相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

境界性パーソナリティ障害

女性 いぬこ〒 17歳 iPhone 2019年01月11日(金) 06:56
投稿ID:73822
性的放縦人格
以下引用です。

人が一度トラウマを受けると、その後も被害を受けやすくなることが報告されています。
(中略)
特に、子どもの頃に性的虐待を受けると、恐怖で身体が固まり凍りつき、頭は真っ白になって、機能停止しますが、私の中の私でない部分が加害者の次々と出す要求に服従していきます。それらは性的放縦人格になり、援助交際やレイプのお膳立てをして主人格を生き地獄に落とすことがあります。性的放縦人格とは、異性を誘惑して、人妻のような雰囲気を醸し出し、重度の浮気性や性的奔逸、愛のない性行為を操り人形のように繰り返します。

私はこれなのですが
同じような人いますか?
男性 むめー 33歳 Android Tablet 2019年01月15日(火) 15:14
投稿ID:73922
自分が前に付き合ってた女性がこの傾向でしたね…
義父に性的虐待受けてて、トラウマ残ってる一方で妙に性的魅力があってそれを好むように見える行動を取り、その後嘔吐したりするから付き合ってた当時は自分に知識もなかったので訳が分からなかったです。

メンタルの治療受けた方が良いってこちらが伝えるものの、嫌だと言われ浮気され、結果別れることになってしまいましたが。
今になって思うと、病院行けって伝えるのは伝え方が難しいというか、自分では無理だと言ってるように受け取られたのかもしれなくて、その点悔やんでます。
  • 0
その他 @メルヘン iPhone 2019年01月16日(水) 00:09 編集済み
投稿ID:73928
過去にお付き合いしていた女性が似たような症状がありました。
個人的には最初境界性人格障害だと感じていました。
が…今思うと違っていたと思います。
当時の彼女はまだ低年齢時から性行為を強要されたり監禁されたりした経験もあったそうで其の経験が強いトラウマになっているようでした。
それが引き金となり強引且つ恫喝を交えたり強行的に求められると頭の中で恐怖心が勝り相手に身を委ねてしまう事があったようです。
ただ、そこに快楽や楽しさはなく。
そんな自分を嫌悪し恐怖心や弱さを壊したいと常に考えていたと聞きました。
元々年が離れた弟が生まれてから家庭に居場所がなくなり友達の家や知り合いの家を渡り歩く生活をしていたと話していました。
私と友達として関わるようになってからは、私の知る限り本人が「他人」と呼ぶような知人や友達でも信用を置けない人に対する態度は明からさまに冷たく関係性に対してすら嫌悪を抱いている様子でしたが私を含めた歴代の恋人に対しては全くの別人でした。
いわゆる典型的な甘えたな人でした。
見た目の印象も可愛いと綺麗の間で本人も美意識は高めだった事も併せて典型的という印象になったように思います。
特に過去の恋人はDVや当人への扱いが酷く借金の肩替りや暴力からの溺愛を繰り返していたようでした。
本人は「恋人」という認識に対して強い依存心があり。それでも隣に居てくれて自分を必要としてくれるなら良いと強く思って居たようでした。
しかし繰り返される借金やDVの中で必要なのは自分ではなく自分の稼いでくるお金や欲求を満たす為の体なのだと改めて認識して別れたそうです。
それからしばらくして友達だったその方と正式にお付き合いするようになりました。
当時私が感じて居た印象は私以外の異性に対する敵対心が尋常ではなく私の周りの異性に対する敵対心も尋常ではありませんでした。
支配されたがる欲求と独占されたがる欲求。
勿論両方を自分がしたがる欲求も強かったように思います。
付き合い始めて初めて性行為をおこなった時に言葉や態度や暴力による支配やDVもなく扱われ方が他の人と違った為か震えながら号泣されたのを覚えています。
私は元々DVや借金をするタイプの人間ではないので其れらが無縁だった為か初めて人形ではなく人間として。
雌ではなく女性として扱われて嬉しかった反面、経験のない怖さがあったと泣いていた理由について聞かされました。
それから暗黙のルールのようにキスマークを付けたり其々の形で互いの事を離れていても感じるように痕を毎回付けていました。
性に対して奔放だったか?と言われると私の知る限り私以外とは関係を持たなかったように思っています。
ただ私に対しては過去の恋愛史上1番と言っても過言ではない程身体を求めてきたパートナーだったと思います。
時間を問わず朝まで、また朝から…昼から…ということもザラで性行為の最中に何度目かも分からない彼女の昇天でそのまま気絶した事も何度もありました。
アニメやホラーのような白目を剥いたり泡を吹いたりするわけではなく意識を失う状態で初めて意識を失った時には気絶ではなく腹上死をしたかと思い焦りました。
身動きは無いものの息はしていたので目が醒めるまで布団を掛けて添寝していて起きるのを待ったのを覚えています。
その頃しきりに私の名前のタトゥーを彫らせて欲しいと懇願されたり気がつくと同じ数、同じ場所にピアスを開けていたり彼女なりの愛情表現に気がつきました。
身近なファッションや音楽や香水や煙草も気がつくと同じ物や近しい物になっていました。
特にファッションについては決して安くはない物だったり今のようにネットで買える物でもなかったので歳上の人ながら背伸びをしているのが伝わりました。
他人様から見たら歪な愛情の形に映っていたと思いますがそれでも彼女と付き合った事に後悔はありませんでした。
参考にならなかったり望んでいた相談の回答に感じ取れなかったら失礼致しましたが最後まで読んで頂きありがとうございました。
  • 0