相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

葉月.さんのブログ

女性 葉月.
2018年5月16日(水) 10:45 編集済み

発達検査を終えて思ったこと 三女(年長)の発達検査に行ってきた

結果は来週以降になるが、言葉での説明が少し成長した。「つくえってどんなものか教えてくれる?」の質問に対して半年前は「わからん」「おうちにある」と答えていたのが今回は「宿題する」「ごはんたべる」と答えていた。
「えんぴつ」の説明は「えんぴつ削りで削る」
うーむ(^^;でも、物の説明って難しいよね

人物完成の課題は髪の毛や手足等、簡単な線で描かれた人物画の足りない部分を足すもので、前回は完璧に描き加えることが出来て人への関心が深まってきたねと言われていたのだけど、今回は抜け落ちが数個ある段階で「出来た」
心理士さんが「もうないかな?」と言うと「あっ耳」と言って気付くことは出来たけど、首の片側の線には気付かなかった。
出来ていたことが出来なくなることもあるんだなぁ


園長先生から、小学校は三女のレベルでは支援級に入れてもらえないだろう、だけど普通級でもやっていけると言われている。
支援級の対象に関しては長女の時で事情は知っているため、私自身も三女は対象にはならないと認識している。
ただ1つ心配事があり、危機管理の部分で不安を持っている。
川を眺める時に柵の下に這いつくばる、自宅の2階の小窓から足を出して腰掛ける、通学路で目に入ったものを触る、登る、知らない人への警戒心が無く三女から近付く……
これらの事は全て先月から今日までにあったこと。
でも授業やクラスへの参加に関わることではないし……
集団登下校は必要あれば私が付き添う事も可能だけど、三女は私が側にいる事で余計に行動が大きくなってしまうから逆効果になりかねないし

やっぱりまだまだ悩みそうだな。。
とにかく安全第一な方法を取っていかないとね
三女の場合これからは事故や犯罪から守ることがポイントになっていくだろうと感じた。

このブログへのコメント