相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

KORPELAさんのブログ

その他 KORPELA
iPhone 2019年4月15日(月) 22:34

自律神経が乱れると… 自律神経が乱れていると診断を受けたが、検査で解ったのではなく会話の中で診断された。

動きたいのに、光や音にやたら敏感で鬱には太陽の光がいいのは知ってるけど、カーテンを開けて入る日差しが苦しく感じた。

また特定の音や声もやたら苦しくて、例えばカフェとかの人の笑い声でも甲高いのとか、男性のやたら大きな笑い声やくしゃみがとても辛くて、ゆっくりしたくても出てしまうことは度々あった。

音と光。それだけではなくて、目に映るものと耳に入ってくる情報に子どもの頃から敏感で、今何に集中を持っていくべきか分からず、集中したくても別の音や視線に支配されて苦痛で、いつも静かで白い壁に囲まれた無音の空間で休みたいと思っていた。

これはASDからきているのか分からない。
自律神経のバランスが悪くなった人も、音や光に敏感になることがあると聞いたからそっちかもしれない。

取り敢えず今はとても敏感だし、急にフラっと失神して倒れたり、憂鬱な気持ちや急な不安や緊張に襲われたりする自分は自律神経に異常があるのは、医師の言う通りだと思うが、ベースにASDによる感覚過敏があるとしたら、自律神経が整ったとして、改善されるものなのか?と疑問が募るばかりだ。

そうそう。皮膚の炎症によるしこり。薬を飲んで少しは小さくなったが、まだ痛い(。•́ωก̀。)…グス
痛み止めをなるべく飲まずにと思っても、無理だね。

可能性は低いと言われても、もしもガンだったならとある程度調べた。
炎症起こしてしこりになって痛いと感じるだけで、あと自律神経からくる症状や治療中の鬱の症状があるだけで、食事は取れてるし、身体がどうにもおかしいと感じることが無いからガンな訳がないと思ってたら。
私の可能性のあるガンについては、皮膚の炎症やしこりに気付く以外で、たまたま私が目にした病気に関するページがそう書かれていただけかもしれないけど、特に怠いとか食欲不振だとか吐き気だとか、そういう症状は特に書かれてなかった。

もしもガンだったらと思っても、やること、やれることは決まっていた。
迫り来る死があるとしても、不思議と怖さは今ない。
それよりも、どうしたら今手元にあるお金で毎日楽しく過ごせるだろうか?
それを選択するのに、どんな治療が手元のお金で可能なのだろうかということだった。
治る可能性がもしあるとしても、それを選択出来る額が手元になければそれまでであろうと思う。

ただ、その時まで弱くてもいいから、自分の中で生きやすい方を選択していきたい。余命を削ることになる選択もあるだろうけど、苦し紛れに長々と生きるより、最後までやりたいこと貫いて、自分らしく全うするのが私の夢。

長さより芯があるかどうか。
その人生のほうが、私が私として私を愛せる気がするから。

  • 0

このブログへのコメント