相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

自殺願望

女性 まめごま 24歳 Android 2018年07月02日(月) 15:09
投稿ID:68265
どうしたらいいのでしょうか 。
家庭環境、職場が原因でうつ状態になり無職になって半年が経ってしまいました。
不眠、食欲不振、自傷行為、一日中ぼーっとしていたり
、一人で突然泣き出したりしています。
自力でどうにかなると思って半年が経ってしまい、焦りと不安から自殺願望がどんどん大きくなっています。
病院へは一度も受診しておりません。理由としましては、経済的に余裕がない、異常の有無を知りたくないということからものすごい抵抗感があり、受診するのが苦痛に感じてしまいます。
母に相談することも考えましたが、母自身もうつ病を患っていて薬を服用している状態です。また、過去にも似た経験をした際に夜中に泣きついたら突っぱねられてしまったことから、それ以来怖くて口を利けなくなりました。

諸々の話を聞いていただいてる方からは「焦らなくてゆっくりと自分のペースでいい」と言っていただいた時にすごく安心して救われました。
ですがやはりそれも一時だけで、「じゃあ私はなにをしたらいいのか、今の私に一番必要なものはなんなのか」と毎日考えてますが答えは見つかりません。

どうしたらいいのか、なにから始めたらいいのか、こんな私にできることなんてあるのか、早く死にたい、もう生きたくない、と自室に引き込もって毎日考えて、首を吊ろうとすると苦しくてやめてしまい、死にたくても死ねないです。

どうしたらいいのでしょうか
死ぬ以外になにも思い付かないです
そのくせ毎日だらだらと生きてしまいます
貯金が尽きる前にどうにかしたいです
今の私に一番必要なことはなんでしょうか
男性 ANZ 30歳  /  東京都 PC 2018年07月02日(月) 16:07
投稿ID:68268
大変辛い思いをされていますね。まめごまさんに一番必要なことは病院で受診をされることです。自傷行為や首を吊ろうとするのは通常ではない行為なので何らかの精神疾患を患っている可能性が高いです。ご自身がどんな病気にかかっているかをしっかり受け止め治療を始めれば焦りが軽減できて体調が良くなるはずです。

金銭的に余裕が無いとのことでしたので、診察を受けましたらすぐに自立支援医療制度の申請を必ず行ってください。これで医療費が3割負担から1割負担になるのでおススメです。

あと、お母様以外にお金を援助してくださる方はいらっしゃいますか?いらっしゃればその方に事情を説明して援助してもらうのが一番かと思います。もしいらっしゃなければ他の支援制度(精神障害者保健福祉手帳/失業保険など)の利用を検討されてみてはいかがでしょう?
  • 0
男性 Son 43歳 PC 2018年07月02日(月) 21:41
投稿ID:68275
お父さんはどういう人なんです?
お父さんとお母さんの関係、お父さんとあなたの関係はどのようなものでしょうか?
  • 0
女性 まめごま 24歳 Android 2018年07月02日(月) 23:25
投稿ID:68284
父と母の関係は周囲から見れば仲が良い夫婦に見えると思います。ただ、母のうつ病の原因は父と言っても過言ではないぐらい、亭主関白でわがままな人です。母がうつ病になってもそれは変わってないです。
普段の父と母は仲良く雑談もしていますが、父はとにかく短気なので、理不尽なことで怒鳴られても母がひたすら我慢しているといった感じでしょうか。

父と私は一切会話をしていないです。私があまり父を好きではないことと、父に対して恐怖心があります。
父は私のことを心配しているようですが、父から話しかけてくることはなく、母に私の様子を聞いてるみたいです。

父についてお話ししますと、病院へ受診しているのかどうかはわかりませんが、父もかなり神経質な性格で慢性的な不眠気味のようです。母が処方された睡眠薬を貰ってることもありました(恐らく現在も)。普段は冗談も言ったり、動物好きな母にネットに配信されてる可愛い動物の動画を見せたりしています。
  • 0
女性 まめごま 24歳 Android 2018年07月02日(月) 23:29
投稿ID:68285
やはり病院ですよね...
誰かに引きずって病院へ連れて行ってほしいです
病院に対する抵抗感が強すぎて、泣いてしまうほど苦痛に感じてしまいます。
どうしたら抵抗感が拭えますかね
質問ばかりですみません
  • 0
女性 リトルミィ 京都府 PC 2018年07月03日(火) 00:45
投稿ID:68295
答えになるか分からないけど、病院に行く前にうつ病について簡単に書いてある本を読んでみるのはどうでしょうか?
健康ライブラリー うつ病についてよく分かる本。健康ライブラリー うつに陥ってるあなたに。があります。図解なので分かりやすいです。
その本を読むとうつ病は誰でもなる可能性のある、特別な病気でないことに気が付くかもしれません。
実際、世界では5人に1人、日本でも10人に1人、しかもどんどんどんどん増えていってる…
だからうつ病の人は異常なわけではないんです。
ちょっといろんなことに疲れちゃって、お休みが必要な時期なだけです。
休んでるだけではなかなか良くならないから、病院でお薬をもらうことが大切だと思います。

最初は嫌ですよね、怖いですよね…
でも、ここにいる人たちの大半が、その壁を乗り越えて病院に行ってると思います。
だからお医者さんも、患者さんのそういう気持ちは分かってくれると思います。

調べられそうだったら、口コミで評判のいい病院に行ってくださいね!そしてANZさんの言う通り、自立支援の申請は忘れないでください。1割負担になったらぐっと楽になりますから。
  • 0
男性 ANZ 30歳  /  東京都 PC 2018年07月03日(火) 01:08
投稿ID:68300
抵抗感がある理由に「経済的に余裕がない」、「異常の有無を知りたくない」と書かれていますが他に思い当たる理由はありますか?例えば過去に病院で酷い診察を受けたとか。

金銭面については、これ以上体調が悪化するとその分治療費がかかってしまうので今から治療を始めるのが最も金銭的に負担のかからない最善の方法なのだと納得するしかありません。

異常の有無を知られたくないというのは私も経験しました。精神疾患や発達障害というのは他の病気に比べて自分の弱みみたいなのが見透かされる感じでイヤなんですよね。。まめごまさんもそう感じているのでしょうか?お医者さんは病気や障害を見つけて治療するのが仕事であって、人のアラ探しをするわけではないので何か負い目であったり、不安を感じることはないですよ。

あと、抵抗感を段階的に拭う方法を考えてみました。いかがでしょう?
1日目:病院に行く準備をする
2日目:自宅から病院に行ける最寄りの駅またはバス亭まで行く
3日目:Lv2の駅またはバス亭から病院のある駅またはバス亭まで移動する
4日目:病院のある駅またはバス亭から病院まで移動する
5日目:病院の中に入って受付をする
  • 0
女性 ごちうさちゃん 25歳 Android 2018年07月04日(水) 03:53
投稿ID:68371
生きたかったら生きるし死にたかったら死ぬよ
けど、お金でこまってるなら生活保護もあるし、日本にいるかぎり、国がなんとかしてくれるよ。
だめな自分をおいこむことは簡単だけどもし、自立しなきゃとか罪悪感でしにたいのなら、自分の意思でどうにでもなるよ!悩んで死にたいのならできるかぎり納得するまで生きてからしのうよ、私も常にそう思いながらこの世に生きてる存在意義を納得できるまで生きるつもりでもがきながら進んでるよ。
私は病院は気休めだとおもってる!
例えば誰かの為に生きたら死にたいとは思わないんじゃないかな?わからないけど、自分のために生きていたら存在価値がわからず死にたいと私は思います。
無理に生きろなんていわない、でも世の中生きようと思えばどうにでもなるよ!乞食だって笑いながら外で明るくいきてたりするよ!
私も今日も現実逃避ばっかしてるけどなんとかはしっこでいきてる!
  • 0
男性 ゆーーーき 34歳  /  神奈川県 iPhone 2018年07月04日(水) 22:05
投稿ID:68385
一回病院に行ってみるのオススメですよ
俺はなんか人に話しして薬飲んだら
大分回復してきましたよ
  • 0
女性 まめごま 24歳 Android 2018年07月04日(水) 23:07
投稿ID:68390
うつについての本を読むことは思い付きませんでした。ご丁寧にタイトルまでありがとうございます。書店で探して見ます。
早く壁を乗り越えて病院へ行けるぐらいになりたいです。
行けるようになる下準備として本で視野を広げてみます。
女性 まめごま 24歳 Android 2018年07月04日(水) 23:39
投稿ID:68392
病院へ行ける方法までわざわざ考案していただきありがとうございます。

抵抗感の理由は他にも2つ程あります。
ただ、私個人の病院に対するイメージなのですが、閲覧した方々のご気分を害してしまうような内容です。
以下がその理由となります。

1つ目に、母の状態を見ていると病院へ行っても意味がないように思ってしまっています。
私が知る限りでは、母は5年以上、月に一度の通院と薬を服用して治療をしていますが、一向に回復している様子がみられず、悪化しているようにさえ感じます。
もちろん、時間がかかることは理解しているつもりでしたが、5年以上も時間がかかってしまう場合もあるのかと思うと、時間とお金の無駄と考えてしまいます。

2つ目は、薬を治療するための物と思えず、体に悪いものと思ってしまっています。
この理由も母の状態を見ていて感じていることなのですが、母は薬の様々な副作用に悩まされています。特に私の中で衝撃的だったのが、服が5Lサイズのかなりの肥満体型になってしまったことです。結果として、うつ病と肥満体型になってしまったストレスの悪循環に陥っています。私は太ることに強い恐怖心があり、普通に食事することもためらってしまいます。なので、そうはなりたくないという抵抗、拒絶というよりは、恐怖心に近いものがあります。

以上の2つの理由から、母は何年も時間とお金をかけて治療をしているのに、うつ病は悪化していく上に、得られたものは薬の副作用と変わり果てた姿...と考えてしまい、病院へ行っても意味がない、行きたくないと思ってしまっています。
  • 0
女性 まめごま 24歳 Android 2018年07月04日(水) 23:45
投稿ID:68393
ごちうさちゃんさんのような、ポジティブさと発想の転換が私には欠けているんだなと思いました。
いつか私もそんなふうに考えられるようになりたいです。
  • 0
女性 まめごま 24歳 Android 2018年07月04日(水) 23:52
投稿ID:68394
病院へ行って救われてる方もいらっしゃるんですよね。
そのお言葉を聞けて良かったです。ありがとうございます。
頑張って行けるように努力します。
  • 0
女性 リトルミィ 京都府 PC 2018年07月05日(木) 00:41
投稿ID:68395
病院へ行っても意味がない、薬は薬効は表れないのに副作用ばかり出る…

実は私も同じこと考えてます。

私は病院に通ってもう20年以上です。
最初は主治医に「僕は治ると思ってるよ!」って言われて、それを信じ頑張ってたけど、主治医は突然病院を辞め、次の主治医も、まだ若いから必ず回復しますって言ったけど、結局まだその先生のもとに通ってるし…

私も激太りしました。副作用の所為だけではないですが、何もかもどうでもよくなって、ほぼ寝たきりなのにもりもり食べちゃったんですよね…
今も自分の太った体には嫌悪を持っていて、痩せたいあまり何も食べたくなくなる時期と、何もかもどうでもよくなってダイエットをやめてしまう時期の繰り返しで、結果、痩せたのにリバウンドということが多く、年々太っていってます。
薬の副作用だけではないのですが「結局薬飲んでもやる気が出てくるわけじゃなく、痩せたいと思うことすら叶えられないなら、いったい何のための薬なんだろう…」と思います。特に私は薬が効きにくい体質で、良くも悪くも飲んでることに意味が感じられません。でも、飲むのをやめたらもっと悪くなってしまうんじゃないかと思うから毎日飲んでしまうのですが…

ちなみに私の母もうつ病です。いや、うつ病でしたと言った方が正しいかな。5年以上精神科に通っています。ほんの1~2週間前、母の「今日は仕事の会食で喋り過ぎてしまった」という一言で、「やばい、今までうつ病と思ってたけど、これは躁うつだ…!」と医師より先に私が気付きました。本当、何なんだよ、あの先生はっていう怒りは今もあります。母にはもっと違う薬が必要だろう?あんたがちゃんと正しい診断をくだしてくれなかったから、母はこんなに長く苦しむ羽目になったんだって…

母のことは分かりません。
病気になったこと、薬を飲み続けること、治らないこと、どんな風に感じてるのか、ちゃんと話をしたことがありません。
でも不眠に関してだけ言えば、薬を飲むことで眠れてるから、そのために通っているのかな?と思ったりもします。

私は…
やっぱりそれでも病院に行ってよかったって思うんですよね。

私が病院で受けてる治療は、メインは投薬ではなく、カウンセリングです。
カウンセラーと話していくうちに、「なんか私は病気のままで生きていけるような気がしてきた」って思えるようになったんです。
そして多分、病院行ってなかったら今もうこの世界にいなかったと思うんです。
薬は私を助けてくれませんでした。
でも死にそうに苦しいとき、死にたいと言える相手ができたことで、私は生きてこれたんだと思います。
今でも困ったことがあると病院に電話します。先生が電話つながる状態だったらつないでもらい、眠れなくて困ってます、食べたら吐いてしまうようになりました、急に死にたくなりましたなど聞いてもらいます。先生は医者なので、手持ちの薬をどれだけ飲んだらいいかの指示をくれます。でもそのことより「また辛くなったらいつでも電話してきてくださいね」っていう電話を切るときの言葉が欲しくて電話してるのかもしれません。

病院に行ってすぐにカウンセリングを受けられるわけではないかもしれません。カウンセリングが保険適応してる病院は少ない気がします。
でもカウンセラーのように話をたくさん聞いてくれる医師もいます。
そういう存在を見つけるために、病院に行くのかもしれません。

そして薬も、
効かない人が多いかもしれないけど、ちゃんと効いて、社会復帰できてる人もたくさんいます。
試してみて副作用しか感じられないならやめてしまえばいいんです。
薬が何も効かない、薬メインじゃない治療をしたいと言えば、それを考えてくれる医師もいます。

確かに日本の精神科は投薬治療に頼り過ぎだろう…と思うことが多々あります。
でも本当は、病院はそれだけの存在じゃないはずなんです。

病院は「自分のことを正しく知る」ことのきっかけです。
お母さんはもしかすると「うつ病」しか見えてなくて「問題の本質」がまだ見えてなくて、寛解まで時間がかかってるだけかもしれません。

行ってみて、やっぱり嫌だと思ったらやめて大丈夫ですよ。
でも、行かないと良くも悪くも何も変わりません。
病院行って、やっぱりマイナスしかなかったらまた一緒に方法を考えましょう。
ここには先輩がたくさんいます。

だから、一度だけでいいから、「ちょっと歯医者へ」という程度の間隔で精神科へ行ってみてください。
いい先生に出会えるよう祈っています。
  • 0
男性 ANZ 30歳  /  東京都 PC 2018年07月05日(木) 15:17
投稿ID:68409
既にご認識していると思いますが、うつ病を治すには要因となったストレスを遠ざけること、医師の指導の元適切に服薬することの2つが不可欠です。

お母様の場合、治療に時間がかかっているのは発症の要因となったストレスを受けている状態が続いているからではないでしょうか?そのため薬の効果が効きにくく長引いてしまっているのではないかと思います。もし服薬をやめてしまった場合は、薬の効果が無しになるので症状の悪化スピードが速まってしまう危険性があります。薬でうつ病を治すことはできませんが症状の悪化スピードを遅らせることはできます。ですので時間やお金の無駄とは思わないでください。

副作用や体型については私も似た体験をしました。副作用は呂律が回らなくなったことで主治医に相談して別な薬に変えてもらうことで対応しました。うつ病になるとどうしても体を動かすのが億劫になってしまい基礎代謝量が下がってしまい、どうしても太りやすくなってしまいます。そのため発症前(昨年の2月)が80kgで発症して100kgを超えてしまいました(今年の4月)。今はダイエットをして適正体重に戻しているところです。栄養価が高く低カロリーの食事に切り替えて、ウォーキングを週に1、2時間すれば劇的とはいきませんが徐々に体重を減らしていくことは可能だと思います。

なので病院に行くことにムダなことではありませんし、服薬をすることで少なからずとも効いているはずです。

差し出がましいことを言うようですが、家族会議を開いて病気を治していくための相談をしてみてはどうでしょうか?まめごまさんがうつ状態になった要因をお母様/お父様で取り除く、お母様が今現在抱えているストレスをまめごまさん/お父様で取り除く、お父様の不眠の要因をお母様/まめごまさんで取り除く、方法を考えてみるのが良いと思います。

性格を治してとまでは要求せず、病気が治るまでの間だけこうして欲しいとお願いすれば協力してくれるかもしれません。もし、この互助体制ができれば少なくともまめごまさんとお母様のうつ病は良くなると思います。
  • 0
男性 Son 43歳 PC 2018年07月06日(金) 22:04
投稿ID:68479
色々な方が意見を述べられているので、私はやってほしいことに焦点をあて記すことにします。

・知識を得ること。
「うつ病」と「認知行動療法」について学んで下さい。
認知行動療法はうつ病治療に役立ちます。

・外出すること。
例え数分でも良いので外出して下さい。散歩でも良いし、自転車に乗るのでも良いです。
体を動かすこと自体良いことですが、「自分が体を動かすことで景色が変わる」という経験が尚更良いのです。

・バランスの良い栄養摂取を。
脳も栄養を必要としています。
「脳が必要とする栄養素はブドウ糖だけ」というのは古い考えです。実際には色々な栄養素が必要です。
ビタミンやミネラルなどはサプリメントなどで補うのも一つの手でしょう。

最後に私見を。

人は皆、未熟です。
あなたの両親も、あなた自身も。(無論、私も。)
でも、だからこそ人は成長していける。
未熟であることは何も悪いことではありません。それは、その人の伸びしろです。