相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

その他の相談

女性 三十日月 28歳 iPhone 2019年08月09日(金) 03:34
投稿ID:77323
乗り越える方法を教えて下さい
大切な人が2年前に自殺して亡くなりました。
その人はPTSD、非定型精神病で、障害2級。私は双極性障害で障害3級。二人三脚で歩んで行こうっていつも言っていました。
10年以上付き合っていたから、私にとっては恋人よりずっと大きな存在で、人生の伴侶だと考えていました。

毎日泣き暮らしているわけではないです。
でも毎日、一日の半分くらい、その人のことを考え続けてしまいます。
自分が至らなかったから死なせてしまったんじゃないか、いっそのこと、誰かが、私をそう責めて殺してくれたらいいのに…と思うこともあります。

ただの失恋なら気持ちを切り替えて新しい恋人を探せばいいけど、好きなままで、相手が死んでしまった場合、どうやって乗り越えればいいのか分からなくて苦しいです。

もし大事な人を亡くされた方がいたら、どう乗り越えられたか教えてください。
よろしくお願いします。
  • 0
男性 popo iPhone 2019年08月09日(金) 08:19
投稿ID:77324
生きていく過程において、ともすれば押し潰されそうな圧力のかかる中、なんとか手探りで、もがきながらも先へ進む、といった具合に、同じ苦労を経験した者同士に限って持つことができる、共通する感覚というものがあるわけです

友人にせよ、パートナーにせよ、この共通感覚を抜きにしては、その関係性が成立することはまず滅多にないわけです。
共に苦労をすること、同じ釜の飯を食うこと、これは親しい関係が成立する上での前提条件です。
人質事件の犯人と、その人質との間でさえ恋愛関係に発展することがあるという実例から見ても、直接経験に伴う共通感覚は当事者同士にしか決してわからない極めて私的な共有物です。
どちらか一方が欠けたとしても、共有物としての間は残るわけです。

親しければ尚更のこと思い出さずにはいられない、いやむしろ、いないが故により一層、いた時よりも頻繁に、その存在を感じずにはいられないわけです。
突拍子もない時にいきなり思い出すことがある
わけですから、それはもう、なき者としてリアルに存在しているといっても過言ではないわけです。
なき者と一緒に、これからを乗り越えるという発想になった時に、改めてその関係が結び直されるわけです。
自分一人ではないわけです。
男性 たつみ PC 2019年08月09日(金) 20:33
投稿ID:77332
こんばんは。
求めに沿った人間ではありませんが、少し書かせてくださいね。

誰かが責めて殺してくれたら…。

自分を責めずにいられないのですね。
それに自ら命を絶つこともできなくなってしまった。
2年という時間。

二人三脚でと、人生の伴侶だと。
けれど、もう頼ることも触ることもできない。
それでも、どうにか、2年生きてきましたね。

泣き暮らしているわけではないということ。
けど、気づいたら考え続けている自分がいる。
生きている限り現実があって、動かなければいけない。
もう2年なのだから、ひょっとしたら、そんなふうに思ったのでしょうか。

死というものは何かを心に残していきますね。
いつまでも残る実感。
いつまでも涙させてしまうもの。
後悔という言葉では軽すぎるような思い。
けれど、その向こうに、悲しさとは違うものもあるような気がするのですよ。

死を通じてしか伝えられなかったこと。
その人の死に触れた者しか受け取ることができないもの。

三十日月。
それでもやがてまた月の明かりは戻ってくる。
戻ってくることが悲しいことではなくなる日がいつか来ることを願っています。
  • 0
女性 三十日月 28歳 iPhone 2019年08月14日(水) 02:03 編集済み
投稿ID:77368
皆さまアドバイスをありがとうございます。
後出しになってしまってすいません。怖くて書けなかったことがあります。
私は彼に対して正しい彼女ではありませんでした。
彼の病気がなかなか治らないことは受け入れられたけど、何度約束してもリストカットやODをやめない彼をその度に責めてばかりいました。今思い返せばそのことも受け入れてあげていれば良かったと思います。
彼が亡くなる一年くらい前に、他の人に心が向いてしまったことがあって、それを彼に話してしまいました。彼とは喧嘩になったものの、私が一時の気の迷いだったと気付き謝って許してもらったけど、彼は私を信用できないと思うようになったのかもしれないと思います。
非難されることが怖くて自分が至らなかったからという遠回しな書き方をしてしまったけど、本当は自分が彼を殺したんだと、自分を責めることをやめられません。

人を殺した人間も生きていていいんでしょうか。罪を償って私も死ぬべきではないんでしょうか。彼のご両親も、心の底では私のせいで亡くなったんだから私だけ生きてることが許せないと思ってるんじゃないかと思います。

そういう自分の罪も背負って生きていくことが、私のすべきことなんでしょうか。

彼は自ら死ぬことで、みんなに、私のことを許せないと伝えたかったんじゃないかなと思います。
  • 0
男性 たつみ PC 2019年08月14日(水) 08:24 編集済み
投稿ID:77370
おはようございます。
ありのままを書いたら非難されてしまうかもしれないと思ったのですね。
この返信をどんな気持ちで書いたのかを思っています。

私が彼を追い詰めたのだ。
彼は私を罰するために死を選んだのだ。
彼の家族だって私のせいで息子が死んだのだと「あなたはなぜ生きているのだ」と思っているはずだ。
そんなふうに思いながら過ごした2年はどんなだったろうと思ってみます。

正しい彼女ではなかった。
そう思うのですね。
確かに「死んではいけない」「やってはいけない」と言うのは逆効果で、受け入れることが大切とは言われます。
けれど、身近な存在に「死んでしまいたいんだね」「切らずにいられないんだね」と言うことはあまりに難しい。
そうやって受け入れるには、同じ気持ちでありながらある程度の距離が必要だと思うのです。
だから、彼を責めてしまったという事実は、それくらい距離などなく彼の側に入り込んでいたということでもあると思うのです。
二人三脚で10年以上、人生の伴侶、そう思っていたのですから。
それでも、言ってはいけないことがあるというような不自由さもきっとあったのではとも思います。
他の人に心が向いてしまったというのは、きっとそういうことなのだろうと。

「正しい」というのは窮屈というか、むしろあり得ないことなのかもしれませんね。
僕はそんなふうに思います。
「正しい彼女ではなかった」と僕には思えないです。
間違いがあるとしたら「正しい彼女ではなかったと思うこと」だろうと。

あなたを罰するために死を選ぶような人をあなたは「人生の伴侶」と思ったのですか?
  • 0
男性 popo iPhone 2019年08月16日(金) 18:46
投稿ID:77395
彼の自殺の原因が、貴女にとっては決して無関係ではないという事実は変わらないわけです。
むしろ最後の一押しをした可能性は高いと貴女自身が思うことについても了解できます。

おそらく貴女が彼に対して理解しなければならなかったのは「彼の考え方」というよりも、
自傷やODという行為を含めた「彼の生き方」
だったのでないでしょうか。
親しければ親しいほど、この様な立ち位置での客観的な見方は非常に難しいわけです。
ただ年齢を重ねても身に着く事では決してありません。
それ相応の意識を持った上でなければ、理解できることではないわけです。
至らなかったとしても当然だと思います。

心の棘は棘として、残したままの方がむしろいいと思うわけです。
新たに正しいと思えることが、棘と引き換えに一つ手に入れられたということです。
貴女の感じている正しさや間違いに気づく事は
同じ様な立場になった人でしか理解できない判断基準として大変貴重な経験ではないでしょうか。
人生の伴侶と言うからには、亡き彼との関係をこのまま継続する必要があると思います。
  • 0
男性 ぜろ. PC 2019年08月18日(日) 09:45
投稿ID:77407
三十日月さん

喪失感と罪悪感と。

彼を責めた事、気の迷い、どちらもしなかったとしても、自責の念はあったと思います。
ODやリスカを責めるのは、彼が大事だから。
気の迷いは、それだけあなたが苦しかったから。

罪を背負う必要はありません。
自分を許してあげてください。

前を向き、幸せになることが、
亡くなった方への一番の手向けです。
  • 0
男性 popo iPhone 2019年08月18日(日) 10:40
投稿ID:77408
背負わねばならない荷物が罰なのか罪なのかはさておき、背負うべき必要のあるものは背負わねばならないわけです。
いじめで自殺したクラスメートに何も手を貸さず、見て見ぬ振りをして、しれっと生きているそんな輩ではないわけですから、独りよがりの幸せなどもはや追求するには値しないわけです。
伴侶と言うからには、当然その死者と伴に生きることも含まれるわけです。
それ以外の幸せなど、もはやないわけです。
亡くなった彼には、たとえ伴侶の意味がわからなかったとしても、貴女が彼を伴侶と見なしている限りは、ちゃんと背負う必要があるわけです。
背負わずに自分を許すことなど絶対にあり得ないわけです。
  • 0