相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

双極性障害

男性 SKYRIM 46歳  /  大分県 PC 2018年03月27日(火) 12:07
投稿ID:64794
はじめましてSKYRIMと言います。

心中お察しします。
私は夜間大学に通っていました。昼間は生活費を稼ぐ為バイトをし、夜は眠たいのを我慢して勉強(?)していました。
2回生になった時期から、バイトや勉学にもやる気が起きず、外に出るのも億劫になってしまい。引きこもりの状態になりました。
バイトをしていないので家賃も払えず、親の送金で生活をしていた時期が半年ほど続きました。大学にも殆ど行かず、友人とも疎遠になってしまいました。
人生の中で一番の「暗黒期」と言え、精神科で診察を受けたならば、間違いなく「うつ病」と診断されていたでしょう。

私の場合、どうやって復帰したかと言いますと… 「開き直る」気持ちが湧いてくるまで、何もしませんでした。
寝たい時に寝て起きたい時に起き、将来の事などは一切考えず、惰性の赴くまま、親の仕送りで只々生きていました。
唯一考えている事と言えば、「親の仕送りで、ひと月どう凌いでいくか?」ということだけ考えていました。

半年間後、そういった生活を送っている事に飽きてきたんでしょうね。
「人は人、我は我。他人と違った人生を歩んで何が悪い。」、「人生案外何とかなる。」と開き直る気持ちが出てきました。

当時の私の問題点は「生活と学業の両立」でした。なので、片方に重点を置くことにしました。
バイトを始め生活を安定させることに専念し、学業の方は「一つでも単位取れれば良いや。」と言った感じです。
将来に対する不安はもちろんありましたが、その辺はあまり考えずに、「バイト代で生活していく事。」、「時間はかかっても卒業すること」と目標を絞り、時間は掛かりましたが卒業することも出来ました。

何もしたくない時はしない方が良いです。何かをするときの為にエネルギーを溜めておいてください。
今の状態でアレコレと考えても、悪い考えしか浮かんできません。深く考えるのを止めましょう。

動けるようになったら、したい事・しなければいけない事は優先順位をつけ少なくし、少しずつ取り組んでいきましょう。

私の体験談ですが、何かのヒントになれば幸いです。
男性 とく 37歳  /  長野県 PC 2018年03月27日(火) 21:46
投稿ID:64823
双極性障害I型のものです。ラミクタールは試されましたか?ラミクタールは鬱に良く効く双極性障害のお薬です。もし、試してなかったら試してみるのもいいかもしれません。私も絶望の淵にいましたが、ラミクタールを飲み始めてから鬱が改善されました。
  • 0