相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

.けいすけさんのブログ

その他 .けいすけ
23歳  /  東京都
PC 2019年8月2日(金) 04:30

記憶の海とオランジーナ  オランジーナ。ご存知、某メーカーのあの炭酸飲料である。結構好きでね、これ。コスパ的にお酒を買うのもなぁ、みたいなときには、多少酸味のあるコレに限る。本日、バイト終わりに買ったものだ。

 シフトがどうしても埋まらず人手不足だということで、元々休みの予定だったのだが休日出勤ということでバイトに出向こうとしたのが午後6時45分前。業務は7時からだが、この時間に出ても自転車に乗れば十分間に合う程度の距離にあるスーパーマーケットは、やたら蚊が多くて困る。テスト期間も後半戦に入り、昨日木曜日は本当は一日の加工実習なのだが先生方が出張の為、全休だったのだ。強いて言えば、課題の加工部品の組立図かかないとな、とかそんなもん。なので午前3時に就寝して昼の12時過ぎまでぐっすり寝てから、もそもそ図面を書きにいつものCAE室に向かったのだ。
 その後、午後4時半からいつものカウンセラーとのお話会。一時間話して寮に戻り、中古でアマゾンでポチった漫画を受け取ってひたすら読むこと1時間程度。そろそろ飯食っていかないと、というところで、スマホが着信を告げた。相当急いでたのだけど、と思って見て見れば、母親だ。反射で出てしまったので、バイトだから明日の昼にでもかけなおす、と言おうとして、やめて、黙った。電話口で母親が泣いていたのだ。

 仕方がないので、バイト先に30分程度出勤が遅れることを連絡して話を聞いてみれば、何のことはない、職場の保育園での、先輩保育士からのパワハラがきつい、とのこと。いや、割と本当に酷い上司なようなので(尤もあの母親の口から出てる言葉なので半分くらいは誇張だろうが)、色々差っ引いても同情はするけど。でももう何度目だよ、って感じの話。あー、これで30分分の時給が消えるのか、と思うと若干虚しいしいつもの愚痴の繰り返しなので届いた漫画の続きを読みながら適当に聞き流していたのだが、ある話に差し掛かった時点で、僕はふと本を閉じた。
 曰く、母が他の職員の悪口を言いふらしていると、その上司から怒鳴られたんだそうだ。そんなこと言ってないのに、何を言っても悪い風にしか取られないで怒鳴られる、あたし悪口なんて言ってないよ。なのに信じてくれない。

 ( ゚Д゚)ハァ?

 ・・・泣いていた、母親。それが一番応えたようなのだが、。。ここで一気に冷めた。挙句近隣のポリテクセンターで離職者向けのCAD・NCオペの半年間の講座を受けようかとか言い出して、まぁそれはいいのだけど、ホームページ見ても専門用語ばっかりで分かんないから、あんた先生に聞いてきてよ、って。・・・いや、うち確かにそこの先生を輩出するための学校ではありますけど。・・冷めた。
 いや、だってねぇ?
 あんた、おんなじこと散々、僕にしてきてたよねぇ?
 やってもいないことで怒られ、違うと言っても言い訳と言われ、ねぇ?
 ああ、本当に。本当にこの人、自分がやったこと、さっぱり覚えてない。
 いやまぁ、人間なんてそんなもんかもしれんけど。他人にやられたことは覚えていても、自分が他人におんなじことしてたって存外覚えてないもので。

 ここ数か月で、もう何度目だろうか。何故か知らんが、小さい頃僕に言ってきたこと・してきたことを散々自分でブーメラン食らっている母親。面白いくらいに全く同じ事を言われ、され、泣いている。ねぇあんた、僕が泣いてた時あんた何て言ったよ。同じこと、言ってやろうか。ほら、泣いてる演技だけは上手だね、とか?そうやって周りの気を引こうとしてんでしょ、とか?あとは何だっけねぇ、早く泣き止めようるさいなぁ、この精神病が、とか?
 ねぇ?

 別に、今更謝ってもらったところでどうせ自分で素直に受け入れないであろうことくらいは自分でもわかっているのだ。だからあくまでも僕が望むのは、適度な疎遠な訳であって。仲良しも衝突ももう真っ平だから、何も口に出さなかった。というかぶっちゃけ何となくのアドバイスをしてあとは適当な返事をしていた。こんなことで遅刻せねばならんのか、なんて、そっと腸を煮えくり返しながら。元来僕は、人に怒ったりするのが苦手なのだ。
 紙コップに注いだオランジーナを飲み干しながら、そっと歯ブラシの方に目をやる。そういえばおとといだかにも舐め腐った電話かけて煽ってきてくれたっけ。どうして平和にできないんだろう。あの人、この年にもなった僕に一体何を望んでるんだろうか。まぁとりあえず、夏の施設研修の間だけ実家に帰るから、その時に上手くやれればいいや、みたいなこと考えながら、オランジーナを呷る。明日もまたCAE室に籠らなきゃだし・・というか、明日は5限もあって、さらにバイトだし。心は落ち着かせておいた方がいい、苛立ってると暑いからね。
 皆消えれば平和になるんじゃないかな、なんて不健全な思考に浸りつつ、キーボードを叩いてオランジーナ。記憶の海に突き落とされては這い上がることを強いられて、もう疲労困憊だ。明日は猛暑とかいうし。その割にCAE室エアコンが効き過ぎてておなか冷やすし。ひざ掛けでも持って行ってやろうかと作戦を練る。

 ああ、全く以て疲労困憊だ。いっそ、どこまでも静かな狂気の夢にでも、閉じこもることが出来たらいいのにね。

記憶の海と、オランジーナ。

  • 0

このブログへのコメント