相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

ウッドベルさんのブログ

女性 ウッドベル
PC 2019年11月8日(金) 21:54

当たり前が当たり前じゃない 私はほぼ3年前に仕事をやめて、それ以降働く気になれないでいました。
仕事をやめて1年目は心身ともに疲れていましたし、2年休んでも家族の言葉で傷ついたりしただけでなんだか体も重くなって結局動けず終いという感じでした。
ようやく今年になってあまり雑念を抱かないようになってきたものの、私は結局今の日本社会が嫌いすぎて、この社会を好きになれないまま生きていけるのだろうかと、そんな風に考え出しました。

難しい問題はよく分かりません。世の中には私の考えが及ばない難しい事柄であふれてます。だから余計に単純に考えてしまうこともあります。そんな簡単な話じゃないんだと他人に指摘されてもおかしくない考え方だってしているかもしれません。
でも、今の日本社会は控えめに言っても狂ってるかなと思います。
誰もが住みやすい世界はありません。どれだけ住みやすい国だと褒め湛えられる国にさえ欠点はあります。
だからこの国に欠点があることはおかしなことではありません。問題なのはその欠点が何故存在しているのか、その理由と実態だと思います。

私の勤めていた企業は所謂ブラック企業だったと思います。
誰かが休んだときの代えも効かなければ、1日の労働時間は9時間(それを超えたときもあったかも)、週6勤務。どの曜日を休むかはある程度選択権がありましたが土日はNG。

企業には余裕がない。だから貯蓄したいし従業員にはあまり金を与えたくない。でも働いてもらう日は少なくされては困るから、少ない給料で時間的にも日数的にもより多く働いてね、なんてあまりにも気が狂っている・・・。

働く側がどこを妥協していくか。それも問題の一つだと思います。頑張らなくても金がほしい! なんてしっかり働いている人が言える言葉です。
とはいえ限度というものがある。雇う側が雇う側なら働く側も働く側で、これぐらい妥協できなければ結局どこでも働けない生きていけない、だからどんなにつらくても我慢しなきゃ・・・。そんなことあります?
自分がおかしいのか社会がおかしいのか。常にそれは考えていかなければいけないことなんだと私は感じていますが、難しい問題であることも確かです。
どこからが我儘でどこからが正当性のある意見になるのだろう、なんて考えても答えが見つからないことが多いです。

つまり何が言いたいのか、なんですが。
他の人は当たり前のようにこの社会で無理をしてでもそれが普通だと思いながら生きているように見せかけているけれど、私は見せかけることすらできそうにないんです。
そうすると、私はこの社会でどうやって生きて行けばいいのかなと。そんなふうに思ったので長々綴りました。
答えが見つかっていないのでオチはありません!

ここまで読んでくれた方がいたら、ありがとうございました。

  • 0

このブログへのコメント