相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

えれんさんのブログ

女性 えれん
26歳
iPad 2021年7月20日(火) 22:30

社会不適合者のいき方がわからない はぁ…もう自分が社会不適合者すぎて〇のうかしら。
思いっきりリスカしても〇ねないからどうしよ。
つーか前回した時、思い切りくぱー&じゃーしてとんでもないことになったから辞めとこ(やるなら少しだけ浅くする)
無能えれんさん。生きてる価値すらないなw
フラバこえーよ。さっさと死にてぇ

最近また病みだした。
なんでいつもこうなるんだ。
親に言ってもまともに相手してくれないし、なんなら[同じことを何度も繰り返す痴呆老人]のような扱いだし。
社会不適合者でも生きられる方法が知りたい。
毎日頭痛と腹痛が起こって不快感がすごい。
胃が荒れることも多い。

また今までにやられた事が脳裏よぎってとんでもなくつらくてかなしい。そしてくやしい。
こんな人生しか生きられないなら要らんよな。
野口の言葉を引用するなら「えれんちゃんのお母さんは…ちょっと年取ってえれんちゃん産んでるから…ほら、その…まともな…ちゃんとした…ね?そんな感じになっちゃうからさ、子どもがね?」って事なんだろうな。
まあこの発言、元々は子なしの私に対して言われた言葉なんだけどね。
(要するに某歌手が炎上したような、「羊〇が腐る」というニュアンス)
……いやまって、野口がばかたりん産んだのもそのくらいの年だったような…
というかうちの親と同い歳で娘のばかたりんが私の一個下…あっ(察し)
ということで野口に復讐してる。悪い事だけど。でもそうでもしないと私の怒りのやりようがない。
やられっぱなしはもう嫌だ。
小心者でビビりだけど頑張る。
何してるかは消されそうだからここでは言わない。

段々記憶が薄れていってはいるけど、それでも小中学校の近くの道を通ると動悸がする。私の脳髄が、嫌な手に引っ張られて闇に落ちるような、そんな感じになる。
それに同級生をたまーに見かけると、具合が悪くなる…程度に収まった(昔は過呼吸起こしてうずくまって動けなかった)

どうにかしたい。
いくらちょっとずつ良くなってきてるかもしれないとはいえ、やっぱり1人の時とかふとした時とか寝る時に、今まで自分が恥ずかしい、屈辱的なことを受けた時のことを思い出して具合が悪くなっていく。おまけに1つ出たらどんどん数珠つなぎのようにポンポン思い出してほんとうにつらい。
「相手に何いったって無駄だからあなた自身が変わるしかない」という言葉が嫌い。
何で私が相手のために性格も趣味思考すら歪めて行動しなければならないの
それ高校生の時にやって5月で無理が祟ってぶっ壊したぞ。インチキじゃんね。

なんで私はまともに生まれなかったんだろう。
人と関わりたくない社会不適合者として生を受けて、何も楽しくない。
誰も何も助けてくれないし、傍観…観察の対象とされるだけ。
こんなことなら〇産や〇絶で死んだ方がよかった。
どうせ私のこと「何の生産性もない、〇む機械にすらなれない破棄物」くらいに思ってるんでしょうね。

落ちてる今だから言うけど、〇ぬなら今が良いんだよね。しないと思うけど。
だって貯金もうないもんw
親に貸したり兄弟の学費を立て替えたり、あとは自分で好き放題使ったしね。
(そういえばここのサイトで知り合ったヒモ男に騙されて貢いでたな、十数万。騙されてたとはいえ恥ずかしいが)
親の「お金貸して」が社会人になった妹にシフトチェンジした。
ライフラインは止まったことないけど、支払い忘れで携帯とネットは2ヶ月連続で止められてたしな。今日ようやっと1日ぶりにネットできた。

私がおかしいのか、それともあいつが虚言なのか。
私が正しいに決まっている。
なのに上司はあいつの方を信じている。私に事実確認もせずに。
それならあいつのほうが正しいと、真実というなら私は何だろう。
そうやって虚言をいわれて無実の罪を着せられて。

部屋を締め出されたこともある。
「問題が解決するまで部屋に入ってくるな。」
問題を抱えたまま外に出される。昼過ぎから夕方にさしかかろうとしていた。
じんわりと空が淡いピンク色に染まっていく。
4月の頭とはいえ、とても寒い。
5分…10分と時間が過ぎていく。
そして30分が過ぎた頃。風も冷たく鋭くなっていく。流石にここに長時間いられない。なぜならその場にいるのは私だけではないから。
部屋に戻る。
私の抱えた問題を見てゲンゴロウはため息をつく。
「なんだ、まだ解決してないじゃん。もっかい外行ってきて。」
案の定風より冷たくて鋭い視線が私を突き刺す。
でももう外も暗くなってきているので外に出るわけにもいかない。
私は別部屋に移動し、解決しない問題を抱えたまま長い時を過ごした。

私は生きてて良いのかな。

このブログへのコメント