相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

rinkaさんのブログ

女性 rinka
iPhone 2018年1月11日(木) 19:37

ひとりごと

今日、今、自分の思ってることを
ただ書き出してみる…
(頭の中の整理)

先日支援の方に言われたこと。
過去のトラウマは無理に引っ張りだして
解消しようなんて思わない方が良い。
(解消出来るものではない)
わざわざ他人(カウンセラー)によって
引き出されたところで辛くなるだけ。
忘れたくて本能的にしまい込んでるトラウマを引き出して辛い記憶を蘇らせて向き合おうとしたら、受け止めきれず耐え難い苦しみにますます壊れていくだけ。


確かにあの時
医師に言われるがままに心理検査を受けて
偶然ではあるのかもしれないけど、過去のトラウマを無理にこじ開けられたカタチで、そこからアタシの状態は悪化傾向を辿ってきた気もしてる。

当時、強迫性障害、心身症、うつの症状、診断はあったものの、パニックによる過呼吸で何度も救急搬送されるなんてことなかったし、今よりはるかに行動範囲は広かった。
今はあの頃なかったパニックによる過呼吸への恐怖心がとても強い。
非日常に対面したら途端にぶり返してしまう。
完治しても、再発率高いらしいって聞く。
予期不安が強まれば再発してしまうし
一度あの感覚を経験してしまうと
脳が記憶してしまってるのか…
パターン化してしまうのか…
考えると怖くなって結果、生活が大きく制約されてしまう。
パニック障がいって本当に厄介な病気だなって感じてる。

当時治療してくれた側にこうなる予想もつかないし、責任もないし、心理士も医師との連携でマニュアル通りに治療を進めただけなのだろうし、実際、その時はそれ以外に方法も思いつかず、そうでなくてもいずれパニック障がいを発症してたかもしれないし、いまさらその時のことが正しかったのか、そうでなかったのかなんて考えても仕方ない事なのかもしれないけど…

それでもたまにふと思う。
あの時がなかったら
今どんな状態の自分でいたのかなって。

ついでに言うと
もしかしたら今まで受けてきた服薬治療も
カウンセリング治療も、意味があまりなく
無駄なことばかりしてたんじゃないのかなって。。

母に対する嫌悪感も、
ここまで酷く拗れなかったのかな、とか
(あれ以来頻繁にフラッシュバックがあって
母の人格を一層受けつけなくなった)
過呼吸なんて症状さえ知らずに
電車に乗ったりバスに乗ったり
もっと自由に行動出来てたのかな、とか
お仕事も続けられてたのかな、とか

逆に、、あの時がなかったら…も考える。
原因不明の体の不調続きで
いまだにドクターショッピング繰り返しながら死ぬまで無意味な病院通いを続けて、心身脅かされてたのかな、とか
母に対していつまでも反抗期みたいな気持ちが拭えない自分を責め続けたのかな、とか

時間があると色々考えてしまう。
過ぎた、考えても仕方ないことばかりを
先の不安を
*今*を生きれてない感覚に陥る。

精神疾患の治療法って色々あるとは思うけど
精神科にかかれば
誰でも病名で分けられて
同じようなお薬を飲まされて
悪化を抑え込むだけ。
酷くなって入院したら
確かに劇的に良くなった。
今よりもさらにお薬漬けの日々の中で
必ず看護師の前で飲まされ続けたお薬。
退院後の好調期。
けれど。。
それも一時的なものに終わった。
お薬で抑えられてただけだってわかった。

精神疾患の治療って、なんなのかな。
服薬治療を否定はしないし
補助的に必要なものだと理解してるし
むやみに自己判断で断薬は危険なのもわかってる。
だけど、すべて言いなりじゃなくて
ただただひたすら出されたものを飲み続けてるだけでは一向に改善されない。
いつまでたっても同じところから抜け出せずにいる。
お薬以外に、お医者さんは方法を教えてくれない。増やすか、減らすか、変えるか。

そしたら…服薬治療と並行しながら、徐々にお薬やめるためには自分で試行錯誤繰り返しながらでも自分に合った治療を見つけることも大切なのかもしれない。
まずは体調の良い時だけでも出来る事から。
この病気から解放されるために…

このブログへのコメント