相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

ユーザー名(ID) まいく (23999)
プロフィール写真
まいく
つぶやき
フォロワー
9
フォロー
20
性別 男性
生年月日 31歳
血液型 B型
居住地 大阪府
趣味 カラオケ、ハムスター飼っています
自己紹介 書籍という盾を掲げて
自分は守られているという安心感の中
私は発言しているに過ぎません。

この現実逃避、今はただの逃避行為でも
いつか心の苦しみが報われると信じています。

アダルトチルドレン
何らかの人格障害
愛着障害(多分)

一度カウンセリングでチェック診断をしたら
このような可能性が出てきました。
現在、お金がなくてカウンセリングも行けていない。

ダメな自分を変えようとして
意気揚々と実家を出て一人暮らしを続けるも
自分の中のこころの問題とちゃんと向き合えず
毎日が苦しいです。

親に苦しみを打ち明けたところ、拒まれました。
助けや協力も受けられず今に至ります。

周囲には自分のことを理解してくれる・理解してくれそうな人はいません。

自分を癒すには共感しあえる協力者が必要と思い
登録しました。

このようなサイトがを見つけたことに
少し心が救われています。

普段はtwitterでつぶやいていたので…
なんか現実味が無いというか虚しい感じがしていました。

ものすごく甘えたのメンヘラおっさんですが、
見た目は5,6歳若く見られます。

よろしくお願い致します(^^)
アクセス環境

つぶやきの投稿履歴

私の心に刻まれたコトバ。 「…どうして真ん中の子って、変わった子ばっかりなんやろう。」 2017年04月26日 02:21
未熟なものと未熟なものを掛け合わせたら さらに未熟なものができ上がる。 例えば0.9×0.8=0.72。 元の数より減っていくんだ。この世界の真理かも。 2017年04月26日 02:11
先々週、母方の祖父が亡くなった。 母は「私が突き放すようなことをしたから…」と悲しそうに言った。 慰めてほしかったんだろうな。 僕は「おばあちゃん(母からすると姑)が死んだ時に僕は…」と同じような話で遮った。 母は不快に思っただろうな…でも後悔はない。悪いとも思わないようにしている。 こっちは誰にも言えず苦しんで苦しんで、 そんな自分を許せなかったし、そうさせた周囲が憎いと思うから。 2017年01月29日 00:06
結局、私が思い上がっていたから、そのツケがいろいろ回っているんです。 2016年06月17日 01:31
ダメだ めっちゃ入り浸ってる 集中力も切れてか、文章もまとまらないし、 同じ人の投稿のコメントに3つも残しちゃった、許してください。。。 2016年06月16日 22:44
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

「愛着障害の克服 過去との和解」 http://kokoromasic.com/talk 自分の半生をブログで綴っているのは 自分の心の治療のためです。 (独学ですが。) 読んでもらいたい、注目されたいって願望はもちろんありますが、 こんなブログで人の気を引くっていってもねぇ・・・ まぁ、同じ経験をしている人とかいれば、 共感してもらえると嬉しいですが。 2016年08月05日 02:14
これは当時ちゃんと反省できずに今になって後悔している話。 ちなみに、毒親たちへの熱と怒りは時間を経て少し治まりました。 でも残ったのは「落胆」と「絶望」です。これは良かったのか・・・? 今思うとこれが母親と祖母の関係を悪化させたのかもしれない。 思い出した自分の醜態。 でもなるべくして成ったという感覚も邪魔しながら 「結局、俺が悪い」で終わる話。 小学生のとき、女の子を怪我させちゃったんです。 ひとつ年下で、集団登校の班が一緒の子でした。 喧嘩の原因はハッキリ覚えていません。 ただ、他の女の子のグループから何故か自分がちょっかいを受けて、 そのあしらい方に対して非難されたことだったと思います。 小6だったんで12歳だったかな~。 思春期真っ盛りで女の子への興味はあったけど、 この時はそうじゃなかった。とにかくイライラしてた。 こっちは被害者なのになんで責められないといけないのか・・・ そう思い詰めた自分は気がつけばその女の子に石を投げつけてた。 頭に当たって、コブができたらしい。 泣き崩れる女の子とその子を開放する友達。 思わず逃げてしまった自分。改めて思う、サイテーだ。 しばらくして、祖母が家にこもる僕のところに来て 僕は自白。女の子の家に謝りに行きました。 夜になって、母親が帰って来るなり事態を知り 母親と二人で謝りに行くことに。 帰り道、無言の母親。 無言のまま、静かに涙を流して泣いてました。 それから、母親と祖母の関係が悪く見えるようになりました。 もともと嫁・姑の関係はそれほどはよくなかった感じですが、 (祖母が幼少の僕に対して「アンタは私がずっと面倒見てきた」って  言うくらいですから・・・) 関係を悪化させる原因を作ったのは僕だったんですね。 僕は姉弟の中では地味に問題児でした。家のガラスは割るし照明は壊す。 忘れ物は多いしテレビゲームはすぐ止めないから母親が没収。 でもそれを見つけてこっそり遊ぶ自分。 多分、寂しかったんだと思います。 甘えたいのに甘えられず、逆に甘やかされる。 家にいながらストレスを感じていたのでしょう。 それでも「他人を傷つけない優しい子」だった僕が こんな事件を起こしてしまったことで何かが狂い始めたのかも・・・ そして、ココから、「自分はイイ子でいなければいけない」という 意識がさらに強まってしまいます。 追記 自分は幼少の頃から現実逃避が激しく、 親や家族に対して落胆し、その度に何らかの幻想を抱いていたのかもしれません。 人は完璧じゃありませんし、 「完璧じゃなくても最低○○くらいはするでしょう!」って怒っても、 それは所詮、自分の中のものさしでしかないわけです。 でも、「○○だったらよかったのに」とか 「あの人は○○すべきだったorすべきじゃなかった」ということが 過去を思い返すことで強く感じられてしまうのです。 今回の件に関して言えば ちゃんと説教されていればな・・・・・・なんて。 言い訳や自分の見解を綴っていますが、 結局、僕が悪いんです。 2016年08月05日 01:46
わかってはいました。 自分の親はそんなに毒親ではないかもしれない。 なんの変哲もない、普通の家庭なんだろうと。 他の方のを閲覧すると、 とてもそう感じさせられます。 罪悪感、 自分を甘やかしてるんじゃないかという情けなさ。 でもまあ その覚悟を持って このサイトを訪れたわけです。 私は、愛情に飢えています。 愛の感覚が本当にわかりません。 でも、 「お前のために言ってるんだ」的な そんな愛情は求めていません。 本で、ネットでちょっと調べました。 そして私はきっと、 アイデンティティを求めています。 おそらく??皆さんと同じく 「私は私らしく生きていいんだ」 という感動と何気ない幸せを この社会の中で感じたい。 「自分、バグってるんで何か変だったら許して♪」 とバリアを張りつつ、 よろしくお願いします。 2016年06月15日 08:50
幼い頃、幼稚園に通うようになったかなってないくらいのときに 「自慰」と「現実逃避」を覚えた私です。 けっこう、独りで遊ぶことが多かったらしいです。 母親は日中はたいてい家にはいませんし、 祖母は…推測ですが、あまり遊んでくれてなかった…… 今思えば、私のヒーローはナンチャラレンジャーとかではなく、 「作ってあそぼう!」のワクワクさんでした。 テレビをまねて工作をして、独りで…たまに弟と遊んだり、かな? あとは折り紙とか、ファミコンとか、ファミコンとか…… 友達はちゃんといましたが。 その頃からけっこうコミュ障だったのかもしれません。 幼稚園では体の大きな子によく泣かされました。 それ以前に、やんちゃな子は当時から苦手で嫌いでした。合わなかった。 でも母は「人見知りはしてなかった」と言いいます。 母や祖母の前では寂しくないフリで誤魔化していたんだと思います。 それと育児休暇をとった母親が家にいたのも大きかったでしょうか。 弟は母親によく甘えていました。 仕事に復帰した母に甘える弟。 夜は母とベッドで寝て抱きつく親子(母弟)を見る悔しさと虚しさ。 それよりも幼稚園に上がっても母親にくっつく弟に 嫌悪感を抱くようになりました。 今思えば、自分自身が母に同じようなことをした覚えが無かったし、 弟の影響で母を拒絶していた記憶があり、 今となっては母に申し訳ない気持ちよりも過去の自分に同情しています。 そして、姉のいじめが強くなりだしたのはこの頃から 姉も一緒だったんでしょうね…この頃は僕が犠牲者でした。 何が辛いって、上からは暴力と圧力、下は甘えん坊ですから、 逃げ場がありません。 おばあちゃんっ子の私は、 祖母に助けを求めたかった。でも、そんな時に限って 祖母がいなかったり、家事をしていたり、夕飯の準備をしていたり… 助けてほしくても助けてくれない。助かることはない。 そんな考えが生まれ始めました。 現実逃避も激しくなったりもしたような気がします。 そして、私の中に 父と姉は仲がいい、 母と弟は相思相愛、 祖母は私を可愛がってくれている。 という家族相関図が出来上がり始めます。 そして、現在はその相関図が出来上がってしまったことに とても後悔が生まれています。 …続かせてください。 追記 人の記憶は不確かなものです。 でも7割はノンフィクションだと信じています。 自分の心の問題を探るべく、無理やり昔を思い出したり、 過去に対する執着が強かったりあるんだと勝手に思っています。 だから乗り越えられないのでしょうけど。 2016年06月13日 00:44
「自分は今、余生を生きているんだ。」 そんなアイデアが四六時中頭を駆け巡ります。 仕事中も、一人でいる時も、誰かといる時も。 私の投稿をみる方にはきっと 私の倍以上の苦しみを味わった方もいらっしゃるでしょう。 私自身、勝手な思い込みも問題の一因だと思っていますので。 でも、私は私で苦しいんです。 多分、それほどでもなかった(はずだ)からこそ、余計に苦しいです。 私は姉と弟に挟まれ、窮屈な幼少時代を暮らしていました。 姉に苛められ、弟に母親を奪われ、そんな気持ちでいっぱいでした。 それよりも、母との心の距離が遠かった・・・ そんな気持ちで今は一杯です。 私が生まれた当時、家が貧乏だったらしく、 両親は共働きで、 母親は私がまだ赤ん坊でも育休を取らずに看護師として働いていました。 産休もしっかり取ったのか?それも不確かなくらい。 日中の母が帰ってくるまでの時間、 毎日の世話は祖母がしてくれていました。 両親はとても助かっていたそうです。 私は肌が弱く、オムツでかぶれることが度々あり 祖母は毎日 布オムツを洗ってくれていたそうです。 そのことには感謝でいっぱいです。 「三つ子の魂 百まで」という言葉がありますが、 この時から私と母の間には大きな心の距離があったように思います。 なんせ、現在も含め二人でいると気まずい空気が流れることが多かったからです。 4歳離れた弟が生まれた時、母は育休をとりました。 私はその時、母にちゃんと甘えられていたのか疑問です。 私は母と良好な関係を築けていたのだろうか... 私の記憶では、私は祖母にべったりでした。 姉と私は祖母の部屋に布団を敷いて寝たり、 親戚といろんな所に連れて行ってもらって… おそらくそれもあって、母の方が疎外感を感じていたのでしょうか? 私にとって、母は厳しい存在、それだけでした。 なんか、けっこう注意されたり叱られたりした記憶があります。 今思えば私にとって母は「父親のような存在」だったのでは…? そして恥ずかしながら、 この頃の私は「自慰」に目覚めました。 自慰といっても可愛いものです。 両親のベッドに横たわり、上半身をそっと触りながら 気持ちいい所を探して撫でる。 「私の今の姿は仮の姿で、  魔法使いがやって来て私は王子やお姫様になり  王国で幸せに暮らす…」 男の子なのにディズニー映画を 言葉通りVHSのテープが擦り切れるまで見ていた私は (というか、姉が見ていたのを横でずっと見ていた) そんな男離れ・現実離れした妄想をネタに快感を得ていました。 その時の虚しさから抜け出せないのでしょうか? 今も ・妄想癖 ・動画依存 ・性依存 に今も苦しんでいます。 2016年06月12日 18:55
ブログを全て表示

相談掲示板の投稿履歴

Re:両親が嫌い 2017年04月25日 18:33
Re:「愛着障害」とは 2017年01月18日 15:55
Re:深層心理 2017年01月10日 17:46
Re:「愛着障害」とは 2017年01月10日 15:52
Re:アンケート「家庭に対する満足度」 2016年12月28日 14:34
相談掲示板への投稿履歴を全て表示

話し相手募集の投稿履歴

少しでもいい 2016年06月12日 10:07
話し相手募集への投稿履歴を全て表示