相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名(ID) ソラ--sola-- (32066)
プロフィール写真
ソラ--sola--
つぶやき
フォロワー
10
フォロー
0
性別 女性
生年月日 非公開
血液型
居住地 北海道
趣味 テニスを見る。錦織君が好き。ピアノも弾く。
自己紹介 ※ガラケーから利用してます。稀に操作ミスがあるかも…

◆◆◆
30代の長期引きこもり。
対人恐怖。視線恐怖。AC。

◆◆◆
長い自己否定の闇を抜け出し、数年前から自分を受け入れることが出来るようになりました。20代の頃はずっと闇にいたと思う。
今は自分を愛しているし自分を大事にしています。まだ完璧じゃないかもしれないけどそうするように心掛けているつもり。

でも変わったのは私の内面だけで現実の私は何も変わらず、相変わらず引きこもりだし人は怖いです。

◆◆◆
日課はその日の幸せや感謝出来ることを探して日記に書くこと。それから自分のしたことを何でも良いから誉めてあげること。
あとなるべく嬉しい楽しい幸せといった感情を意識して感じてあげるようにすること。(意識しないと感情を感じづらい…)
そうやってちょっとずつ自分を元気にしていってあげたい。

◆◆◆
10年以上他人と全く関わりも会話もなく一人でいたためかなりの対人恐怖。引きこもりすぎて日常的な当たり前のことが何一つ出来なくなってしまい、困難は多いけど少しずつ良くなっていくしかない。
でもきっと大丈夫。自分を信じる。
誰がいなくとも私は私の味方。私には私がいる。私が私を励まし頑張るしかない。
昔は孤独や絶望感でよく泣いたりしてたけど今は私には私がいると思えるようになって、寂しさはあってももう辛くはない。

◆◆◆
悩んだときや落ち込んだときは自己啓発系の本やサイトを頼り自分を励ます。
引き寄せの法則やアファメーションも信じている。宇宙やスピリチュアルなことも。
引き寄せ手帳も今年やってみてる。ちょっと楽しい。

◆◆◆
長期引きこもっているため人が怖いけど慣れたい。
家族がいないときなどに部屋で一人で声出す練習をしている。
10年くらいも人と接してないので会話や生身の人間が怖い。

◆◆◆
2018の目標はお店(スーパーとかフードコート)で食べ物を注文する練習をすること。

◆◆◆
対人恐怖ですが、人嫌いではありません。むしろ人は好きだし仲良くなれる人が沢山欲しい。
生身のコミュニケーションが怖いだけでメールではよく喋ります。

◆◆◆
何かがちょっとずつでも良くなるよう応援してもらえると嬉しいです。

◆◆◆
今日も世界中の皆さんの愛と親切の上に私が生きられることに感謝します。
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

家族の前じゃポーカーフェイス作ってる私も姪だけの前でなら割と普通でいられるし、色々バカなことも出来るのでちょっと楽しい… 2019年05月19日 14:08
学校の卒業式に何を着ていけば良いのかわからなくて遅れそうで慌てている夢を見た。この手の時間に間に合わなくなりそうで焦る夢をよく見る私… 2019年05月19日 09:04
ケンタッキーの新しい500円ランチも気になる…。でもしばらく行ける機会ないかもなあ…。期限内に間に合えば食べにいきたいとこ… 2019年05月16日 19:56
地図を見て気になる公園を見つけたので、行きたいとこリストに加えた。先日はピクニックをしてリピありと思ってるし、別の歩いてみたい公園もあるし、今夏は公園三昧になったりして… 2019年05月16日 13:54
他人の視線が怖いので、向かいから人が歩いて来るとすごく落ち着かない気持ちになる。 昨日も公園行ったときは、誰かが向こうから歩いて来るのが見えたら手前で曲がったり、曲がれる道がなかったら帽子で視界遮ったりしていた。視線怖い… 2019年05月15日 09:32
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

順不同に。 ○神社に初詣に行った。 (ものすごく久しぶり。子供のとき以来かも) ○ネットの懸賞に二回も当たった (人生で懸賞に当たったのはほとんど初めて) ○冬もののコートを二着買えた (何年もコートを買ってなかったので良かった。しかも安い。二つ併せて4000円もしない) ○お店で注文の練習をつめた (十数年ぶりに外で一人で何かを食べた) ○ケーキ屋に行けた (自分でクリスマスケーキが買えた。ケーキ屋なんて行ったのも十数年かぶり。高いケーキはやっぱり質が良かった。リッチな気分になれた) ○昔読みたかった漫画が読めた (子供の頃、訳あって読みたくても読めない漫画がいくつかあった。周りの友達が読んでるのが本当はすごく羨ましかった。でも読めないことを認めるのが辛かったので、興味のないふりを自分に対してしていた。その頃の未練がずっと心の隅に残っていた。だから読んであげることが昔の自分の一部を救ってあげることだった。それが出来たことが嬉しい) ○姪に名前を呼んで貰えた (ある日突然名前を言ったと思ったら以後名前で呼んでくれる。他にも私の作った遊び道具で遊んでくれたり、私の話を聞いて貰ったりした。成長も見られて良かった) ○動物園に行った (姪を連れて、姉や母と動物園に行った。動物園も子供の頃以来で、色んな動物を目の前で見られたのは少し良かった) ○バッグをリュック型にしたらすごい楽 (外出したらたくさん歩くので両手が空くと歩きやすい。肩も凝らない。すごく便利) ○観葉植物育てた (楽しいわけではなかったけど日頃あまりしないことをしてみたので何となく良い経験。3つのうち2つは枯らしたので世話は向いてないらしい) ○フラフープが出来るようになった (前々から何となくやってみたかった。親がたまたま買ったので私もやってみた。初めは全く回せなかったのに、回せなかったものが回せるようになるとちょっと達成感) ○スーパーファミコンミニを買った (スーファミが好きだったのでちょっとわくわくした。巻き戻し機能が便利過ぎて楽ばかりしてしまう。でも今、半年くらい触ってないけど。また何かやりたい) ある程度大きなものはこんなところ。(それでも人と比べたら地味過ぎて落ち込みそうなレベルだけど…) もっと地味な幸せは毎日いくらでもあると思う。 朝起きると、ああ今日も温かいお布団で眠れて良かったと思う。毎日生活が出来て、ごはんが食べられるだけでも幸せなことだと思ってる。 来年も日々良いことを見つける努力をする。 幸せは小さなものでも自分が感じることがきっと大事なのだから… 2018年12月31日 15:18
②の続き 初めてフードコートに行ったときは、注文を切り出すタイミングがわからなくて少し困ったことになった。 私の前の人が終わって私の番になったとき、店員がレジの処理が終わってなかったみたいで私が目の前に立っているのに何も言わずレジを操作していた。 私はどうして良いかわからず、もう注文して良いのかだめなのかよくわからなくて、でも黙ったまま立っていることも耐えられなくて、少しテンパって「××を…」と切り出してしまった。 そしたら向こうは何も言わずレジを見たままだった。 聞こえなかったのかと思い、すぐにまた慌てて「××を…」と言ってしまった。 そしたら顔を上げてすごく変な顔をされてしまった。 もしかしたら一回目も聞こえていたのかもしれない。私が「××を…。××を…」と二回言ったのが変だったのかもしれない。 自分がおかしなことをしたように思えて、すごく恥ずかしかった。 今だったら店員が「ご注文をどうぞ」とか何か言うまで落ち着いて待っていたら良かったのだとわかるけど、そのときはフードコートなんて十何年かぶりで、注文の勝手がわからなくなっていたので、どうしていいのかわからなかったのだった。 すごく変なことをしてしまったと思ったし、お店の人の反応にちょっと心が折れた。 ケーキ屋のこと。 今年注文の練習を積んできて、ケーキ屋に入る勇気も芽生えてきたのでクリスマスケーキを買いに行ってみた。 ショッピングセンターとかの中にあるケーキ屋でも良かったけど、敢えてハードルを上げて小さい一軒建てのケーキ屋にした。小さいお店は入る瞬間とかすごく怖いけど、ちょっと頑張って… ショーケースの前に立って、向かいに店員さんがいて多分こっちをじっと見てる前で、ケーキをどれにしようか考えてる時間がやっぱり結構いやではあった。 人の視線が怖いので、見られてる状況は苦手。 決めてから声を出して注文したら、ケーキ屋は初めてだったからかちょっと暗めな緊張した声になってしまった。 フードコートでは慣れてきて、大分ちゃんとした声が出せるようになってきた気がしていたので、ケーキ屋も大丈夫かと思ってたら、あまり大丈夫じゃなくて少し悔しい。 一回も目を合わせることもなく下を見ていたので、変なふうに思われたんじゃないかという恥ずかしい気持ちもある。 ケーキ屋は苦手意識が強いので本音はもう行きたくないけど…でも今年最後の一番大きな注文が出来て良かった。 あと良くなった点は、初めのころは、注文するとき、ほとんど間を置かずに急ぎ気味に喋っていた。お店の人が相打ちを打つ隙も与えない感じに一気に注文の言葉を言うように。 お店の人に「砂糖とミルクはお付けしますか?」(コーヒーや紅茶を頼んだとき)と聞かれたときとかも、食い気味に急いで「はい」と答えてしまう癖があった。 もっと落ち着いて話そう、と心がけるようにして、今もたまに急いでしまうけど、今は適度に間を空けてゆっくり言えるようになってきた。 注文したことが十年以上一回もなかった私がこれだけ注文をしてきて、最後はケーキ屋に行けたのは、私に取っては良かった。 すごいレベルの低い話だとは思うけど… こんなことで、頑張ったつもりになっているのかと思われてるかもしれない。 でも自分なりに頑張ったので… 去年までは口を利いて注文するなんて考えるだけでも怖かったから。 多少進歩して良かった。 来年も注文の練習を続けて行く。 この長い話を読んでくれた方に感謝します。 (コメントは入れないで下さい) 2018年12月30日 19:14
①の続き 初めて注文したのはおやきだった。ものすごくどきどきしながら売り場に向かった。 買い終わったあとも、ほっとして気持ちが落ち着くということもなく、変にずっとどきどきしたまま収まらなかった。 そのあとしばらく買い物して帰ったけど、帰りのバスで、整理券を取り忘れてしまった。中学生くらいの頃から利用しているバスなのにこんなうっかりミスをするなんて初めてでちょっと驚いた。慣れないことをしたものだから、気持ちがそわそわした感じになって注意力が散漫になっていたのだと思う。 それからしばらくして少しハードルを上げて、フードコートやファーストフードとかでも注文するようになった。 12月にはケーキ屋にも挑戦出来た。 注文は一応出来るようになったけど、形はあまり整ってないと思う。 いつも目を合わせないで下の方を見ているし(レジ台のメニュー表を見ているようなふり)、振る舞いとかがもしかしたら変なふうになっているかもしれない。おかしな客に思われてないかいつも気になる。思われている気がして恥ずかしくなる。 上手く声が出るときもあるし、いまいちなときもある。 いつも注文する前は家で一人で実際に台詞を何十回も言ってみてシミュレーションをしている。一人だと当たり前だけど緊張も怖さもないのでちゃんと声が出せる。 でも実際にお店の人を目の前にするとシミュレーション通りにはいかなくて、声が小さくなったり暗くなったりする。そういうときは、ああ上手く出来なかった…といつも落ち込む。 上手く言えた、と思えることの方が少なかったかもしれない。それか半々くらいか。わかりやすく、やればやるほど上手く出来るようになるというものでもなかった。回数と出来は比例しない。 例えば、10回やれば9回目や10回目が一番良いというものでもなく、案外5回目くらいが良い出来で、そのあとまた全然上手く出来ないことが続いて、「あれ?前は上手く言えたのに。前のはただのまぐれ?」とか「せっかく上手く出来るようになってきたと思ったのにまた後退してる?」とかもやもやすることも多かった。 正直11月くらいまではこういうもやもやが割とあった。 でもその頃ちゃんと上手く出来たと思えることが少し続いて、それでようやく気持ちがちょっと晴れたしちょっと自信が付いた。やっぱり積み重ねて来た分は実になっていると信じても良いんだと思えた。 それまではこんな地味な積み重ねに何の意味があるのか虚しくなったりすることもあった。自分の気持ちのポジティブな方に焦点を当てるなら「注文の練習が出来た。良かった」となるし、ネガティブな方に焦点を当てるなら「注文したけどあまり上手くいかなかった…。なんで全然進歩しないんだろう…」となる。 私の中にはいつもポジティブとネガティブ両方あって、ポジティブな気持ちだけなら良かったのに、ネガティブなものも感じるから、あまりすっきりした気持ちになれなかった。 でも言ったように、11月くらいの頃からようやく少しは慣れてきた気がしてあまりもやもやしなくなった。 それに考えてみれば全く何も出来なかった去年よりはずっと良い状況だし、注文が出来るようになったことはもっと認めてあげようと思った。 こんなことくらいしか出来ないけど、《注文しか出来ない》じゃなくて《注文は出来るようになった》と考えてあげようと思った。一応。 今後もまた上手く出来ないこともあると思うし、もやもやもすることもあるかもしれないけど取り敢えず。 初めてフードコートに行ったときのことと、ケーキ屋に行ったときのことも書いておく。 ③に続く 2018年12月30日 19:09
今年、ちょっとでも人に慣れるために、お店の人に口を利いて注文をする練習を始めた。 その注文の記録。合計31回 ・フードコート9回 ・マック5回 ・ケンタッキー5回 ・スーパーとかの中にある露店みたいなところ(お祭りの屋台みたいなやつ)10回 ・その他2回 引きこもっている私は外との繋がりがなく、長年人と接することもなく、接するとすればたまに外に出て買い物するときにレジで会計するときが唯一の機会でそれ以外は本当に何もなかった。 例外的に去年眼鏡が壊れて、裸眼0.01くらいなのでどうしても行かざるをえなくなり、腹をくくって、ものすごく怖くて不安だったけど何とか行ったことだけ。それだって数週間も悩んでようやく行ったし、行ったら行ったで全然まともな振る舞い方が出来なくて、おかしな客に思われたと思う。 ずっと現実世界の人間と断絶してリアルのコミュニケーションを全くしていない時間を生きてきたから、人への耐性や慣れみたいなものがどんどん失われていって、リアルの人間がどんどん怖くなっていった。こんな感覚はあまりわかって貰えたことはないけど。説明してもいまいち伝わらない。 メールはリアルの交流じゃないから、別に話すことに抵抗はないから、簡単に「こんなに(メールで)話せてるんだから、大丈夫ですよ、自信持って」と簡単に言われて、そういうことじゃないんだけどと思うこともよくあった。 コミュニケーションをしないまま過ごしていると、接し方とか話し方とか、視線のやり方とか振る舞い方とか、忘れてしまうのだ。コミュニケーション能力が、使わないうちどんどん衰える。長引くほどリアルの人が怖くなる。(私のこの“怖い”は現実世界の話) 人に対してうまく声が出せなくなって(自分の声を聞かれることもすごく怖かった)、レジで買い物するときもポイントカードの所持を聞かれて、その返事のさい、すごく小さく暗い声でしか答えられなかった。 人と話すのはレジで口を利くその「はい」「いいえ」だけだし、他のところで喋る機会もないからリアルで人とまともな会話をしたことが長年なかった。 そんな状態で生きてきたから、人と話す自信がすっかりなくなっていた。 自分が誰かとまともな会話をしているイメージすら全然持てなくなって、人と話す自分をイメージしようとすると、途端に「無理だ無理だ無理だ出来ない出来ない出来ない…」と恐怖が襲ってきて頭がパニックになった。 でもあることがきっかけで、今年注文の練習をしてみることにした。 始めのうちは、スーパーとかの中にある屋台みたいな感じのお店でおやきや鯛焼きとかを注文してみた。 ②に続く 2018年12月30日 19:04
先日久しぶりに街に出たから感想でも残しとこう。 歩きたかった場所を歩けたとか、100均で買い物が出来たとか、良いところだって探そうと思えば探せる。 でもちょっと色々複雑でもある。 あまりネガティブなことは言いたくないけど、色んなこと思ったし、落ち込んだり悲しくなったりもした。 街にいる人はおしゃれ率がびっくりするくらい高くて、ほんと皆マネキンやファッション雑誌そのままの格好をしていて、そんなしゃれた服なんて持ってない私はあまりに場違いだった。 近場じゃそんな芸能人やモデルみたいな格好をしてる方が目立つけど、ここじゃそれが当たり前で私みたいな地味な格好のが逆に浮く。 近所のショッピングセンターに行くのと同じ格好しかしてない私だったので、恥ずかしいし、変な目で見られていそうで落ち着かない。可愛い服売ってるなーと思っても怖くて全然お店に近付けない。 ああ、街なんて来るものじゃないな… 華やかで現代的で楽しさや幸せをいっぱい抱えている人生を歩んでいるような周囲の人達とのギャップに落ち込む。 ここには私が失ったもの、持ってないものを持っている人達ばかりだ。 ああ私はどうやってもこんな世界には行けないんだろうな… あんなふうに華やかできらきら生きてる人達がちょっと羨ましい。 そこまでじゃなくても良い。けどせめて人並みに生きたい。 私はいつになったら街にも溶け込んで普通に行けるのだろう… 何だか色々感じた。 悲しいような切ないような、でもだからこそ頑張ろうと思うような… 2018年02月01日 18:33
ブログを全て表示

話し相手募集の投稿履歴

Re:色んな人と付き合いたい 2018年05月25日 23:16
色んな人と付き合いたい 2018年05月10日 09:30
電話などで人に慣れたい 2018年05月05日 14:19
応援したり力になってくれたり 2018年04月02日 09:21
話し相手募集への投稿履歴を全て表示

写真の投稿履歴

写真を全て表示