相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

優夜さんのブログ

男性 優夜
49歳
PC 2020年11月20日(金) 20:03

なかなか難しいこと このサイトにも「話し相手募集掲示板」があるが、話し相手を探すのはとても難しい。
話し相手は、お互いに気が合ってこそ成り立つもの。ある人が募集しても、望むような人が応募してくるとは限らない。むしろその確率は低いような気がする。それで私は、ここでは「話し相手募集」をすることも、募集に応じてメッセージを送ることもためらっている。

メッセージを送る側は、相手を選んで送る。でも、募集するほうは、どんな人が応じてくれるか分からない。「こういう人を」と条件を書いていても、全くあてはまらない人が来るかもしれないし、書いてある条件には一応あてはまっても、気持ちでは論外の場合もあるだろう。

私の場合、仮に募集したとして、話してみようという気になれない人からメッセージがきた時のことを考える。その人は私に友好的な気持ちを持ってメッセージを送ってくれたのに、募集した私が拒否することになってしまう。それは相手を傷つけるようで、募集を躊躇してしまう。

逆に応募ならどうか。私は、「この人となら話してみたい」と思うからメッセージを送るわけだが、相手にとっては私が論外ということもある。そうすると、上に書いた、私が募集するときの悩みを相手にさせることになる。あるいは、論外の相手(私)からメッセージが届くこと自体が不快かもしれず、それを考えると応募しにくい。

そういうわけで、私は募集も応募もしていない。IDを作った直後に応募するほうはやったことがあるが、それ以後はやっていない。

誰かとメッセージのやりとりをすることはある。そのケースは、いいねをしたり、コメントをしたりして、お互いに話し相手になれそうな感触をつかんだ後に、メッセージに進んでいる。でも、それだけのプロセスを経ても、なかなか長くは続かない。

こんなふうに書くと、私が引っ込み思案であまり他人に話しかけたりできない性格のように見えてしまうが、実際にはリアルでもネットでも全然そんなことはなく、かなり無遠慮に話しかけるほうだったりする。

だからこそ、むしろ逆に、他サイトでは「話したい相手に嫌われてブロックされる」という結末を迎えることが時々ある。最初からブロックされたら仕方ないと思えるが、かなり親しくやりとりするようになってからブロックされると、さすがに凹む。もちろんそれは、私のほうに原因がある場合が多いのだけれど。

それがネットだ、と割り切る方法もある。誰かを傷つけることはできるだけ避けているが、それでも知らずに傷つけてしまうからブロックされるわけだし、私が傷つくこともある。それがネットだと割り切ることもある。ドライに考えることもある。

でも、誰も傷つけず、自分も傷つかず、なおかつ交流したいという思いがあるからここに来る。少なくともここでは、傷つけず傷つかずでいたい。贅沢かもしれないけど、だから躊躇する。

このブログへのコメント