相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

その他の相談

その他 ねこ子 iPad 2019年05月31日(金) 08:40
投稿ID:76189

需要と供給がマッチングしたね
男性 よろしくさん iPad 2019年05月31日(金) 15:08
投稿ID:76191
内容が内容だけに突っ込んだ表現をしますこと
ならびに専門家の意見ではない誤りを含むかもしれないことを承知の上でお読みください

性依存症という診断名がないので鉄郎さんがどんな症状かざっくりとした想像しかできませんが
下記の病院のサイトにあるようなものであれば認知行動療法や行動抑制の練習と服薬があると思います。
http://www.ohishi-clinic.or.jp/sex.html

性嗜好障害だと露出、窃視、サドマゾみたいに一般的な性行動と違うものになり
同性、異性との性行為、自慰などの行為で困るのであれば異常セックス障害というのがDSM-5であったかと思います。
ですが先進的である米での診断基準もちょっと前のものでその時点でも強迫性障害の1つではないかと議論になり
ICDでもDSMでも対象、目的の特異性のある性嗜好が取り上げられがちで性行為に関する治療研究などは診断自体に難しさがある状況です。

何かに反応してしまって性衝動に結びつく、であれば認知行動療法が
兎にも角にも我慢ができずそれで困る、ストレスを感じると行為にはしる、であれば行動抑制の面でのアプローチになるかと。

何かがあって→→それを判断し→→反応する

簡単なのは何かを取りぞき以降を断つ。しかし現実社会で性的なものをイメージするものを撤廃は難しい。入院など中長期の療養はここ。
では何かを判断する。ここは療法により何かを性的に結びつける回路を組み替えることを練習したり、意識を向けないようにしたりします。もちろん服薬と並行されます。
反応する部分はどうしても判断後ではどうしようもないです。ですが、診察治療の開始の際にはその指針となる手がかりがある部分なのでできれば一連の流れをお伝えできると良いかと。

しかし、薬物や酒、タバコと違い物の介さない、ギャンブルや性行為などの快体験はかなり強く
また症状を自覚された方の器質的な面(性格や趣味嗜好)、脳機能面(行動抑制、情動に関する部位)など多岐にわたる要因があるためどうしても原因対処でなく、症状に対処になってしまいます。
そのため医師も心理もそういった判断をされた。。。。。のかもしれません。