相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

その他の相談

男性 ゴートゥーセブン 41歳 PC 2018年07月12日(木) 20:22
投稿ID:68724
あなたは愛されてます。
あなたの罪はキリストが身代わりになりました。

聖書
  • 0
女性 柚(ゆず) 24歳 Android 2018年07月12日(木) 20:49
投稿ID:68728
今を一生懸命頑張って生きてたらいいのかなって思います。
  • 0
男性 ぜろ. PC 2018年07月12日(木) 20:57
投稿ID:68729
P.Iさん

たまにつぶやきを拝見しています。
あなたは十分苦しんだと思います。
そして、同じ過ちは犯さないでしょう。

神様はもうあなたを許されていると思いますよ。
許せていないのは、あなたご自身だけ。

どうか、許してあげてください。
ご自身を、愛してあげてください。

人は誰しも罪を犯すものです。
大切なのは、同じ過ちを繰り返さない事。

真面目でまっすぐで、自分に厳しいあなたには、
きっと笑顔の方が似合っていますよ。
  • 0
女性 ぜろっふ 22歳 PC 2018年07月13日(金) 02:23
投稿ID:68740
こんばんは、コメント失礼します。
どこかで見た言葉で多少ニュアンスも違いますが

大切なのは失敗しないことではない
失敗した後に反省し、次にどう生かすかだ

なので、十分に悩み、後悔し、反省したのでしたら、前向きに進めばいいと思います。後ろも気になりますが、大切なのは前だと思います。
  • 0
女性 リトルミィ 京都府 PC 2018年07月13日(金) 20:03
投稿ID:68773
私も10代なるかならないかぐらいのころに、とても人には言えない、許されない、深く一人の女の子の心を傷付けるようなことをしてしまいました。
私は前向きで毎日幸せに暮らしてるけど、それでもときどきそのことが頭に浮かんで、目の前が真っ暗になることがあります。
まだ物の分別のつかない子供のしたことです。
ですが、私に傷付けられた女の子は、一生それを忘れないでしょう…。そして私も忘れることができません。

でも、縁あって、私と同じようなことをしたことがある年上の方と知り合いました。
その方は「子供だったんだから仕方ないじゃん」と言ってました。「だからあなたも気にすることない」と。
それで少し気が楽になったこともあるし、いやいや、私は私を許せない。そして女の子も私を許していないんだから、と思ったりすることもあるし。まだ気持ちは安定してないです。

ただ私の場合、その女の子が今は普通に幸せに暮らしてることを知ってるし、一生許されることはないどころかもう二度と関わってはいけないことも分かってるけど、それは私が一生背負っていく罰だから、甘んじて受けようと思っています。

その出来事があって、小5に上がるか上がらないかくらいのころから「自分は生きていてはいけない人間だ。でも未成年であるうちは私の体は親のもの。だから二十歳になったら自死しよう」と考えていました。結局それは二十歳になるころにちょうど長期入院をしていたりでうやむやになってしまったんですが。
ただ、「二十歳になったら死のう」と思ってる子供がまともに育つわけもなく、中2で病気になりました。
病気になって学校にちゃんと通うのが無理になり、高校は辞めました。
親に行くよう命じられた職場で、妻子のある人とお付き合いしました。
その職場で仲良くしてくれてた同年代の女の子たちはそのことで私を侮蔑したりはしなかったけど、中学からずっと親友だった一番の友達は私に嫌悪し、去っていってしまいました。
その時はただただその男性が好きで好きで、親友に捨てられてもその男性のために身を粉にして働きました。理性を失っていて、間違ったことをしてるということにすら気付けずにいました。
しかし飽きられ捨てられ、失恋のショックで退職・入院して、ああ、なんて自分は愚かなことをしてしまったんだろう…とようやく自分の過ちに気付きました。改心したことを親友も理解してくれ、仲直りもできました。

そんな感じで私の10代は過ちだらけでした。
本気で「自分なんて生きてる価値がない」と思いました。
でも本気で私と向き合ってくれる医師・カウンセラーに出逢い、死ぬチャンスを失い、そうこう生きてるうちに「私はとても不完全な人間だけど、それでも生きていていいんだ。私にもできることがあるんだ」と思えるようにもなっていきました。

P.Iさんが犯してしまった罪がどのようなことなのか分からないのに言ってはいけないのかもしれないけど、今は自分で自分を許せなかったり、人も自分を許してくれなかったりするかもしれないけど、自分の周りの環境はどんどん変わっていくし、ずっと自責を続けてる中で、自分にもできることを見つけられて、そのために生きようと思えるようになると思います。
そして罪も、少しずつ薄れていきます。
10代、私の頭はその罪のことでいっぱいでした。そのことしか考えられなかった。
でもそのこと以外の人間関係がどんどん広がっていって、少しずつ頭の中に他のことも入ってくるようになってきました。
その割合がどんどん変わっていき、他のことを考えてるけど、罪のことも忘れられないという状態から、ときどきフラッシュバックがあるくらいに、それがもっとマシになりフラッシュバックがあってもパニックにならなくなって。生きてさえいれば、自分の内側はどんどん変化していくもんです。

今は犯してしまった罪のことしか考えられないのかもしれません。
それを「考えなくていいですよ」「もう十分苦しんだんだから、許されていいですよ」って周りが言うことはできる。
でも、自分で自分を許せないんですよね…
でも、許せなくても、前に向かって歩いてみてください。
どんどん違う世界へ踏み出してください。
世界が広がっていけば、自責の念は必ず減っていきます。
長い道のりになるかもしれません。
でも必ず自分で自分を受け入れられるようになる日は来ます。
だから大丈夫。
もう少しだけ力を抜いて生きてみてください。
少しだけでいいから、頭の中に別のこと、入れてみてあげてください。
楽しいことでも、償うための苦行でもいいから、とりあえず動いてみることを。
大丈夫。いつか必ず大丈夫になるから、それを信じていてください。
  • 0
男性 44歳 PC 2018年07月18日(水) 22:56
投稿ID:68997
過去の事で傷になる事、後悔はあります。
誰しも大なり小なりあるとは言えるかもしれません。
罪に当たるかどうか、法律に当たるかどうか、僕も法律関係は仕事で考えたことがあります。

そのきっかけは単純に車の免許を取り、車で人に当たったら、どうしようと心配しました。
その時の心配は若かった事もあり、深刻でした。

ただ、人をひいてお年寄りを死なせたと言う人がいました。
スピードを出していて、うちに何回か来ていた知っていた人でした。
その人が被害者の家族に謝罪に行き、気持ちは通じたと晴れやかな顔をしていた事を思い出します。

事故自体は避けなければならない、それでも起きてしまった事で。
その時はどうするか考えさせられる、こういう方もいると、あれから少し安心したように思います。

そういう知識や経験を積んでいくと、以前は大きな傷だった事でも少しはましになりことがあります。

例え犯罪でも、法律家を考えていた頃はまず加害者を考える。
そして、加害者がいなければ、被害もない。
また、仮に加害者であってもその人自身の幸せまでは奪えない、どんな人でも幸せになる権利がある。

そういう思いは、年を重ねても変わらないです。

何があったのかは分かりませんが、傷を抱え償いをする場合でも。
人生どんな場合でも、幸せになれる、幸せになる権利はあります。
過去は消えなくても、生きてる限り、これからの人生の方がずっと大切で、幸せになる権利があるのですから。 海
  • 0
男性 林道先生 栃木県 PC 2018年07月19日(木) 15:50
投稿ID:69027
罪は償いきれない、神からの贈り物なんだと思ってます。

それを重荷と感じるか、人間が元から持つ諸得性から来る恩恵だと感じるかは自分次第ですが

過去は死んだ屍と同じなので、過去との対話が辛ければ、未来と対話した時、過去が足枷になるならば過去を切り離してもいいんじゃないかなーとも思います。

過去の自分を許すことは今の自分を許すことにも繋がりますが、過去の自分の罪に怯える現在の自分は、未来の自分が恐れる罪のさきがけなのではないかとも思います。

「許容」は簡単に出来るものじゃないですが、受け止めて、許して、その自分を容認することが罪を償う第一歩ではないかな。と思います。

俺は前科があります。その過去を消そうとも思わないし、忘れようとも思いません。そのせいである今の自分も、そのおかげでいられる今の自分も、やはり全てはその「罪」が繋がってくるからです。

罪に怯え、恐れるなら、今後の未来その罪に向かって立ち向かうことも、避けることもできるんです。

背徳感に愉悦を感じてるようには思えませんし、とても良い罪との向き合い方だなーと思いました。

ただ、自分が押しつぶされない程度に罪を抱きながら歩くのはいいと思いますが、罪を背負いながらだと牛歩になりますが、ウサギとカメでいうカメになっても最終的にゴールできるなら、それはそれで素晴らしい罪に対しての歩み方だなーと感じます。

カメでも牛でもいいので、ゆっくりと前に進んでいけたらいいですね。
最後には罪とのレースに打ち勝てるんですから。

お互い頑張りましょうね。応援してます。

ではでは
  • 0
女性 mari07 30歳  /  北海道 PC 2018年07月19日(木) 21:17
投稿ID:69037
色んな形であれ私も罪を背負ってます。
やりきれない思い、苦しい思い、悲しみ、負い目、言葉では足りないくらいのものが
あると思います。

でもそれは許される事なのだと思っています。私自身も。
ただ今はまだ傷が癒えない。
自分の中で整理をつけるのには時間がかかるとも私自身精神科の主治医に言われました。

だから今は苦しくてもその罪を背負い、乗り越えていけるようお互い
生きていきましょう。
  • 0