相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名(ID) むらさき すみれ (30232)
プロフィール写真
むらさき すみれ
つぶやき
フォロワー
6
フォロー
0
性別 女性
生年月日 26歳
血液型
居住地
趣味 ネット、お酒、アニメ
自己紹介 ポリアモリーなのか
バイセクシュアルなのか
アセクシュアルなのか
なんなのか。

自分が無いということだけが
自分の筋です。

でも私が私ということだけが普遍。

人生。
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

2連休だし旦那出張で夕食作らなくていいし今から酒でも飲んじゃう?とか思ってたところに職場からの電話で出勤になった!イエスマンの悲劇だ!とっとと酒飲んじゃえばよかった!!! 2019年05月20日 10:29
三連休の真ん中に急遽出勤要請してくるやつは天国には行けないと思っておけ 2019年05月13日 22:25
自己愛と自己ケアは恥ずべきことじゃないってクィア・アイで言ってたし〜 2019年05月07日 12:35
おはよう 「しない自由」があって初めて「する自由」が生まれるし逆も然りだよね〜 2019年05月04日 08:48
ベテラン2人がパタパタっと辞めてから数ヶ月、ついに負担が増えてたもう1人の先輩も辞めることになって、私と同期ちゃんが主力になってしまうことに。 口では「頑張るしか…」とか言うけど実力不足で無理なもんは無理だしもう嫌だ〜これからいくら人を雇ってもらってもうちらが主力じゃなんの解決にもならない〜〜 2019年04月24日 18:24
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

家電類とかを綺麗に使ってほしい(電子レンジとか使って汚したらささっと拭くくらいのお手入れをしてほしい)とか、 お酒を控えてほしいとか、 なんか昨日夫にいろいろ言われたな。 一応ささっと拭く程度のことはやってるけど、それでも毎日使ってたらそりゃ徐々に汚くはなるし。 お酒ね〜、1日平均4杯を週6で飲むのは確かにちょっと多めかな?と思うけど、あくまでちょっと多めかな?であって別にそこまで問題ではなくないか。え、私の基準がおかしいのかそうかそうかそうだったか。でも前に言われてから度数低くはしてるしそれで納得してもらった記憶があるんだけど。 あと、なに?掃除機?かけてるけど、それでも気になるならお前がかければ?だって例えばお前が腹減ったら私が食べんのかよ、ちげーだろ。 でもさ、ほとんど言い返せないじゃん。 だって綺麗にしていた方がいいし、お酒も少ない方が体にはいいもんな、知ってる知ってる。 それに仕事の時間の差も考えると、掃除は夫より私の方が時間作れるし、夫の方が疲れてるだろうから私の方がガバガバ飲んでるのもおかしな話じゃん。 そりゃ言い返せねぇ〜〜〜 全然関係ないけど「ぐうの音も出ない」の「ぐうの音」ってなに?「ぐう」って。なんの音だよ。どーでもいいよ。 私クズだから普通よりちょっと怠惰だという自覚はあんのよ。 でも別にこのくらいのレベルで問題なく生きてる普通の人もいるじゃん。中の下…うん、中の下って感じ。中は中じゃんって思う。 きちんとしなくても死ぬわけじゃないけど「きちんと出来ない自分てダメだなぁ」という考えがちょっとでも出てきはじめるといとも簡単に人は死ぬってことを身をもって経験してから、忘れず頭に置いておくことでやっとここまで生きてこれたからなぁ。 共同生活ではそれじゃ許されなくて、難しいなって思った。 きちんと出来ない自分てダメだなぁ。 2019年04月02日 12:21
私が何かを始めるときは、殆ど母が決めていた。 だから私は"辞めた"ことしかない。 つい最近まで「私は逃げてばかりの最低で弱いクズ人間なんだ」と思っていた。 でも"始めた"経験が無いのなら、相対的な割合では"辞めた"経験しかなくなるのは当然のことだと気付いた。 夫の親が「自分で決めたことなんだから最後までやり通せ」という方針だったらしいことを聞いて、心底驚いた。 うちと真逆じゃないか。 もちろん、どちらが正しいとかいう問題ではない。 うちは、"辞める"ことに関してはとても寛容だったと思う。 そして、後から「あの時もあの時も、あなたの意思を尊重した(辞めるのを許してあげた)でしょ」と言って、また"私の"新しいことを"母が"決める。 "始める"時に私の意思は無く、"辞める"時だけ策略的に私の意思が尊重される。 思えば母は、母がやれと言ったわりには「そんなに嫌なら辞めちゃいなよ」と頻繁に言っていた。 次に何か決める時の、圧力の材料を着々と集めていたんだろう。 それは母本人には、無意識だと思う。 でも「無意識」とかいう言葉はあまり好きではない。 母本人には、「悪気は無い」のだと思う。 「私が娘にさせてあげたいことはたくさんあるけど、最終的に続けるかどうかは本人の意思に任せる」くらいに思っていたのかもしれない。とても素晴らしい母親。 でもそれ故に私は"辞めた"経験しか無く、"辞める"方法しか知らない人間になってしまった。 今日も母が、「その職場辞めちゃいなよ」と言ってくる。 今日も母が、私の結婚式について勝手に話を進めている。 今日も母が、 今日も母が。 2019年03月02日 21:04
母と、夫と、3人でランチした。 3月に控えた結婚式の話し合いも兼ねて。 結婚式の話から自然と子供の話になり、 母は「二人に子供ができるかはまだわからないけど、もし出来なくても、コトメちゃん(夫の妹)にたくさん産んでもらって1人くらい養子にもらっちゃうのもアリだよね」と平気な顔でのたまった。 え?と思ってるうちに続けざま「子供が1人や2人なら養子に出すなんて考えられないだろうけど3人以上いれば1人くらい出してもいいかな〜って思うよね」と。 夫はまさかの「あ〜そういうのも全然アリですね〜〜」という反応。 2人とも何を言っているの。 そのほかにも「子供ができた時、私がそばにいれば育児に関していろいろなアドバイスができる」などと言っていたけど、 具体的な内容は手間暇のみを重視したなんとも時代遅れなアドバイス。 「そうしなければちゃんとした母親ではない」というような語りぶりで、聞いているだけで心が追い詰められる。 それに対して夫は「じゃあ今俺が健康なのも、母親がそうしてくれてたからなんですね」という反応。 2人とも何を言っているの。 夫とその家族、そして将来できる子供。 このままではその領域をズカズカと踏み荒らされてしまうと思った。 私の心と、私と周りとの関係が、いつか壊されてしまうと思った。 家に帰ってから真剣に「結婚式が終わったら本格的に母親と距離を置きたい」と夫に言った。 コトメちゃんの将来を巻き込んだ失礼なことを言われ、 育児に時代遅れな口出しします宣言され、 夫だってあの場では社交辞令的に話を合わせただけだと思っていたから。 夫の返答は、 「距離は置かないよ」 というハッキリとした一言。 付き合ってから今まで8年、どんな問題にも妥協点を見つけて寄り添う姿勢を取ってきてくれたのに、そこまで断言されたのは初めてかもしれない。 絶望感しかない。 どうしたらいいのか分からない。 でも、どうにかしなければいけないということだけは私の人生27年間かけて分かっている。 2019年01月28日 22:39
今月はじめに、母と2人で人間ドックを受けました。 私はまだ25歳なので早い気もしますが、母が勝手に私の分まで予約してました。 「あんたはそんな生活してて絶対どっか悪いに決まってんだから、結婚を機に受けときなさい」ということらしいです。 勝手に予約されていたりとかはもう慣れていたし、まぁ今回は一理あるかなと思ったので受けてきました。 (ちなみに受けてる間は母に対して「こいつもう60歳とっくに過ぎてるのに一体あとどんだけ健康に生きるつもりなんだよ」とかクソみたいなこと考えてました) その詳細結果が今日あたり届いたのですが、 母は私の結果まで、勝手に、私より先に、当たり前のように読んだらしいのです。 私の個人的な価値観だと、体のことというのはとてもプライベートでデリケートなことであって、 家族と言えども断り無しに踏み入ってくる部分ではないと思っていたので、ショックだし何より気持ちが悪かったです。 さらに。 人間ドックの結果で私は、将来的なガンの原因にもなるウイルスに感染しており(記憶が曖昧ですが成人女性だと60%くらい?に感染はしてるらしい)、 まぁ必ずしも発症するとは限らないしそれは別に良いんですけど、 母に「○○君(結婚したばかりの私の夫)にはこのことは黙っておきなよ?それで、『早く子供欲しいな〜♡』とかって言っておきな!ね!!(おそらく子宮ガンとかになってしまう前に子供作れという意味)」 と言われて、気持ち悪くて怖くて涙が出そうでした。 なんで、自分は勝手に見ておいて、夫には黙っておけなんて言えるのか。 私の体のことなのに、誰に言って誰に言わないのかを選ぶ権利が、私じゃなくて母にあるとなぜ当然のように思っているのか。 私と夫のことにとどまらず、いまどき、子どものことまで言ってくる親が自分のすぐそばにいたなんて。 そんな、いろんな想いがぐちゃぐちゃになって、意味がわからないです。 母に対して「私の家族はお前らじゃない。夫と、その家族だ。もうお前らは家族なんかじゃない」と言ってしまいそうになる私も、すごく残酷に思えて嫌になるし。リアルでは誰にもこんな気持ちは言えない。 そんなこんなでもう酒をガバガバ飲んでる今でした、おしまい。 2018年05月25日 22:09
昨日、婚姻届を提出しました。 全員からおめでとうって言われて、親や彼の嬉しそうな顔を見て、 あぁ私は自分の人生や目の前の人達に対してなんて無関心なんだろう、って、初めて気が付いて心底驚きました。 数年前の自殺未遂以降、いつでも死ねると思いながら、適当に適当に、上なんか目指さず、先なんか考えず、労力使わず流れに身を任せて生きてきて、 流れに身を任せていたら気付いたら結婚してしまっていて。 ダメじゃん。死ねないじゃん。結婚しちゃったらほいほいと死ねないじゃん。 完全に選択ミスだけど婚姻届は上書きセーブみたいなものなのです。 私は、自分の結婚の何がおめでたいのか分からないほど人生に無関心で、 私の結婚を自分のことのように喜ぶあの人たちのことが理解できないほどに他人に無関心で、 なのに、結婚してしまった。無理。 2018年04月17日 20:44
ブログを全て表示

相談掲示板の投稿履歴

Re:彼の性欲と性欲がない私。 2019年05月08日 15:27
Re:彼の性欲と性欲がない私。 2019年05月07日 09:32
Re:死ななければならないけど死ねません 2019年03月27日 21:59
Re:離婚した父の状態がまずいらしいのですが 2019年03月12日 00:52
Re:どうしたらいいか分かりません 2019年01月11日 12:55
相談掲示板への投稿履歴を全て表示

おはなし掲示板の投稿履歴

Re:最近のお気に入り曲 2018年07月08日 22:51
Re:最近のお気に入り曲 2018年05月02日 13:29
Re:アニメの感想をひっそりと書き込むスレ 2017年02月05日 15:01
Re:アニメ好きな方語りませんか? 2017年02月03日 11:50
おはなし掲示板への投稿履歴を全て表示

写真の投稿履歴

写真を全て表示