相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

.けいすけさんのブログ

その他 .けいすけ
23歳  /  東京都
PC 2020年6月22日(月) 04:45

暴れる情動と切れないカミソリとシャワー 「お誕生日おめでとう!ってね、顔見て言いたかったの。プレゼント見た?喜ぶと思って、送ったんだ」

 頭の中で、何かが捩じ切れるような、そんな気がした。どういう声で、どういう感情で、建前上のありがとうさえ答えればいいのか分からなかった。顔はひきつってただろう。隠しようもないほど、声だって嬉しい声にはなっていなかったはずだ。嬉しい声は、出せなかった。感情もそうだし、僕のプライドの意味合いもあった。

 一昨日の夜、例の母親から「日曜の夜にSkypeで話をしたい、大した用じゃないんだけど」とLINEがきた。その前の連絡は、母がサインした書類を使う学費の免除申請を取り下げろというものだったから、話の流れからしたら、多分何かまた謝れって話だろうなとか、そういう風に思っていた。それか・・一つ、懸念。日付が変わってしまったから正確には昨日だが、日曜日は僕の誕生日だった。まさか。この状態で、誕生日おめでとうだなんて、互いに顔を合わせて言うつもりだっての?・・あり得ないか。けれど、あの気まぐれな母親のことだ、それもアリかもしれないと思う自分がいた。そして、きっと優しくされたらまた揺らいでしまうんだろうな、という自分も、いた。

 でも、そもそも保証人辞めるだの扶養から外すだの、要は勘当宣告は向こうがしてきたわけであって。そんな、自分を正当化するような言い訳を並べては、さらにそれを上回るような予想で、僕は自滅する。例えば。この“子供を拗ねさせてしまった”“喧嘩状態”を、誕生日を笑顔で祝ってあげることでうやむやにしようとしてるんじゃないかな、とか。ただただ、そんな想像は恐怖でしかなかった。だって許さないって決めたのに。だから絶対に仲直りはしない、というか、この状況でお誕生日おめでとうとかいくらなんでも・・・。いっそいつものように何かを謝れと言われた方が余程マシだと思ってつなげたビデオ電話で浴びせられた第一声が、冒頭だ。身が凍った。平然と、この1か月の吐きそうなストレスや自分が言ったことを無かったことにしようとしている母親に。そして、母親が笑顔で、しかも僕の誕生日を祝ってくれているという状況に喜びを覚えている、自分に。

 頭が混乱した。許してはいけないという理性と、理性をすっ飛ばして母親にすり寄りそうになる心。話しかけられても反応が上手くできなかった。うまく、喋れなくて泣きそうで。これが全部怒りだったらどれほど気が楽だっただろう。とことん、刷り込みというのは残酷だと思った。

 母親は気が変わりやすい。けれど、LINEで言われた勘当宣告の数々は証拠としてスクショを残してあったから、Skypeを切った後のLINEのトーク画面にそれら写真を滑らせようとして、僕は固まっていた。多分、この流れで拒絶すれば、二度と母親と関わることは無くなるだろう。それでいいはずだ。というか、ここ1か月、ようやく解放されるという喜びだけで、ストレスも感情も轢き潰して手続きを進めたんだし。だというのに、僕の胸にあふれていたのは、とてつもない悲しみと、しんどさだった。これを送れば、最後になる。おかあさんを、すてることになる。僕が悪者になる。二度と、会えなくなる。
 たった、この20分程度のSkypeで、ここまで僕の心はぐらついていた。残酷だ。とっても酷い。・・・ここまで書いたところで感情が限界になったので、一度小休止を挟む。

 だめだこりゃ、痛みで情動をぶん殴って鎮めようと思ったら、若干痛覚が死んでる上に刃も切れないと来たもんだ。一周回って冷静に解離に入ってしまった。何なんだこれ。

 閑話休題。2段落前から10分もたってないが情動が反転してしまったので語り口が変わってしまった。えー、何を話そうと思っていたんだっけ。半端に解離状態に突入するとこれが困る・・解離性健忘は吹っ飛ばす記憶を選んではくれないので、感情と同時進行で進めていたことも吹っ飛んじゃうから。ああ、そう。それで、スクショと一緒にメッセージを送ったんだ。

「僕らの関係は、あなたのこのスクショで言っていたことの数々で、すでに決着がついていると思っています。だから貴方の言うとおりに行政や学校の手続きを進めましたので、これからはご迷惑をかけることは無いと思います。誕生日プレゼントはありがたくいただきます。けれど、今後こう言った気づかいや連絡は不要です。以前あなたが言った通り、これからは弟の養育に専念してあげてください。携帯の番号は変えていないので緊急時はそちらにお願いします。今まで本当にありがとうございました。」

 だいたいこんな感じ。確か、打ちながら、送りながら、泣いてた気がする。でもそれも3分もしないうちに、すぐに別の感情に切り替わってたんだ。思い出す必要ない、考える必要もない、忘れていい、って言い聞かせてね。そして、LINEをブロックして仕上げ。ここで許したら、今後何度も同じことがまた繰り返されるだろうと思ったから。ここで折れたらいかんのだと言い聞かせて、泣きながらブロックした。着拒はしてないけどさ。もう遠い昔だ。

 これでどういう反応が返ってくるのかは分からないし、今日はバイトが遅くまであったから、まだ届いていたというプレゼントは受け取っていない。受け取ったら僕、どうなるんだろう。もし謝罪の手紙なんて添えてあったらさ、ねぇ。

 今度こそ、発狂するよ。

 

 思ったんだけど、多分シャワー浴びた後でお肌がしっとりしてるから、からからに乾いてる時より刃が入りにくいんじゃないかなって思った。さぁ、あと4時間もしないうちに授業が始まるってのに。頭痛に苛まれながら、また睡眠不足の朝だ。

 僕は悪くない、って、言い聞かせていられるかな?明日の僕よ。

  • 0

このブログへのコメント