相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

うつ病 診断チェックでうつ病の診断が出来ます。
各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

鬱病(うつ病)

女性 さんあーる。 19歳 iPhone 2018年08月07日(火) 12:18
投稿ID:70025
また戻ってしまいました
去年の9月から今年の5月まで仕事をお休みしていて、5月の連休明けから仕事を再開しました。去年までは精神科に行ったり行かなかったりしていて、今年の6月から精神科にちゃんと通い始めました。
診断結果は混合性不安抑うつ障害でした。
昨日まで職場に行けていたのに、上司や先輩に責められることがあって、自信を失い、行けなくなってしまいました。
小学生の頃から学校に泣くほど行きたくないということがありました。その頃からうつの傾向があったのかわかりませんが、それから今まで努力もできない嫌なことから逃げるクズです。中学の頃に軽いいじめに遭って、本当に自信をなくしました。今も、仕事を休む連絡をして、自己嫌悪に陥っています。
  • 0
男性 うりまる 35歳 Android 2018年08月07日(火) 13:17
投稿ID:70028
はじめまして。
少し、アドバイスですが年齢的にも働く事も大切ですが、現状考えると治療を優先した方がいいのかもしれません。
お薬とかの調整とかも短期間だと難しいですし、混合型なら今後病名も変わる可能性もあります。

仕事面で責められたりして、自信を無くしたり幼少期からの体験で自己嫌悪や逃げ癖ついちゃってはいると思いますが、受容というのかな?まずは出来る事とできない事を見つけてみるのも良いかなと思います。

通院に関しては、まずは決められた通りに通院はしないと今後どう悪化するかまた回復するかそれは不透明ですので、なるべく通院するようにして下さい。

天候も今は異常事態ですので、無理だけはしない用に今は休める事を出来るだけ第一に考えてみてくださいね。
女性 リトルミィ 京都府 PC 2018年08月10日(金) 14:52
投稿ID:70134
中学のときに精神科にかかり始め、境界性パーソナリティー障害、うつ病を経て、今は双極性障害・ADHDで落ち着き、治療しながら仕事をしたり、家のことをしたりしてます。

小学・中学校で不登校、高校は一学期で不登校になりそのまま退学、16歳から仕事を始めましたが、19歳のときに大きく体調を崩し4ヶ月の入院の後、2年ちょっと治療のみに専念しました。

私も努力のできない人間です。ADHDが関係してる部分もあるかもしれません。
好きじゃないことを集中してすることができないし、苦手なことを無理してすると頭が痛くなってそれを続けることが不可能になり寝込んでしまいます。あと、仕事に関しては意欲もあり、精いっぱいしてるのですが、ミスも多くへこむことも多いです。
でも今までの人生で一つだけ自分を褒めたいと思うことがあって、それは23年間、医師が来なくていい言った数ヶ月を除きずっと通院を続けてること、カウンセリングも18年ずっと通ってること、出された薬をちゃんと飲んでること、来なくていいと言われたあとも自分で調子がおかしいと思ったときにすぐに病院に行ったことです。つまりはずっと治療に対して真剣に取り組んできたことだけは自分を褒めています。

お薬に関しては賛否両論があるけれど、私はやはり飲んでいたことは私にいい作用をもたらしてくれたんじゃないかと思っています。今も飲んでいますが、一番多く飲んでいたころよりは半分以下に減りました。いくつかは一生飲み続ける必要があるかもしれないとは思っていますが、治療を進めていけば減らせることはできるんだという自信があります。

ご家族の協力を得られるなら、うりまるさんと同意見で、今はお仕事から離れ、治療に専念される方がいいと私も思います。

治療に関して、さんあーる。さんのようなパターンは、カウンセリングを受けるのも有効だと思います。
カウンセリングを受けることによって、自分を見つめ直し、自分の中にある持って生まれた資質に気付き、自信が持てるようになると思うからです(一昨日私もカウンセラーに言われたところなんですが、資質というのは誰もが持っていて、それをちゃんと育てられた人がうまく生きられるようになり、資質に気付かず目の前の問題にばかり気を取られてる人が生きづらさを感じやすいそうです)。

私は自分が楽しいと思えることに関しては自分でもびっくりするくらい集中します。
しょうもないことです。
千羽鶴を一人で何日で作ることができるかとか、スマホゲームで課金せず全国ランク上位に入るとか、一週間で義実家の犬に新しい芸を2つ覚えさせたとか。
ただ飽きっぽいところはどうにもならず、燃え尽き症候群のように、達成した後はそれに見向きもしなくなってしまうんですが…
でもそれも努力と言えば努力かもしれません。
千羽鶴を折って誰にあげるわけでもないけど、毎日熱心に折り、どうすれば早く折れるか試行錯誤し、早くかつ美しく折れるように工夫し、誰に褒められることもないけど、自分では「よくやった!」って思える。
趣味や日常生活だって、継続しようと頑張れば、それも努力だと思います。(抑うつ状態が酷かったとき、お風呂に入ることすらできませんでした。週に1~2回しか入れなかったんですが、それも私にとってはすごい努力をして入りました)

一旦お仕事から離れ、治療に専念されること、
自分の好きなことや、普段の生活のことでも何でもいいから続けてみること、
そこから始められるのがいいかもしれません。
男性 ヤッピー 京都府 PC 2018年08月11日(土) 15:18
投稿ID:70155
仕事を休んで自己嫌悪。
具わいが悪くてお休みすることがいけない事でしょうか?

人間ストレスがたまると、どこかに歪が来ます。
嫌な事が続くとまた?と不安に取りつかれます。
普通に道を歩くのも不安だらけになってしまう。
でもこの不安が、自分を守っていたとしたら?

不安があるから無理をしない。無茶もしない。では?

自信だらけの方より自信の無いほうが、自信をつけたい、と努力が出来るのでは?
自信が無い方ほうが成長できる。自分はまだまだだ。と。次を目指す。
自信がある方は自信があるから大丈夫。と。
まるで、ウサギと亀ですね。
いじめられて来たから、いじめられる気持ちが解る。人の心の痛みが解る。

その分、人に優しくできる・・・・・では?
  • 0