相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

サイコパス セルフチェックでサイコパスのセルフチェックが出来ます。
各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

サイコパス

男性 難読 26歳 iPhone 2019年05月15日(水) 14:32
投稿ID:75965
死への無関心
死に対して無関心です。
勿論死は怖く、自分自身の自殺は愚かだと考えます。

ただ、他人がどう考えるだとかそういった事に興味はなく、誰かの死に隣り合わせたことがないことも相まって、死を特別なものと思えません。

もっと核心に迫って考えを述べるとするなら、自分に関係の無い人が死んでも何も思わない。

これらは当たり前のような感情と私は思っています。周りには生が溢れていると同時に、人間は勿論動物も死に絶えていく。貧困な国、紛争地域では無残に人が死ぬ。それらはとても悲しい事だと思います。けれど、それを実体験に結び付けることは無意味で、同情も、怒りも、不毛なものだと思うのです。

自分に関係のある人であれば、それは恩を返す意味でも、花を手向けることも必要だと思いますが、不運の事故で亡くなった子供にいつまでも哀悼を向ける。少し感覚が遠いように思えてなりません。

何度も繰り返すようですが、そこに近親者がいなかったからだと、私は思います。でも本当にそうなのか、分かりません。テロでも、大災害でも、死ぬ可能性はあった。けれどまだその瞬間に立ち合えていない。ならば他人事だと、私はそれら全てを歴史として捉えています。言葉にするのは憚られますが、どれだけ死のうとあまり痛くない。同情する、寄り添うことは出来ますが、それが本心であるとは思えない。「そうすべきだ」と、周りを見て思うから、そう思っている。そんな気がしてなりません。

なので私は私が死ぬ時や、発狂した時に誰かを巻き込んだり道連れにしようとも、恐らく罪の意識を感じることは無く、むしろどれだけ影響を与えたかに注力する気がします。それは現時点での無意味さ、それをしないことでのメリット、釣り合いが取れているので犯罪行為に手を染めること無く生きている。要するに、例えば殺さなければ殺させる環境下、紛争地帯に投げ入れられれば当たり前にそうするように思えます。…というのも、こうして考えると当たり前のような気もします。

何が当たり前か、分かりません。私は昔からこの「サイコパス」という言葉が苦手です。あたかもそれに当てはまるような気もするし、だからといって社会不適合者として生きて行こうとする訳では無い。ある種の、いわゆる厨二病的な、選民思想をくすぐるものに少しの共感はあります。でも、「サイコパス」で有りたい訳では無い。それがなんというか、使命めいたようなものであれば、そのように振る舞うことは吝かでは無いのです。私はそのようにして、現実で揺られながら生きていて、それに満足しているので、今の破滅を望んではいません。それでも、もし法という枷がなくなったら自分はどうなるのだろう?自分に悪意が向けられたとしたら、それを理由にして、生きる道を、人の道から外れるのだろう?…なんていう、正しく厨二病のような思想に収束していくのです。

あくまでもサイコパスだとか、そういうものは記号だと思います。チェックリストに全てあてはまっても、私がそうでないと思い込み、そうでないと行動すれば、それはサイコパスでは無いはず。けれど眠っている何かがあるとすれば、今の平和な日常が無いようにコントロールをしたい。相対的に自分の思想はどこにあって、そういった意味で自分は「普通なのか」というコモンセンスを確認したい。

私は普通じゃないと言われようと、普通だと言われようと、やはり私自身は1人しかおらず、それを1つの誇りと思っています。そうでなくては生きていく意味もなく、それが奪い去られた瞬間に死んでしまうと感じています。ですから純粋にこれまでの私の考えを読み、思った事をおきかせ頂きたいのです。分かりにくい一人語りですが、何とぞよろしくおねがいいたします。
男性 ぽちまる41號 41歳  /  大分県 PC 2019年05月15日(水) 16:55
投稿ID:75967
死に対して無感情、ということでは無いのではないでしょうか。

この辺は、感受性等の差によって感じ方は人それぞれだと思います。

なにも、無関係の人の死まで向き合えなければ、サイコパスか?普通じゃないのか?という話になると、ちょっと話が広がりすぎてるような印象もあります。

私個人としては逆のタイプといいますか。

死に対しては色々感じてしまい、大の大人のくせにお涙ポロポロです。
数年前の大震災では津波の映像とか流れましたが、それを見てももうボロッボロでした。
友人の家族の葬儀に参列したこともありますが、その時も泣きました。

死について感じる部分は人に限った話でもなく。

田舎県なので、たまに道路で動物のを見かけたりしますが、それですら感じるものがありしょぼくれたりします。

これは同様になるかわかりませんが、私の個性だと思っています。
なので、あくまで私がそうあるだけだ、という話。

こういうのに共感出来る人も居れば、出来ない人も居る、それは当然のことだと思います。

なので、死に対して何かを感じないから、感じ方が薄いから、普通じゃないのか?とか悩む必要はないのではないでしょうか?
悩んでなかったら申し訳ないですが。

あと、サイコパスはすごく特殊です。
ここの診断をやった限りだと足りない部分が多いように感じます。
外部サイトで調べるなり、Youtubeなんかでも動画があるので探してみてはいかがでしょうか?
  • 0
男性 popo iPhone 2019年05月15日(水) 23:42
投稿ID:75972
もし、死なくなったらどうなるか、という事を考えてみるのも一つの手立てだと思います。
死ぬまでに、しなければならないことが失われる、という状態になるわけです。

死は主観の経験として語れないのは確かなことですが、あなたが、死に対して無関心でいられたとしても、死の作用は受けているはずです。
私だけという個別性、一回限りという限定性、
と言った具合に、死の作用は、生きるということの根源になっているわけです。

この、誰もが回避出来ない死の作用は、共通感覚になくてはならないものだと思います。
いくら常識とはいえ、あくまでも感覚的なものですから、数値として表すことは不可能です。
正常値があるわけではありません。

極端な逸脱が、難読さんにあるとは思えません。
  • 0
男性 ちぶ 58歳 PC 2019年05月16日(木) 02:16
投稿ID:75977
僕も30代前半まではそんな感じで人が死ぬのは当たり前で、また他人事だったため深く考えていませんでした。
しかし30代の後半になると寿命や病気で親戚が立て続けに亡くなり死が身近に感じられるようになりました。
お坊さんが念仏を唱えます。それを何度も聞きます。そうするとお坊さんが念仏を唱える事で亡くなった人は成仏できると信じたくなりました。
はっきり言ってお坊さんに成仏させる。そんな特別な力はないと思います。天国は存在せず心臓が止まれば終わり。今でもそう思っています。ですが亡くなった人のために念仏を唱え成仏させるお坊さんの役目を信じたくなったのです。
僕は30代後半で死が身近に感じられるようになりましたが、人によっては小さい子供の時に親を亡くした人もいるでしょう。そういう人はより人の死が身近に感じるんだと思います。それが他人であっても。
まだお若いようなので死が身近に感じられないのは無理ありません。
  • 0