相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

うつ病 セルフチェックでうつ病のセルフチェックが出来ます。
各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

鬱病(うつ病)

女性 Kim iPhone 2021年09月05日(日) 22:49
投稿ID:85211
人生の空虚感と消えない後悔とモヤモヤ
今、大学院の修士1年生です。もうすぐ就活ですが自分が将来何がやりたいのか、そもそもこれまでの22年間の人生って何だったのか、自分の人生って誰のものなのか空虚感が酷くて分からなくなってきてしまいました。なんだか憂鬱で辛いです。

今の専門分野も正直言って心から好きと思える分野でもないような気がしています。そもそも大学の学部からしてたまたま入れたところに進学した流れで今の専門分野にいます。

過去を思い返せば大学入試は不完全燃焼で終わりました。もともとずっと成績が良く、定期テストでは学年でトップだったこともあり、現役の受験期は、「ウチの高校から歴代初のT大生誕生か?」のように周りからの期待もあり、T京大学を目指していて、授業時間を抜いても平日5、6時間近く、休日は10時間以上は勉強していましたが、高3になると突如として勉強しようにも身体が毎日だるく学校に行くのが精一杯、やる気も全く出ない、模試の時に何故か涙が出てくるような状態になってしまいました。センター3日前ぐらいになってこの掲示板を見つけ、メンタルヘルスチェックをしたらうつ病の可能性があると出てきて、ようやく納得が行きました。そして迎えた受験本番は実力の50%も出していないぐらいで終わってしまいました。たまたま入れた、過去問すら解いたことのない初めから眼中にもなかった中堅の大学に進学しました。自分で納得して進学したわけではなく、親が若干モラハラなので良い子にして親の言うことに従っていないと怖いのと、そのような親が浪人に対して良い顔をしなかったので、親の顔色を伺って家族仲を壊さないためにもと進学を決めました。多くの大学に落ちた後、親に「お前、勉強サボっていたもんな、だから落ちたんだよ」「お前はもうエリートなんかじゃないんだ」「全然自慢できる大学じゃないね」「Fラン」「お前みたいな奴は頭じゃなくて体力と根性で生きてくしかないんだから」「バカ女」と言われたことがすごく傷つきました。

もしも親が決めつけたりしないで自分の意見や話を尊重して聞いてくれる人なら、本心としては、そのまま妥協して進学しないで、受験当時自分に起きていたこと、自分が大学について求めているもの、価値観など全て腹を割って話し合って、一度心療内科に通って治療して、全力出せるようにしてから受験をやり直したかった。10代後半〜20代前半という、その後の長い人生を決める段階で全力を出し切って受験して、自分で心から納得して進学した大学に通うということは自分が人生で成し遂げたかったことの一つでもあり、いつか年齢を重ねた大人になってから再受験しても、生涯でもう二度と得られないから。
大学は関係ない、入ってからインターンとか部活とかに打ち込んで、良いところに就職すれば人生逆転!そのうち満足できるさ!大学がコンプレックスなら大学院受験すれば良い!と言う人もいるしそれで本当に満足する人もいるけれど、私は自分の価値観として成し遂げたかったことの一つを失ったので、いくら他のことに打ち込んだところでモヤモヤは消えていない。
大学は学費払ってくれた親には申し訳ないけれど、学部の大学は講義のレベルとかが自分が期待するほどレベルも高くなかったし、そもそも開講している講義のバリエーションも限られていて、勉学に関して大学であまり面白いと感じたことはない。大学の方針も就活予備校みたいで、1年生の頃から合わないと感じていた。唯一、4年生の研究室生活だけ仲間に恵まれて楽しかったけれど。途中で中退せずに通い続けたのは正直言って親の世間体を保つためと家族仲のため。

学部の大学に満足していなかったことと、最高のレベルの研究環境で研究するという人生で成し遂げたかったことの一つを達成するため、また心の穴とか空虚感を埋めたいこともあって、大学院で受験しました。今私はその現役時に入りたかったT京大学の大学院にいます。でも学部からじゃない。あくまで院から入った非プロのロンダ組。きっと世間ではバカにされて嫌われる経歴。レベルの高い研究環境で学ぶことというやり遂げたいことの一つは達成しましたが、それでも学部受験への後悔とモヤモヤとどこか感じる人生の空虚感だけはどうしても消せていません。

自分より上のレベルとか地位のものに対しては強く出れないタイプである親は、中堅私大に通っていた時のように「バカ女」「無能」「使えねえやつ」みたいなことは言わなくなり、手のひらを返したように「すごいねえ」「立派だよ」「頭良いねえ」みたいなことを言うようになりました。だから家の中では前よりラクになりました。

学部受験で妥協して進学したことに関して、当時から将来ずっと心残りで後悔することになるだろうという予想はついていて、そのためある程度覚悟はしていましたが、やはり今でも思い出すたびに何時間も涙が出てくるほど気分が沈み、辛くなります。一度思い出せば布団の中で何時間も声を出さずに泣きます。

もちろん、学費のことは感謝しているし、親が学費を援助してくれたことは世間的には恵まれていることは分かっています。でも空虚感に苛まれたり辛くなるんです。
もしかしたら親と価値観について腹を割ってきちんと話し合えなかったことへの後悔や辛さなのかもしれません。

今までずっと良い子にしてきて、自分を押し殺して大人の言うことは何でも聞いてきたし、理不尽なことで叱られても文句も言わず従ってきたこともあってか、自分の人生って誰のものなんだろう、と空虚感に苛まれます。

結局受験期以降ずっとメンタル面が不安定になりがちなことに変わりはないけれど、親バレするのが怖くて医者にはいけていません。

もうじき就活ですが、いくら1Dayインターンみたいなものに参加しても業界を調べても、やりたいことが分からないです。空虚感でいっぱいになります。良い子症候群だった子供は傾向としてそうなりやすいそうですね。
  • 0
男性 サイス 32歳 iPhone 2021年09月06日(月) 00:38
投稿ID:85212
大卒というだけでもご立派ですし、あなたはいろんな就職を選べる立ち位置にいますよね。
必ずしも、やりたいことが仕事にできるわけでもありませんし、そうある必要もありません。
いい立ち位置にいるので、スキルを活かせるからとか、お金とか、楽とかそういう動機で仕事を選んでもいいのではないですか?

あとなにを研究したかったのでしょうか?
漠然とレベルの高い研究施設で研究したかったってことがあるのでしょうか?
何かに興味があり知識欲が収まらないから研究したいのではないのでしょうか。そのまま、それを追い求めて職業にした方が幸せな気がしますよね。
  • 0
男性 ゆきとも PC 2021年09月06日(月) 00:59
投稿ID:85213
学歴としては申し分ないのではないでしょうか。
世の中社会に出て、学歴は重要ではありますが、必須でもないように思います。
仕事のできる人は学歴だけでやっているわけでもなく、他にも色々な要素を持っています。
高学歴だから仕事ができるのは、確率的なことで、別に学歴がなくても優秀な人はたくさんいるな、と私は実感しています。
社会に出て長い目で見ると、人間性?とかそっちの方が重要かもしれません。

何がやりたいかは私も良くわかっていません。本当にこんなことがやりたかったんだろうかと思います。
親に腹が立つことも、周りが理解してくれないことも多々あろうかと思います。
私は研究は無理だな、と思ってとっくにやめてしまいましたが、成功している人たちは好奇心が半端ないですよ。続けられるだけの情熱と、研究に対する楽しみみたいなものを持ち合わせているように思います。それが感じられるのなら、研究者として続けるのも良いのかもしれませんね。

何にせよ、今置かれている状況でできることをするだけだと思います。
自分が納得できれば、どんな環境でもそれなりにはできると思います。
ちょっともがいてみて、着地した場所はあなたが受け入れるべき場所なのかもしれませんね。
親とはいつか関係性も変わってきますから、あまり焦らずに。

あまり参考にならなくてすいません。
  • 0
男性 たつみ PC 2021年09月06日(月) 21:57
投稿ID:85223
こんばんは。
その後を決める受験で全力を出し切り、心から納得する大学に通う。
それは人生で成し遂げたかったことの一つで、10代の受験期に叶えてこそ意味があることだった。
けれど、それができずに、全く通るはずのない迂回ルートでいま、望んでいた大学院にいる。
最高のレベルの研究環境で学ぶというもう一つには到達できた。
それでも、叶ったはずなのに、なんだか空虚なのですね。
その予定外のことがすごく大きな痛手になっているというか。
これまでの人生ってなんだったのかと思ってしまうくらいに。

周囲の期待。
親の期待。
その期待に応えてきた自分への期待。
それらに応えられなかった。

「期待に応えてきた自分」を失くしてしまった…。
ならば、空虚にもなりますよね。
だってきっと、それが自分のすべてだったのでしょうから。

そしていままた、就活で誰かの期待に応えようとしている。
僕にはそんなふうに思えてしまいます。

やりたいことがわからない。
この言葉には、この言葉以上の多くのものが含まれている気がするのです。
  • 0