相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

ユーザー名(ID) らくだ (30187)
プロフィール写真
らくだ
つぶやき
フォロワー
16
フォロー
0
性別 男性
生年月日 非公開
血液型
居住地
趣味
自己紹介 傷つけるのも
傷つくのも
すこし怖くなってしまったので
誰とも深く関わらないようにしています

なのでフォロー頂くのは
とてもとてもありがたいのですが
臆病者ゆえ
フォローが返せません
でも実はフォロー頂いた方の
呟きなどこっそりみたりしています

人間的に
すこし屈折しているので
気分を悪くしてしまったら
申し訳ないです
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

感情の整理、思考の吐け口、ごみばこ 2018年08月14日 10:23
最近uremaばかり聴いている 2018年08月13日 01:46
「気にしない人が 羨ましい やる気ある人を 直視できない 時間が過ぎて 誰だって忘れる でも恐怖心と劣等感が きえなかった」 「響かない部屋」- それでも世界が続くなら https://youtu.be/CZSEq-T6bpM 2018年08月04日 05:57
. 2018年08月03日 22:28
大人の距離感ってのがわからない。辛そうにしているのを見たり読んだりすると声をかけたくなってしまう。自分の言葉には相手の芳しくない現実に作用する力も、ひとときの安らぎを与える力もないのに。子どもっぽいな。どうにか抜け出してくれって思う。そのままじゃ壊れちゃうよって思う。周りのことがどうにか上手く運びますようにとうんうん唸って念をとばしたりする。柄にもなく、ほんの少しだけ、心配している。 2018年08月02日 21:19
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

楽しいこと 嬉しいと思えること 探さなきゃ 気持ちをそっちに向かわせて あれからは目を背けて なかったことにして やらなきゃいけないこと やらなきゃ 病気のせいにしてないで 薬飲んで やらなきゃ 何もしたくない なにもかんがえたくない 本当はさ 楽しそうにしてる人とか 幸せそうな人とかみると もやもやするんだ もっと嫌な言い方をすれば むかむかする どうしておれはこんななのに あなたたちはそんな顔で 笑えるのって でもこんなこと思いたくないから 比べることすらせず 違う世界の人間だと 思い込むようにして 嫌らしい汚い自分を隠している 何がしたいんだろうな こんなこといってもう 何年たってんだよ 変わる気あんのか俺は 自分でもおもう まだ言ってんのかよって 本当は辛くも苦しくもないんじゃないのかって 自分でもおもうんだよ はぁ もういやだ 逃げたい なんでこんな風に生まれて育ったのかと 今更考えたところで 無駄なことばかり考えて 考えなきゃいけないことは 転職先将来の展望金銭の工面とかそんなんだろ 生きる意味とか人に受け入れられたいとか優しくなりたいとかそんなことじゃないだろ やっぱ逃げてんのかな俺は 甘えてんのかな 同情して欲しいのかな 哀れんで欲しいのかな 可哀想だねってよく頑張ってるねって言って欲しいのかな そんなの、いらないよ 誰もいらない思いやりも優しさも何もかも 貰っても返せないから俺には 思いやりも優しさも持ってないんだ俺は 貰っても返せないよ 貰ってばかりはいやだ 片方が充足感を得て 片方が苦しむだけの人間関係なんて 反吐がでる だってそうじゃないか 相手は人間なんだぞ 物じゃないんだよ ちゃんと心があって脳みそがあって 体があって寒さも暖かさも感じる ちゃんと傷つくんだよ そのことも理解せず 自分の私欲のために 物みたいに他人を扱うやつなんて そいつはもう人間じゃないよ だから ひとりでいい、 上手く出来ないから 傷つけるのも気を遣わせるのも もういやだ 相手を想ってのことではなく あの罪悪感がくるしいんだ 関係なら浅い関係でいい 人の心に触れる資格を自分は 2年前に無くしたはずだった 浅ましい孤独感にとらわれて 人とのつながりを求めるのは もうやめる 誰にも心は開かないし 開いてもらおうとも思わない ひとりぼっちで生きて死ぬ 孤独が楽なわけないのは知ってる 嫌という程知ってる 本当に嫌という程 でも耐えられない 誰かに受け入れてもらおうと 頑張るのも 傷つけた時の罪悪感もこんなクズ人間みたいな自分に気を遣わせるのも もう耐えられない苦しい 本当は喉から手が出るほど欲しいよ 恥ずかしいけどすごく恥ずかしいけど 本当は欲しいんだ 同性の気の置けない友達とか 仲良しな恋人とか 死ぬまで面倒みあう家族とか 本当は欲しいよ でも無理だ、もう苦しい、耐えられない 傷つけるのがこわい、 だからもう全部いらない 全部いらない そこへつながる可能性も 希望も種も何もいらない 人と関わらなければ 傷つけないで済むよ そのかわり何もないけど 何も起こらないし 何も感じなくなる あと思いやりとか そういう温かい感情が 薄くなっていく だから 人は信用しないって言う人が 近くにいたら こっちに来ちゃだめだよ って多分自分は言う 本能に負けない強い理性と 死ぬ勇気ほしい 揺るぎない生きる理由がほしい しにたいもう それだけ 2018年04月05日 16:46
最近何をやっても なんだか楽しいと思えなくて 以前までは楽しいと 思えてたことも 習慣でやってるだけと言うか 惰性というか 本当にただの時間潰しみたいに なってきていて それがすごく 寂しい気がしたので 今まで楽しかったことを 思い出して書き出して 次の休みに何かしてみようと思う >高2の頃はじめてギターに触った 雷に打たれたとか そういうのはなかったけど なんとなく練習し始めた ライブDVDの音源と合わせて 弾いてみるのは楽しかった、と思う 最近はもう惰性というか twitterで たまに弾き語りの動画を あげたりするくらいにしか 触らなくなってしまったけど せっかく去年 新しいアコギを買ったから もうちょっと何か 練習してみようかと思う >中学一年生のころはじめて まともに本を読んだ 池袋ウエストゲートパーク って小説で 少年漫画みたいで 読みやすくて 悪い人がたくさん出てくるんだけど 自由に自分の思ったように生きてる そんな登場人物たちに憧れた 学校の休み時間は 机の木目と本の文字を 行ったり来たりしたり 保健室で本読んだり 昔の自分の思い出には 近くに 本があったような気がする あまりたくさんは読めなくて 同じ本を何回も読んだり する方が好きだった 最近は 何もかも憂鬱な夜に っていう小説を読んだ 明るい内容ではないけど 読んで良かったと思える本だった 読書も、眠れない夜に 孤独感をごまかすために なんとなく読んでるだけで 別に楽しいとか 最近は感じない 恋愛絡みの本は読みたくないとか 青春モノは読みたくないとか 基本的にそうやって 読めそうな本を探してる感じ だったから 読みたいと思える本を 探してみようと思う >音楽が好きかもと思ったのは よく覚えてないけど多分 小学校の6年生くらい 親が新しいiPodを買うというから お下がりで古いiPodをもらって それに入ってた曲を聴いてた そのiPodの中には コブクロとかサスケとか 入ってて そういう流行りのポップスを よく聴いてた その頃自分は 公文に通っていて いじめられないだけ 学校よりはマシだったんだけど でもそこでもなんとなく ひとりぼっちだったから 公文もだんだん 行きたくなくなっていって じいちゃんに買ってもらった 水色のマウンテンバイクで iPodの音楽を聴きながら 公文サボって ひとりで色んなところに行った どうしても学校に行きたくなくて 雨降ってる中 バス停で雨宿りしながら 音楽聴いて ひとりで泣いてたことも なんとなく覚えてる >最近さ ひとりぼっちがまた なんとなく苦しくなってきて 自分で望んだことだし 色々な人を拒絶してるのも 自分なんだけど でもこうやって 今までの人生で 楽しかったことを 振り返ってみると その思い出の中には 自分以外の人なんていなくて 全部ひとりぼっちだったなって ちょっと気がついてさ じゃあ子供の頃みたいに ひとりぼっちでも なんか自分が 楽しいと思えるようなこと 探して見つけられれば 少しは生きたいと 思えるのかなとか 少しは変われるのかなとか 思ったりして 死ぬ勇気が どうしても湧かなくて 怖くて 死なないなら 生きるしかないし どうせ生きるなら 苦しいのは嫌だから 苦しめるのも嫌だし ひとりぼっちでどうにか ひっそり、生きて死にたい 本心では 誰かと、と思ったりとか する日もあるんだけど 傷つけるのも嫌われるのも 期待に応えるのも、多分 できないから 死ぬまでひとりぼっちで 心からの強がりで 全部拒絶して 生きていけたらと 思う 何か楽しいと思えるような 糧を探して >誰も読んでないと思うけど 無駄に長いくせに 楽しい内容じゃないし 自分語りばっかで すみません、 2018年03月08日 19:37
久しぶりにブログでも 書いてみようかと思って メモ帳立ち上げて 何書こうかと思い返したとき なんか読んだあと ほっこり安心できるような そういう楽しいこと 書きたいなと思って ここ最近のことを 省みてみたんだけど 全然思い浮かばなかった 多分、 楽しいと感じるようなものに 出会ってないわけではなくて 今まで沢山傷つけてきたり 裏切って悲しい気持ちにさせたり そういう自分が 楽しいとか嬉しいとか そういうの感じたら ダメだって思ってるから 見つけられないんだと思った 幸せな人っていうのは 幸せだと感じられる人で 幸せだと感じられる人は 幸せになりたいと思える人だから 幸せが欲しいなら 楽しいが欲しいなら 幸せになりたい 楽しくなりたいって 思わなきゃ始まらないんだよな 幸せも楽しさも人とのつながりも 自分から拒絶してたら 手に入るわけない 最近さ、 自分にとって いいことと悪いことは 表裏一体なのかなって そんなありきたりなこと思って いじめっこだったり 嫌なこと言う人も その人の家族なのか友達なのか恋人なのかわからないけど その人が大事にしたいと 思えるような人には 優しくしたり大事にしたり すんのかなって思ってさ いいところもあるんだから 一辺倒に嫌っちゃダメとか そんな馬鹿みたいなきれいごとが 言いたいわけではなくて いい面も悪い面も知った上で 自分の中でそのことを 評価すればいいのかなとか 思ったりしてて なんか上手く言えなけれど、 今自分は 人との関係っていうものの 悪い面ばかりしか 見てないんじゃないか ってちょっと思って 例えば 人と関わる事で 安らぎとか安心とか 楽しさとか喜びとかを 分け合ったりとか もしかしたら 相手にそういう気持ちを 渡せたりとか そういういい面も あったなとか 一方で 傷つけたり嫌われたり 距離感がうまく取れなくて 嫌な思いをさせてしまったり そういう自分にとって 悪い面というか 怖い面も変わらずあって 今は悪い面、怖い面が 自分の中で勝っているから 独りで孤独に生きろって 自分に言い聞かせているけど いつか逆転する日が 来るかもしれないなとか 思ったり でもさ、本来は こうやって打算的に いい面悪い面なんて ほんとは 考えなくていいんだよなとも 思うし 相変わらず 色々拗らせてて 今はまだ全然出口が見えない 出口はあるはずだって 言い聞かせないと 正直やってられない こんなめんどくさい文章 誰も読んでないと思うけど もし読んでくれた優しい人が いるなら こんな風にはならないで欲しいとか なるべく楽しく気楽に なるべく苦しくないように 生きれるようになって欲しいとか そんな感じの 偽善者っぽいこと 思ってる 結構本気で思ってたりする 2018年02月19日 21:45
昨日はライブをみてきた 高速バスを乗り継いで 東京まで行ってきた 相変わらず 何処へ行くにも ひとりぼっちで 今回もひとりで行ってきた それでも世界が続くならっていう バンドのライブに行ってきた 静かなのに轟音っていう 少し不思議な感覚を味わえる ライブをする人たちだなと思う この人たちの曲を聴くと 自分は生きていても いいのかもしれないと思える 死にたくてしょうがなくて その気持ちで悩んでる人に おすすめしたい https://youtu.be/NLxTHbIHiw4 2018年02月12日 13:23
いつでも自分は死ねるんだ っていうような 終われる自由みたいなものが 生きる支えになることだって あると思ってる あくまで自分の気持ちだけど 生を受けたのだから 全うすべきだなんて 自分は思わない ちょっと思春期っぽいけど そもそも誰も産んでくれなんて 頼んでない わざわざ産んでもらって わざわざ育ててもらって それらの労力に見合うような 人間にはなれなかったし 死にたい、 あの時綺麗に死ねば良かった、 そんなことを 心から思っている 毎日の中で 生きていて良かった、 もっと生きたい、 そんなことを 心から思える瞬間なんて いくつあったか そんなことを考えて どうして生きているのかっていう 答えが出るわけがない 沼に足を突っ込んで 動けなくなる あぁもう 消えてしまえばいいのかと 思って行動したけど 上手くいかなくて また失敗したらどうしようとか もう痛いのは嫌だと 先延ばしにして逃げている 自分も居て 死ぬこともうまくいかず 生きることもままならなくて もうどうすればいいんだって なってる でも 死ねないなら死ぬ勇気がないなら 生きるしかないよな どうせ生きるなら なるべく人に迷惑をかけず 誰も傷つけないように 生きる方がいいよな 傷つけたり気を遣わせたりするの 苦しいし 悲しい気持ちにさせてしまうの 嫌だし 誰も傷つけないように ちゃんと独りで 誰も傷つけないように 消えるときも ちゃんと独りで 苦しいことも辛いことも ぐーっと飲み込んで 誰にも話さないで 誰にも背負わせないで 誰とも深く関わらずに 生きていけるような 強い人にならなきゃな 独りで生きて死ぬって 決めたんだから 本当は自分のことを 分かってもらいたいし 傷ついてでも傷つけてでも 誰かと分かりあってみたいとは 思うんだけど そんな生き方出来そうにないし 向いてないのわかったから 誰にも迷惑かけないように ちゃんと独りで生きて、死ぬ 縄もドアノブもあるし いつでも再挑戦できるんだから 弱音たくさん吐きながら 少し頑張って見ようと思った 前向きなんだか 後ろ向きなんだか よくわかんない ひとりぼっちの人の死に時の話 2018年02月04日 04:53
ブログを全て表示

写真の投稿履歴

写真を全て表示