相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ユーザー名 夢みる機械
プロフィール写真
夢みる機械
つぶやき
フォローの情報が非表示に設定されています
性別 男性  
生年月日 48歳
血液型 O型
趣味 映画・音楽・散歩・自炊・温泉
自己紹介 適応障害とうつ病の再発が重なり、現在も通院をしています。適応障害は落ち着きましたが、今はうつ病と不眠症で処方を受けています。

サイトの利用は主につぶやき中心で、内容は日常がメインです。
販売業出身なので話をすることは好きです。

ネットでの交流であれば性別年齢は気にしません。話が噛み合えばですが。相性が合わないと感じられたら、どうか気にせず終了してください。

私に関しては、プロフの項目をどうぞお読みください。

チャットは短文ではなく丁寧に長文で書くほうです。通話はゆったりと穏やかな話し方をします。ちなみにPC版のスカイプを交流用に持っています。


追記

自己診断で診察を受けてない方、短文過ぎる方、受け身の返事だけで会話にならない方、状態の変化が極端な方、プロフ未記載の方、(お互いに保証も確実性もないのに)最初から長く続く関係を希望される方はご遠慮頂けると幸いです。希死念慮・自傷・ODで苦しまれてる方とは、共感は出来ますが、交流となると難しいと思います。依存希望は拒否します。

追記2
サイトを利用するにあたって、ブロックは自分の基準に従って使います。以前なら管理人の対応で削除or退会処分されてるコメントが、今では残留するような状況なので積極的に使ってます。

また、辛さや苦しさに共感はしますが、それが感情任せの罵詈雑言になって、特定or不特定相手に向けて、思うだけならまだしも、発信する人には同情も許容もしません。本来ここはそういうサイトでなく、以前は適切に処断されてましたから。
職業就職活動停止中
身長183cm
体重90kg
足のサイズ29~30cm
髪型ショート
髪の色
瞳の色
体型体重が増えて、全体的に厚みが増した。
特技夢を夢と自覚しながら見て途中で起きることができる。またすぐ2度寝をすると続きを見ることが出来たりする。
自慢できること高いところの作業(周囲が便利に思うかなと)
チャームポイント以前言われたのは笑顔、アナウンサーみたいな声と褒められることはある
自分を動物に例えると例えではないけど、ペンギンになって静止芸を極めたい
似ている芸能人若い頃は、よゐこの有野、マギー審司に似てると言われた
持っている資格自動車免許&車なし
使っている携帯フィーチャーフォン最低料金プランの人。
好きなタイプ穏やかで柔らかい空気感を周囲に出せる 物事に対する感じ方や表現が素直で豊か 自然や文化、歴史が好き 
嫌いなタイプ何かを褒める時にわざわざ他方を貶める 日本語が汚い 目元の化粧が濃い 自称「私は結構ハッキリ言うタイプです」自己本位な人 @メンタルで何か起きるとつぶやきでチクる人=周囲に陰口しそうなタイプでお断り
好きな言葉女性の明るい「うん」の一言 嫌いなのはSNSだと平気で過激な発言や罵詈雑言を書く裏表のある人
好きな食べ物麺類(特にラーメン)
嫌いな食べ物品がなく甘ったるい食べ物
好きな飲み物コーヒー 紅茶 炭酸水
嫌いな飲み物品がなく甘ったるい飲み物
好きな教科文系
嫌いな教科理系
好きなアーティスト平沢進
好きな芸能人15年以上TVを観ていません(押入れの中)
好きなテレビ番組宇宙や自然、歴史を扱ったNHKとかでやるようなドキュメント系
好きな映画「アマデウス」「生きてこそ」「ゴッドファーザー」「アポロ13」「ベン・ハー」「スターウォーズ」
好きな本椎名誠の本(独特な言葉の表現がクセになりました)
好きな漫画ARIA バスタード 横山三国志
好きな音楽平沢進 George Michael 1980年前後のHR&HM
好きな色黒 ベージュ 青 白
好きなゲームSteamゲームいろいろ
好きなスポーツ野球 F1
好きな動物プレーリードッグ(飼っていたことがある)
好きな場所山が見える自然豊かな場所
将来の夢穏やかな暮らしでしょうか
休日の過ごし方部屋で過ごすか、近所への散歩
今欲しいもの原付(手軽な短~中距離移動手段として)
今行きたいところ山に囲まれた温泉 夢はルーブル美術館や世界遺産観光
今やりたいこと近所の観光地巡り
よく遊ぶところ善光寺へ散歩に行くこと。映画館が近いので映画鑑賞。
幸せを感じる瞬間視点や感じ方を変えることで、日常の様々な場面で幸せを見つけられると思う。要は自分次第。
最近一番感動したことUstreamの「国際宇宙ステーションからの地球のライブ配信」 地球の美しさ、暗闇から太陽の光が差し込んでくる夜明けのシーンなどは、本当に感動的です。
最近のマイブームカレーダイエット
生まれ変わったらペンギンになって静止芸を極める
疑問に思っている事つぶやきでブロックされたことを書いて他のユーザーに周知すること
何フェチ?ここには書かない
ここだけの話外見も大事。何故なら見た目は内面の一番表面にある。
つぶやきの頻度サイトを訪問して、気が向いたら&ネタがあったら
主につぶやく内容ささやかな日常の出来事
居住地長野県北信 基本情報に居住地表示されないのでこっちで
住所履歴東京・埼玉・茨城・長野 (引越し人生です)
職歴販売業(デパートやホームセンターなど)旅館業
家族構成5人家族(3兄弟の末っ子)
結婚暦独身(バツ1&子なし)
ささやかな贅沢週1回のラーメン大盛りトッピング乗せ
マニアックな趣味自作パソコン&PC音楽再生環境
宝くじ当たったら別荘を購入して隠居生活&趣味全開の部屋を作る(ホームシアターとか)
声質低め (美川憲一のモノマネが得意な声質)
人から言われたキャラ「おとうさん」みたい (パパとか親父という感じではなく)
その他趣味と実益で毎日何かしらの自炊をしている
その他2過去にニコ生の生主をしていた
自己分析理屈っぽいところがあるけど、感情的でもある。感受性が強いけど、鈍感でもある。「こうありたい、こうであるべき」などといった様々な考え方や思いに沿って生きているが、自身の行動や内面と矛盾を生む事がある。リスクや失敗に対してナーバスだけど、詰めが甘いところがある。
幸せの考え方幸せは「得る」&「なる」ものというより「見つけたり、気がついたり、自分次第」なものだと思ってる
世間に一言人それぞれと言いながらも、他方では他人の在り方に対して自分の正義をぶつけたり正しさや完璧さを求める矛盾した風潮に嘆かわしいものを感じます。自らを生き辛くするある種の潔癖症だらけの狂った世界になっていきそうで残念です。
アクセス環境
アクセス数
今日
1
昨日
0
トータル
2,334

つぶやきの投稿履歴

今日20日の満月は「ハンターズムーン」プレデターの出番かもしれない。 2021年10月20日 19:18
最低気温が一桁に突入したけど、布団が幸せな季節になったとも言える。毛布に包まれてぬくぬくする心地良さも最高。季節の変わり目だから寒く感じるけど、本格的な冬になったら、今の気温は暖かすぎる程度のもの。早く体が慣れるといいなあ。 2021年10月18日 22:25
今夜は、おでんです。この日の為に用意しておいた具材に、ようやく出番がやってきました。具材が減ったらうどんを入れて食べます。出汁がしみ込んだうどんが美味いのなんの。寒い季節の幸せですね。 2021年10月17日 20:19
交流鯖の大半は眠りにつき、一部だけが静かに活動してる穏やかな夜。 私個人は寝ることなく夜を過ごしています。特に何かをするわけでもなく。 今は寝る度に体調不良になるので、生活リズムの安定など夢のまた夢です。 幾らか体調がマシになる夜だけが少しだけリラックスできる時間になってます。 安眠さえ出来れば。今願うはただその1つだけです。来週が待ち遠しいですね。 2021年10月09日 03:35
悲しいなぁ・・寂しいなぁ・・ すぎやまこういち先生、ありがとうございました。心からご冥福をお祈り致します。 ドラクエが誕生したのは、私が中学1年生の時だった。当時はファミコンの誕生で子供の遊び方が大きく変化した。新作や人気ソフトを持つ人は人気者になれた。皆で家に遊びに行った。 ドラクエでRPGを知った。冒険物語にワクワクしたなぁ。BGMに興奮したりドキドキしたなぁ。青春の思い出の1つでした。 2021年10月07日 19:17
つぶやきを全て表示

ブログの投稿履歴

以前の「ガチャ論争」ブログでは、己を誇示する割に読解力がなく、プライドの高い人に絡まれたものの、管理人の介入で気が付けば本文以外のやり取りが全消去される裁定が下されました。 何に固執するか、何を支えとして自己を維持するかは、それぞれの人生の過程で生まれた大きな差異の1つでしょう。それは一定の年齢に達した人にとっては、大切な基盤だと思います。 何故なら、そこには多大な犠牲と努力が払われており、更には環境的な要因も含まれていて、正にアインデンティティーだからだと思うからです。 ただし、それは己に向けてのものであるべきであり、内容への根拠として用いるしても、センスが問われる部分なのです。誇示したり、今でいうマウント的な振る舞いに用いるのは何とも嘆かわしく愚かしいことです。 そも、その様な人が何故ここにいて、格下相手に何をしているのか。そこが大変面白かった点とも言えましたね。 さて「複雑性PTSD」が話題になりました。1人の人間でありながらも、特殊な環境で生まれ育ち、様々なニュースなどでの取り上げ、それに対する大勢のコメントに精神的なトラウマのようなものを持つに至ったのは想像できます。 ただ、同じく多くのコメントにあったように、タイミングが最悪でした。最大の山場を迎える前に発表されたそれは、事実であり因果関係があったとしても、拒否とも責任転嫁とも取れなくもない反論のようにも受け取られました。 これと似たことは、テニス選手の「うつ病」の告白にも感じられました。問題と議論を巻き起こしてから発表されたそれは、一定の同情を得ると共に、病気を盾にする行動と受け取る人がいました。 両者は、様々な出来事を通じて精神的に辛かっただろうとは思います。ただし、後出しじゃんけんでもあります。発表のタイミングがなかったからと理解もできますが、それでも火に油を注ぐ結果にも繋がったのは事実です。 社会正義戦士のエサになったことには同情します。 1つ忘れてはいけないのは、事実だとしても病気は免罪符ではないということです。反論や批判を封じ込める手段ではありません。ネット記事で、とある精神科医が所見を述べてました。 「複雑性PTSDの苛烈さと治療の難しさからして、その診断には疑問が残る。環境の変化だけで改善するというなら適応障害が妥当ではないか」 というものでした。私も同感でした。複雑性PTSDを軽く見てるような気がしてなりませんでした。一生まともな生活を送ることができない患者も多く存在するのが「複雑性PTSD」だとも述べてました。個人差は当然ありますが。 病人を更に批判したり追い詰めることは、人としてのモラルに訴えかけやすい側面があります。精神障害者の場合、危険が更に高まるというのも見過ごしてはいけないでしょう。でも、タイミングが悪すぎました。憶測を容易にしやすい内容だったのも、担当者の判断力に疑いを持たざるを得ません。 とはいえ、多くの攻撃的なコメントをしてる歪んだ社会正義戦士達は、最悪の事態が起きても「自業自得」ときっと言うのでしょうね。または日和って、同情論の逆説へ逃げるかもしれません。ネットは使い方次第で立派な暴力です。 私個人としても、言いたいことは山ほどあります。でも、それらを飲み込んだ上で、あえて1つだけ口にするとしたら 「さっさと終わらせて海外へ行き、表舞台に現れずニュースからも消え去ってくれ」 これに尽きます。この期に及んで税金だとか存在としての権利と義務だとかは、もうどうでもいいです。もちろん、今後の在り方への議論は続くかもしれませんが。それにしたって、相変わらずの日本のメディアの外道さを含め、本当に目障りでしかない日々でした。 そうした点が理由の1つとなって、10数年前に私はテレビを捨てました。ネット記事も最近はあまり見ないようになったのです。 2021年10月02日 16:57
「後悔はするものではなく、なくす為にある」 個人的には目から鱗な考え方だった。その言葉の前後の話からも得るものは多かった。綺麗事に聞こえるかもしれない。既にしている後悔には有効ではないかもしれない。でも、生き方の考え方としては、素直に頷けるものだった。 生きていく中で後に後悔することは必ずある。例えば「あの時にこうしていれば」と思ったことを私は何度も経験してきた。 でも、振り返ると、後悔しなかったこともあった。大病を患った母と同居して通院から生活などを24時間体制で介護していた時だった。幸いにあの頃の私は寛解に近かったので、自分が出来る全力で母を救うべく頑張った。 実は最初から原発性肺がんの末期と全員知っていたので、生存の可能性は0に近く、奇跡がない限り、何をしても無駄な抵抗でもあったのだが。 ほぼ医者の予想通りの余命で母は旅立った。最期の自然喘鳴の処置も機器操作から全て自分が行った。自然喘鳴とは肺に水が溜まって泡となり、気管から喉の入り口までせり上がっていき、やがては急性呼吸不全。つまり窒息死することをいう。終わりの始まりだ。 途中までは、呼吸を妨げる泡の吸引処置を文字通り懸命に行った。医療用モルヒネの濃度をあげて、強制的に意識を落としたことで静かに眠る母親が、処置中に一瞬だけピクッと動いたが、「痛いよなごめん」と謝りながら続けた。 そして数時間後に自らの意思で処置の頻度を下げた。本当の無駄を悟った。やれることはモルヒネの濃度を更に上げる緊急措置だけだった。決して意識が戻らないように。そして、突然に布団をかすかに上下させる呼吸の動きが止まった。 葬儀とその後の私は、意外と結果を淡々と受け止めていた。自分なりに「やれることはやった」と思ったからだ。そして不思議と後悔は生まれなかった。 きっと、後悔をなくせたのだと思う。 病気が発覚する前までについては、たくさんの後悔がある。感謝したかった事、謝りたかったこと、やりたかったことなど。 この違いは何か。最初の言葉を借りれば、後悔をなくす為にやれることを精一杯頑張ったからだろう。既に後悔していることは仕方がない。後悔を後悔と思わない日が来るまで心のどこかにしまっておくしかない。 でも、これからなら未然に防ぐことが出来るかもしれない。上手くいかないこともあるだろうけど、後悔をしなくて済むようにできる機会も増えるはずだ。 結論としては、自分で自分を肯定してあげられるように生きることが1つなんだろうな。 2021年09月28日 01:02
親ガチャ論争が拡大してるけど、やはり私個人としては吐き気がすることに変わりないし否定する。論争拡大で使うことに躊躇いが起きれば歓迎するね。 松本人志が「元は軽い気持ちで愚痴りたいから始まったのがややこしくなっていった」と述べたけど、そもそも愚痴るにも言葉を選べという話に尽きる。言葉を軽んじ過ぎだ。面白い云々で語るのも芸人だからといえセンスがない。それに、世間からすれば当たりSSRかURガチャの親が言ってるわけだよ? それに彼は当たり障りのない言葉に逃げたのかもしれないが、言葉は使う人の様々に違う環境を内包して拡大していくものだ。始まりがそうでも、その後の過程で本当に心の底から思う人が加わって、そこには真剣に対処すべき問題と、論外として取り扱う必要がない問題とに大きく分かれていく。 マスコミが取り上げてヒートアップした感はあるが、そうではなく、大人がややこしくしたのでもなく、そもそもの問題が流行を通じて再び顕在化したと言うべきだった。 人気有名人と言えど1人の人間だ。影響力はあっても、それだけでしかない。彼の言葉に「正論だな」「よく言ってくれた」と思う人は、まさに「自分にとって耳触りの良いことを言ってくれた人だけを歓迎する、ずるい人間だと言える。 10代の、キャッチーな流行りワードで言葉遊びしたい年頃なら、親に頼らざるを得ない部分が大きい為にそうした気持ちを強く持つのはまだ分かる。でも就職して独り立ちしてある程度過ぎたら、止めるべきだし恥ずかしいと思うべきだよ。 就職して「〇〇ハラ」だとか、自分の自由時間がとか、人間付き合いが面倒とか、様々なことに対して「ウザい」「キモい」と言う若い世代が増えたけど、親はどんな思いがあろうと、子供、家族の為にと出来る限りで頑張ってきたわけだ。 DV、虐待、障害を持つ人に関しては別物だ。親が努力をしない極端な経済的ハンデも同様だと思う。 にしても、一般的な経済力、そして能力的な遺伝要素へ不満を抱いて、更には一方的に親のせいだけにすることは少しどうかと思う。そこまで酷い人はいないと信じたい。 しかも、何であれ、当たりでもハズレでも、自分で選ぶ余地が一切ない人生だったとでも言うのだろうか?  現在。親世代の中には複雑な、そして悲しい気持ちになってる人がいると思う。自分の子から直接言われてないにしても、いや言われたら悲劇でしかないが、やはり切なくやり切れない思いのはずだ。 今の親には結構な割合で、氷河期第一世代か、バブル末期に入社して後に崩壊した世代なんだけどね。言い訳ではないが、能力主義と言う名のリストラが始まり、勝ち組負け組という言葉が使われだし、格差拡大の初期世代でもある。 愚痴りたい気持ちはわかるよ。家族と言えど突き詰めれば他人だ。不満もあれば文句の1つも言いたくなる。でも軽い気持ちだとしても使ってはいけない言葉はある。胸にしまっておくべきものがね。それ以前に、軽い気持ちほど怖いものはないこともある。 彼らはSNSに毒され過ぎだよ。それにSNSは承認欲求を余計にこじらせる要素がある。彼らの多くには精神的暴力の自覚があまりない。言葉の重みはリアルでもネットでも同じことで、人としての在り方に通ずる。それに言葉は出した瞬間に確定するものだよ。 そうした気づきをいつ得るか。ネットリンチでも問題化してから「そのつもりはなかった」がどれだけあったことか。例えば誹謗中傷で自殺に追い込んだ例を忘れたのか。言葉は時に暴力なんだよ。 どの家庭だって、恵まれた点と恵まれなかった点が混在している。隣の芝生は青い。無いものねだりとまでは言わない。でも言葉には少し慎重にならないとね。親ガチャは該当しないだろうけど、SNSでの罰則化がされるのにも訳があるのだから。 もちろん、SNS=悪とまでは言わない。SNSのお陰で、これまで潜在的なものとして封殺されていた家庭内での虐待や他様々なトラブルが暴かれやすくなったのも事実だ。そして、それまでは世間に伝えられなかった想いが届けやすくなったのもまたある。 話題が飛ぶけど、学校教育でSNSや他の媒体での功罪含めた教育をしっかり取り組んでいくべきだと私は思うな。何故なら、これは道徳の領域に属すると思うから。 反抗期が良い例だが、親と子はある意味で対立というか、それぞれの立場から思うところはあって然りだと私は思う。だからこそ、家庭でも学校でも、足並みを揃えた親と子の両方の学びの機会を作るべきだよ。 今回の論争は不毛なものかもしれない。でも避けては通れないものでもある。それは時代が違えども、そうした問題自体はいつもあったわけだから。 私は以前に、親ガチャと安易に使って発散する者は、将来子供を持つべきではない。言葉は自分に跳ね返るもの。自分が親になった時に、自分が感じた不満の全てを子に与えない絶対的革新と保証がない限り、と書いた。 でも、それは現在既に深刻な子供の減少を後押しする思想になってしまう。正直なところ、家庭が均等なレベルで子供に環境を与えられることなど絶対にない。「他所は他所、家は家」は永遠に繰り返される。だから親ガチャに続く言葉は今後も生まれ続けるだろう。 ただ、前向きな事を書くなら、自分の子に「親ガチャ当たった」と思ってもらえるように頑張ることだ。仕事に家事に育児に協力し合って、必要なものを足る人生を歩ませてあげようと、親の務めを果たすしかない。 今回の件にどう向き合っていくべきか。まず思想と言論には自由がある。しかし、常識や道徳も同時にある。今回の論争は、言葉のチョイスがまず不快ではあるが、その根底に対してどうしていくべきかを考える良い機会の1つになって欲しい、と私は思っている。 最後に 考えること、思うことは自由だし大切なことだよ。でもね、それを発言したり発信したりする前に、1回深呼吸をしたり、少し時間を空けてからでも遅くはない。 追記 誤字に対して加筆修正。 追記2 よくありそうな問題を1つ1つ考える Q:虐待、DV、障害 A:適切な保護、そして継続的なケアがなされることただただ願う Q:貧しい A:高校すらいけないなら同情するが大学なら奨学金でも使え   奨学金の用途はその為でもあるから言い訳にならない   学歴社会は残ってるが、人生決まる程必須ではない Q:親の低学歴馬鹿が遺伝して自分も馬鹿 A:人のせいにせず勉強しろ、足りないなら時間を犠牲にして補え Q:親が高収入高学歴で東大行ってる人はSSR引いた A:親も多大な努力をした結果の先に努力で手にした環境   子も自ら望んだか親の希望に従って頑張った結果   羨ましいなら自分がその親になれるよう必死に勉強しろ Q:しつけ、小言がうるさい A:論外、自由の為の義務を果たせ、家庭はそれぞれ違う   同じ過程を踏んでも結果が異なるものだ   得られる環境、手にした手段でどうにかするしかないんだよ Q:流行り言葉に何を言ってる A:それが不適切だからだ、何を言っても自由だとか   自分は問題ないと思うからOKという思考がそもそも子供のそれ 全体的に自分を棚に上げた言い訳にしか聞こえない。仕事のせいで自分の時間が足りなくて不満、給料低くて不満、会社付き合いが面倒で不満、(犯罪行為以外の)〇〇ハラで不満。不満不満不満と文句ばかり言いたがる人が使ってる印象しかない。社畜とか言うけど、わがままで欲望だけ膨らませた若い子が増えただけ。 自分の心身を大切にすることは大事。でも何事もギブアンドテイクであることを無視して、権利だけ主張するようなことがないよう、物事や他者と何かを通じて折り合いをつけていくべきだよ。そうしないと自分が壊れるし、孤独にしかならない。 2021年09月20日 21:42
「喫煙者が居場所を失い、精神的苦痛を被ったのは違憲」 (私のブログは毎回長文なので嫌な人は回れ右でお願いします) これが訴訟の要点なのだけど、流石に無理があるなあ。私自身も喫煙するので、気持ちとしては同情するけどもね。正直なところ、原告も勝てると踏んで訴訟したわけではないと思いたいところ。何かしらの試金石にしたいのではなかろうか。とはいえ、現代においては現実的ではないのもまた事実じゃないかな。正直、すぐに何かへ繋がるとは思えない。 改正健康増進法によって、飲食店での禁煙がほぼ不可能になったけど、これに関しては私もそれで良いと思う。原則全面禁煙の方が受動喫煙にしても臭いにしても問題を起こすことを避けられる。先日だったか、喫煙者用の喫茶店がオープンした記事を読んだ。この様に明確に区切れば良い。 それよりもだけど、愛煙家と嫌煙家という呼び方をそろそろ止めてみてはどうだろうか。この分け方が、既に争いを生むような気がしてならない。お菓子の「きのこたけのこ戦争」みたいなネタならともかく、個人の嗜好や健康の問題にわざわざ無用に争いを持ち込むのは好ましくない。 私自身は、今の生活だと自宅で吸うのがほとんどだ。極まれに外で吸う時は必ず喫煙場所で吸っている。その範囲を超えることはやらない。でも、割合はわからないけど、歩きタバコをする人は地元でもたまに見かける。ネットで見ると、喫煙所があってもマナーがしっかりしてるかというと、そうではないケースが多く見られるらしい。 自ら首を絞める行為をしてるのだから、社会から厳しい目を向けられるのは当然だと思う。例え、それが一部であってもだ。 この辺は他の様々なことにおいても同じことだと思う。いわゆる撮り鉄と呼ばれる人達の一部の暴走のせいで、マナーを守って撮影してる人も含めて扱われてしまっている。 一部の酔っぱらいが駅のホームで吐いたり、大声で騒いだり、更にはケンカをしてしうまったりするせいで、酒飲みに白い目を向ける人が生まれたり、酒を飲む行為自体が嫌いになったりする人が生まれたりするようなものだ。 この「一部が全部」の視点で論じてしまうことは、本来危ういものだけど、不快やリスクを感じる人にとっては、同一視せざるを得ない気持ちがあるのも理解できる。何とも難しいとこだね。 そういえば、偶然にも昨日訪問看護で「タバコ吸うんですね」と突然に言われた。自分はタバコを置いてあるとこが見えたのかと思って「見えました?」と返すと、「臭いがしたので」と答えた。 それでタバコの話になったのだけど、相手は「タバコを吸う人には見えなかった」と言ってきた。「そうですか」と返せば済む話だけど、この見解って非常に偏見だなと思った。何故なら、言い換えれば「いかにも吸いそうな人」のイメージを持っているからだ。どういう人が吸いそうだと思えるのかな?とも捉えられなくもない。 見えなかった人(私)が吸ってたことを取り上げて驚かれても困る。 話の中で、やはりというか偏見のある言葉が出たので、私は「それは色眼鏡で見過ぎです」と返した。悲しい限りだった。 タバコのにおいを嫌い、受動喫煙を憎むのは構わない。至極正しい。でも、少々飛躍するけど、吸う人の人格を否定するような発言をするのは間違っている。実際、ネットの論戦?で熱くなった人からよく見られる。何様な話であるし、それこそ上で書いた「一部が全部」の危うさがモロに出てる。 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い こうなったら、人間お終いだよ。別に私個人としては、権利を主張したり、ある程度の歩み寄りを求めようとは思ってない。ただ、可能な住みわけが出来る世の中になって欲しいとだけは思う。具体的に、何をどうのという考えはまだ自分にはないけどね。 10月にタバコの増税がまた実施される。何度目かなど数えたこともない。タバコは理想的な課税対象だからなあ。世間の賛同を得やすい増税など、そうそうないものだ。イジメが唯一容認されるものかもしれないな。 昔、宮澤喜一という政治家がいた。彼が言った言葉に「嗜好品は(増税を)お願いをしやすい」というのがあった。これに端を発して、酒とたばこの増税が一気に加速しだした記憶がある。 これにより、例えば街の酒屋さんから彼は憎き政治家として覚えられている。私もこの政治家を心の底から許さない。 前から個人的に思う増税案がある。それは「砂糖税」だ。糖類の取り過ぎも健康には非常に良くない。何よりも太るし、栄養バランスも何もない。糖度で考えるか、含有率で考えるか、純粋にグラム数で考えるかはさて置き、是非とも導入して欲しい。調味料関係などは除くでもいいね。飲料水や菓子類だけに絞ってもいい。 何故なら、「タバコは健康に悪く保険診療費の増大を将来に生む恐れが高い」という主張に沿って提案するものだからだ。それに甘味も嗜好品の一種と捉えられなくもない。甘味は癒しであり生活に欠かせない一部かもしれないけど、それは他の嗜好品を嗜む人と同じ論理だからね。 個人的には賛成だ。食べたいならタバコと同様に素直に税金を払うよ。 増税されるだけで食べられなくなるわけではない。「嫌なら止めろ」という意見にも合致する。折しもコロナ禍で、将来の増税待ったなしな空気があるのだから、ご検討頂きたい。 最後になるけど、改めて思うのは、近い将来に適切な住み分け、と歩み寄りができることを心から願っている。無論、喫煙する側がルールをしっかりと守るのが前提になるだろうけど、そう願わずにはいられない。 上にも書いたけど、唯一世間に容認されるイジメみたいな増税だが、仕方ないとも思ってはいる。とはいえ、たばこ税には、一定の税収を確保する為に、喫煙者数が減ると増税して維持しているみたいな感じはある。ただし、やり過ぎると、その先に待っているのは、他へと増税が流れていく自明の理が待っている。 色々書いてきたけど、この一点だけは意見が一致するかもしれないね。皆が思っていることだと私は思うから。 節税せずに増税するのはやめろ! 2021年09月11日 19:51
ネットで、こんな記事を見て絶句した。 完全に私がダメな母親なんだけど。 既製品の弁当食べさせてるって言ったら保育園にながーーーーいお話された。 萎え。 米で薄めてるって言ったら、それは炭水化物摂りすぎだからダメ。って。 はぁ!! 作れと!! 作らなくてすみませんでしたね!! 嫌だよ毎日3食手作りとかレシピ考える所でいつも力尽きてるんだよ昼飯食べたらもう夕飯の事考えるのとかほんと鬱おぶ鬱なんだよ 主婦向いてないの分かってるよどうすりゃいいんだよ、子供手放すのが正解だな、そうだな、そうしかないなうわぁぁぁぁああああんんんんん アカウント情報を見ると、この女性はバツイチでアラサー、夫婦でゲームオタク、重度のSNS、不妊治療。 突っ込みどころが多過ぎる。というより、虐待に近いものを感じる。向いてない自覚があって、何で不妊治療を選択して生んだ。いや、生むのは良いし、向いてないのも良いとしても、妊娠が発覚したら少しずつ出来る挑戦を何故しなかった。 1歳児にコンビニ弁当を食べさせてる?本当にありえない。 そもそも、大人ですらコンビニ弁当で偏ったら体に良くないのにだ。 夫婦揃って家事の能力と意識が低く、自分がダメと認め、いや予防線を張ってから、文句と開き直り、そして物のように子を放棄するかのような発言。 釣り針のデカい構ってちゃんだとしても、弁当の話は事実とするなら、子供がとても不幸で悲しい。 一歩譲って、母親自身もまともな食環境で育ってなかったことで苦労や迷いがある可能性も考えられる。でも、大変なら、それなりに専門食品を購入すればいいじゃないか。その上で、少しずつ自分の範囲を広げてけばいい。 結局は、自分が育った環境と、その後の生活の仕方が、自分の子供の環境に繋がっていく。負の連鎖が起きやすい。 出来る出来ない、得意不得意は誰でもある。でも、それぞれなりに努力していればそれで良い。ただし、守るべき前提がそれより低くあってはいけないんだよ。 この記事を読んで、私がいかに恵まれた環境で育てられたかを改めて認識できた。時代の背景の違いはあれども、父親の食の好みの影響があったとしても、私の母親は毎回の食事も、弁当もしっかりと手作りで用意してくれた。 最初は専業主婦で、そして中学生の頃から、家庭事情もあって保険の仕事をしながらという大変な中でも、全部しっかり家事をしてくれた。 私は21歳で一人暮らしを開始して、それ以降、結婚してた時期も含めて、ずっと自炊メインの生活をしてきた。作る大変さも、面倒なのも人一倍理解してるつもりだ。作ってもらえるありがたさも身に染みてわかる。 本来は、受けていた当たり前に感じてたことを、いざ自分で実行した時に、それがいかに「当たり前でない大変な事だったか」というのを人はいつかは知るものだと私は思う。 この1歳児は既に不幸な環境にある。でも、不幸中の幸いなことに、まだ1歳であること。そして、まだ変えられるし、始まったばかりだということ。 1歳だから記憶には残らない。記憶に残る家庭の光景が、コンビニ弁当や総菜だけが並ぶ食卓にならないように願いたい。例え、それを囲む光景が幸せなものだったとしても、食育としては不幸なことかもしれないのだから。 確かに毎食のメニューを考えるのは大変だ。私は、母が末期がんで闘病に入る時に、母と同居して家事を含め様々な介護をしたことがあった。毎食のメニューと栄養を考えて、どうにか母をという思いで1年ほどやった。 相手がいるからこそ頑張れたと思う。大切であればある程にそれは大きくなる。不器用でも、栄養バランスが十分でなくても、頑張っていけば、それが家族の食卓になる。 記憶に残る家族の光景。受け継がれていく食育という考え。いかに時代が変わろうと、食事の水準や調理の工程が変わろうと、この2つは変わらず大切なものであって欲しい。 だって、人生において、家庭はとても大切で大きなものなのだから。もちろん、良くも悪くもではあるし、人それぞれに育った背景から思うところに違いはあるけどもね。 2021年09月08日 17:57
ブログを全て表示

話し相手募集の投稿履歴

Re:@メンタル利用者専用の交流サーバー 2021年10月23日 15:38
Re:@メンタル利用者専用の交流サーバー 2021年10月20日 21:54
Re:@メンタル利用者専用の交流サーバー 2021年10月19日 22:11
@メンタル利用者専用の交流サーバー 2021年10月18日 21:44
それぞれのペースも大事に(深夜もOKです) 2021年08月10日 19:01
話し相手募集への投稿履歴を全て表示

写真の投稿履歴

写真を全て表示
文字色や背景画像などをカスタマイズしてプロフが作れる@トリセツ(姉妹サイト)で作成されたプロフを使っています。
ふーさんさんのトリセツ