相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

林道先生さんのブログ

男性 林道先生
栃木県
PC 2017年12月7日(木) 05:43

優しさや愛に関する命題をどう解くか。 俺の親は頭が悪いスピリチュアリストだ。あの親の遺伝子を受け継いでるとイメージすると、悍ましい。だが事実なので受け入れるしかない。

よく俺のきつい指摘に対して「心がないのね~」
俺「え?心って何?答えてみろ」

母「全て、現実は自分の、心の投影」

俺「いやいや俺の聞いたことに対して答えてくれないと会話ができんだろ笑。定義しろよ。だからさぁ、心とは何かを知らないのに心って単語を使うんじゃないよ、そういう馬鹿とは話したくねえよ、救いようがねえ、ただ、心の投影という表現は面白い」

要するにうちの親は、どっかのブログで読んだスピリチュアリストが言ってる事を全て鵜呑みにし、それを真実だと思い込み、そしてそれらを自らの論理で話すことができない。何故かというと膨大なプロセスから生まれた帰結であれば、そのプロセスを語ることは容易だ。しかし他人が辿り着いた答えをそのまま受け止め、その答えに対して「何故この答えになるのか?」という掘り下げや疑問、追求、究明はしない。
ただの馬鹿である。

そして親は俺に言う
「あんたは優しさというものがない」

俺「優しさってなに?例えば?」

母「人を思いやること、相手の立場になって考えること」

俺「ほう。それが優しさというならば、この状況の場面になったらあなたはどう判断する?」

母「?」

俺「ある女性が重度の脳幹梗塞に襲われた、脳幹というのは人間の生命維持を司る部位だが、脳幹が機能しないとまず人間は生きていられない。そして医者にはこう言われた」

『物凄く難しい手術です、まずは脳圧を下げる手術からですが、その後の手術の成功率は現実的ではありません、失敗したら呼吸器は止まり生命維持装置が必要になり、植物人間になるでしょう、奇跡を、願うしかありません、ですが全力を尽くします』

俺「それを知った女性は、愛する彼氏にこう言った」

『もし手術が失敗したら、愛する貴方にやせ細っていく、管を通された私の姿を見られたくない、そして、貴方が私のことを愛してくれているのも知ってる、だから、貴方が私のせいで、貴方の明るい未来を妨げるようなことはしたくないの、だって、貴方はきっと手術が失敗したとしても、私のことをきっと想ってくれるから、でもそれが辛いの。貴方はとても素晴らしい男性よ、だから、貴方の魅力に気づいてくれた女性と、新しい愛を育んで欲しいの。あと私のために、金額の面でも、貴方に、家族に負担をかけたくないの。あと………これは………私の我儘だけど、手術が失敗したら、私の生命維持装置を、止めて欲しい………。それが私の最後の貴方へのお願い。生命維持装置を止めたら、貴方はきっと殺人罪に問われる。その罪を消すことはきっと私には出来ない、でも直筆で私が心から望んだ事だと書けば、情状酌量の余地があるとして…罪が軽くなるかもしれない、…愛する貴方に罪を着させる私の我儘と罪を…どうか許して欲しい、でも…本当に私を愛してくれるなら、どうかお願いします』

と涙を流しながら彼女は語った。彼氏は女性を安心させるため、最後の望みをほんの一瞬だけでも叶えるため

『うん、わかった、必ずそうする、約束だ』

と言った。そして手術が終わり、医師が口を開いた

『大変…申し訳ございません。ベストは尽くしましたが、手術は、失敗しました…彼女はもう…』

その言葉を聞いた瞬間彼氏は絶望し泣き崩れた。もう彼女は口をきくことも、声も、感覚も、きっと魂も、実体だけを残して何処かへ逝ってしまった。

それから1ヶ月後、彼氏はいつものように病室のベッドで生きている女性を見ながら、自分はどうするべきか悩んでいた。
自分としては彼女に生きていてもらいたい、でも、もう彼女は、どこかへ逝ってしまった、いつだって彼女の言葉を、気持ちを尊重してきた、自分が今どうするべきか、わからない。
彼女を尊重するのであれば生命維持を止める。そんなことはわかっている
自分の心を尊重するのであれば、彼女に生きてもらいたい、このままでもいい、ずっと彼女を見つめていたい。側に居られるだけでいい。
でもそれは彼女が生きていたとすれば傷つける行為なのではないか?裏切る行為なのではないか?自分の我儘なのではないか?その場限りの約束をして、果たされない約束なんて意味があるのか?
でも裏切らないで尊重したとすれば、自分は必ず刑務所へ行くことになる。懲役をくらったら会社も、人間関係も、全て失ってしまうのではないか、前科を持った自分をまた社会が受け入れてくれるとは考えにくい、そんなことはどうでもいい、でも彼女はそれをわかった上で直筆で手紙を残してくれている。
彼女は逝ってしまった、ならば彼女が残した最後の意志は、手紙に詰まっている。
自分は…どうするべきなんだ!!どちらを選べば彼女のためになるんだ…どうしたらいい…

という葛藤に苛まれる。

では、彼女の生命維持装置を止めるのが優しさなのか?愛なのか?
では、彼女の生命維持装置を止めないのが優しさなのか?愛なのか?

俺の答えは、どちらを選択しても優しさではないし、愛でもない
またその反対に、どちらを選択しても優しさであって、愛である

で、母の答えは「答えがないこと考えてもしょうがないでしょ」

…え?w あなたが「人を思いやること、相手の立場になって考えること」
が優しさだと仰ったんですよ?
相手の立場になって考えることを「考えてもしょうがない」と仰る?
あなた、相手の立場になって考えたら、刑務所に入ることを行動する人間だろ?
自分に不利益なことを選択できないのであれば…笑

うん、その程度ですよ、あなたの優しさなんてものは。だからお前に優しさを語って欲しくねえんだよ笑

「人間は、動物と違って心がある」
とか仰ってますけど、心とは何かを答えられない、定義できない人間が動物に心がないと何故言えるんだよ。
いいですか?動物にだって心があるんだよ、だからお前は動物を愛せねえんだよ。
だから自分で「可愛い~♥」と言って飼ったクリスティー(ミニチュアダックス)を真夏に3ヶ月ご飯あげなかったり水あげなかったり、何年も散歩連れていかず外に繋いだままだから、クリスティーが自分で動ける直系1m付近は尿と糞で溢れかえってんだよ。
そして姉がうちに遊びに来てクリスティーを不憫に感じたのか、公園に連れてってくれたりして、そこで自由に動けて、人と触れ合うことができるクリスティーは喜んではしゃいで草原を走ってたんだよ。
てめえがクリスティーを何ともゴミとも想ってなかった時間、クリスティーはそれでも飼い主を想って、想われることを心から望んでたんだよ。
だからいっときであっても、公園に連れてった時てめえに遊んで欲しくててめえに近付いていくんだよ。
それを感じてたから、俺は鬱で何も出来なかったんだよ、身体も動かない、気力もない、俺がご飯や水をあげればいいとわかってるのにそれが出来ない、更に罪悪感と自責の念に襲われる、クソみたいな負の螺旋階段をずっと上らなきゃいけなかったんだよ。

一体クリスティーが13年間の間、何回散歩に連れてって貰えた?10回やそこらだ。
一体何のためにクリスティーは生きてきて、その彼の人生に、何の意味や価値があったんだ。彼の人生は無意味で無価値だったのか?3ヶ月間何も食べずにあの小動物が何を食べて生き抜いてきたと思う?自分の糞を食べて飢えを凌ぐしかない。自分の出した小便をぺろぺろと舌を出して身体に吸収するしかない。だからクリスティーの糞と小便が見当たらない事があっただろ?よく病気にならずに耐えたよ、クリスティーは

涙出てくるわ。

動物に心がねえと言う前に、まずてめえの心を見つめてみろ。

そして○ね。

そしたらこう云うんだろうな
「自殺したら永遠に地獄で苦しむから自殺したらだめなんだよ」

そうであったらいいなと想って言ってんだよ、○んでください。

  • 0

このブログへのコメント

女性@消滅
46歳  /  兵庫県
iPhone 2017年12月09日 04:21

酷い(泣)
クリスティー かわいそすぎる…
胸が苦しくなるような話

  • 0
男性林道先生
栃木県
PC 2017年12月09日 05:51

俺もクリスティーのこと書いてて、とても辛くて涙出てきましたから書くのやめました。

俺がクリスティーにしてきたことは許されるべきことではないです。が、許さないと俺は先に進めないんじゃないかとずっと感じてました。

自分がクリスティーにやってきたことを許して、俺が自分を責めることをやめたわけじゃないです。「現実として、受け止める」ってことを、しました。

母は、クリスティーにしたことも、クリスティーにされたことも、受け止めることなく、その小さな存在と同じように、自分の記憶の中でさえ、クリスティーの存在も小さいのだろう。忘れている。

忘れたら…、苦しむことも、哀しむことも、喜ぶこともできませんから、母にとって都合がいいことなんでしょう。

まぁそれは置いといて、こんな重い話を読んでいただいてありがとうございました。

  • 0