままなので、怒ったのかSUV車は軽自動車にパッシングします。 これにはさすがに軽自動車も驚いたのか、スピードを上げていって、追い越し車線の流れが速くなりました。 ……というお話です。なーんだ、と思われるかもしれません。 そもそも、スピードの遅いクルマが追い越し車線を走っていること自体が不思議というか原因不明です。 では、その遅い軽自動車に向かってあおったり、パッシングをしても許されるでしょうか? もし、驚いた軽自動車がハンドル操作でも誤って事故を起こしたら、誰の責任になるでしょう? 恐らく運転免許を取得されている大半の方が、自動車学校で「かもしれない運転」という言葉を習っているはずです。 つい「これくらい大丈夫だろう」という『だろう運転』をしているといつか事故を起こすので、「もしかしたら危ないかもしれない」という『かもしれない運転』をすることによって事故を回避するというものです。 心配性な人は常に考え方がネガティブなので最悪の事態を考えながら慎重に行動するため、結果的に悪いことが起こりにくい、ということがあります。自分がそうです。(その代りちょっとのことでも大事故に感じられる) そこまでいかなくても、少し慎重なくらいがちょうどいいのがクルマの運転です。前を走っているクルマが「いきなり急ブレーキなんてしないだろう」なんて安易な思いで車間距離を詰めていると、本当に急ブレーキして追突するのです。 極端な話、歩道を歩いている歩行者だって、もしかしたら自殺志願者で目の前に飛び出してくるかもしれません。ということを自分は考えながら歩行者を追い越してます。 これを最初の話の、SUV車が遅い軽自動車をあおっている状態に当てはめてみると、とても怖いシチュエーションになると思います。 たまたま事故が起きなかっただけでそれは結果論であって、一歩間違えば何が起きてもおかしくないということです。 遅い軽自動車、あおるSUV、どっちが悪いかというとどっちも悪いのですが、極悪なのはSUVです。 遅いのに追い越し車線にいた軽自動車は過失により、やむを得ず本来の走行車線に戻れなかっただけかもしれません。それか先の交差点で右折したいのかもしれません。 SUVは自分が我慢をすれば、遅い軽自動車をあおったりせず、多少遅くても渋滞になっても耐えるべきです。それが出来なくてあおったりパッシングしたりするのは自己中心的すぎます。もしどうしても我慢できないならば、左→右とジグザグに車線変更して追い越せばいいのです。それが出来ないくらい腕が未熟ならばあおり運転なんて無謀なことはしないことです。いずれ我が身を滅ぼします。 言い方は悪いかもしれませんが、軽自動車の人はまだ腕が未熟だと思われます、それに比べてSUVの人はまだ熟練者だと思われます。ということは熟練者が未熟な人をいたわってあげるのがスジってもんです。 常々、交通事故というものはひとりで起こすよりも、考え方の違う人同士の意見のぶつかり合いで起きることが多いと考えています。スピードを出したい人と、ゆっくり走りたい人同士が事故を起こすのです。 てか、短文で済ませようかと思ったらまた長くなってしまいました。短くまとめるのが苦手なので仕方ないです。 要するに思いやりを持った運転を心掛けたいですね。ってことです。これは日常生活でも同様です。 2017年11月04日 23:47
最近、どういうわけかドライブだけは積極的にできるようになりまして、あちこち意味もなくクルマを走らせてます。 暴走するような運転をしないように、事故を起こさないように、と自分に言い聞かせながらドライブしてます。 今日は、病院の帰りに地元の山に紅葉を見に行ってきました。 ついでにカメラの趣味も復活しだして、ちょっと撮影してきました。 まあ、趣味がふたつ出来るようになったのは良い兆しなのかな?? 2017年11月02日 21:45
昨日、作業所の仲間からうわさ話を聞かされました。 最近、作業所でずっと何日もお休みされている方がいらして、どうもその人が作業所を辞めたらしい、というのです。仮にその人をAさんとします。 うわさ話を持ち掛けた人は、普段から他人のことを色々と言ったり聞いたりしている方で、作業所内の事情には詳しいのですが、その一方で不正確な情報も多く、どこまで信用していいかわかりません。 あと、自分の性格上、こういう大事な事柄は、作業所からキチンと正式発表されない限り「聞かなかった」ことにしています。うわさ話だけの雰囲気で流れるのは好きではありません。 ですが、Aさんが辞めたかどうかは別として、まったく出勤されなくなったのは事実です。 何か事情があるに違いないのでしょうが、それが何なのかは分かりません。本人の体調面かもしれませんし、家庭の問題かもしれませんし、もっと他の問題かもしれません。 いずれにしても、Aさんが困っていたとしたら、事前に気づいて声かけなり、相談に乗るなりできなかったかと、自分を悔やんでいます。 Aさんは、人当たりがよく、おしゃべりが好きで、明るい人だと認識しています。ある意味、職場内のまとめ役的な部分もあった気がします。 もし万が一、そのまとめ役としての立場に実は苦痛やプレッシャーを感じていたのであれば、やはり自分が代わりにかぶっていかなければいけなかったのだと悔やんでしまいます。 そう考えると、もし万が一Aさんが作業所を退職され、その原因が職場内での人間関係的なモノであるとしたら、それは全て自分の責任に感じてしまいます。 退職していないにしても、職場内に原因が無いにしても、やはりすべて自分が悪いという気持ちは消えません。何か最善の方法が無かったのかと。 どうして自分みたいなどうしようもない人間がのうのうと職場に残り、あんなにいい人が気持ちよく出勤できないのか。世の中おかしいです。 2017年11月02日 09:19
何事も失敗しないですむものなら、失敗したくないものです。 ですが、一生のうちに一度も失敗しない人なんていません。 失敗を糧にして、さらに伸びる人もいらっしゃいますが、失敗を恐れてちぢこまってしまう人もいらっしゃいます。 なので、できる限り失敗をしないように日ごろ気をつけて行動することになります。 子供のころから、親や教師に「絶対に失敗してはならない」と教わります。 けれど、失敗しないような行動は教わりますが、もし失敗してしまった時の対処法って意外と教わりません。 失敗に対する対処とか、耐性とか、立ち直り方とか、事前に教わっていないので出会ってしまった時にとても戸惑います。 本来そういったものは本人が身をもって経験して、自分で解決策を見つけるものではないかと思いますが、状況や人によってはひとりでは解決できないこともあるかと思います。 その際、周囲のサポートであるとか、励ましやアドバイスがあればいいのですが、孤立していたらその人の苦しみは計り知れません。 アクセルの踏み方だけ教えて、ブレーキの踏み方を教えないようなことは危険なことだと思います。 今の世の中、一回でも失敗をしてしまったら「もう終わり」と簡単に切り捨てられる気がします。復活はのぞめません。 失敗して苦い経験をして、それをふまえて再びやり直したくても、周囲からは見捨てられるのです。 そうなってしまった場合、みんな一生のうちに一回の失敗も許されない世の中になる気がします。 とても息苦しい、生き苦しい世界です。もう少し寛容な世の中になってほしいです。 2017年10月25日 20:47
ブログを全て表示