相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

発達障害

女性 たこのおすし 25歳 Android 2017年12月18日(月) 17:45
投稿ID:62026
障がい枠は身体の場合に比べ不利か
どこのカテゴリにも関連して迷ったため、こちらへ投稿いたしました。

障がい者枠での就職は、身体障がいの人よりも精神疾患など精神的な要因である場合は困難であると聞いたことがあります。

実際はどうなのでしょうか?
参考にしたいので、の回りではこんな感じ、実際にその枠で働いている、など様々な情報お待ちしています。
  • 0
男性 無気力 38歳 PC 2017年12月18日(月) 23:32
投稿ID:62048
障がい者枠においては名前がないだけで
企業によっては事実上「身体障がい者枠」といっていいぐらいかもしれません。
もちろん精神の方で障がい者枠で働いている方も多くいらっしゃいますので
不可能ではありません、
きちんと精神障がい者も採用するっていう企業に巡り合えれば
運も必要ですがチャンスはあると思います。

ただ身体と比べてかなり不利だということは自覚しておいた方がいいと思います。

理由としては精神障がい者と聞くと
①急に休んだり早退したりする可能性が高いと思われる
②すぐに辞めると思われている
③仕事のミスをされた時に物凄く気を遣う、注意しにくい=扱いにくい
④その他、精神障害を全く知らない人からは危ない人だと認識して敬遠する人もいる

①について
作業所でも頻繁に休まれたり途中で早退される方がいますが
会社でそういうことをされると非常に困ったりします。
障がい者雇用という枠の中でそれをされても困らないような
仕事設定をされている会社であればいいのですが・・・・
急に休まれたり帰られたりすると困るという仕事であれば×でしょう。

なので基本必ず会社には毎日来られる、早退もしませんということを
面接でアピールしたほうがいいですね。
もし精神的な事情でそれが無理なら会社に伝える必要がありますが
その事情を呑んでくれるかは会社次第ですし、
それを言うことで落とされる可能性は企業によっては大きくなると思います。

②について
自分の周りでも実際にいますが
作業所上がりの方などで障がい者雇用に移ってもすぐにやめてしまう人が結構います。
その会社に今までに精神の方を何人か雇ったけど
すぐに辞めてしまう人ばかりだったという過去を持つ会社なら
精神の方はもう取りたくないっていう方針の会社もあるかもしれません。
なので面接のときに自分は絶対に大丈夫という旨のことを伝えるしかない。
もちろん障がい者なので正直に言っても構わないのですが
どんな事情であれ「すぐに辞めるかもしれません」と言って採用してくれる会社はないと思いますが。

③について
仕事でミスをすると注意しなければならない場面もどうしても出てきます
そういう時に精神障害の方ですと注意した次の日から出てこなくなるとか、
故に注意した人に矛先が向かう、でも注意した人には全く悪気はなかったり。
なのでミスした時の接し方などにもすごく気を使わなければならず
会社側からすると腫物扱いするようにものすごく使いづらい

④について
今の時代はそんな会社めったにないかと思いますが精神障がい者に対する偏見ですね
まあそんな会社があればこちらから願い下げでいいのではないでしょうか。

 
これが身体の方でしたら頭や精神は正常ですので
健常者のように会社に休まずに来てくれる、
どこに障害があって周りはどこに気を遣えばいいのかわかりやすいので採用しやすい
でも精神の場合は目には見えない障害でどんな障害でどんなことが苦痛で
どんなふうに気を遣えばいいのか?というのが健常者にはわからないですよね、
まあこういった事情からして身体の方に比べて精神の方が敬遠されやすい傾向にはあります。

しかし、です。
今までは単に障がい者雇用という枠組みでしたが法律が変わり、
企業は精神障がい者の方も採用しないといけなくなったのです。
そういう意味ではチャンスは大ありです。
ただ以上に述べた企業の精神障がい者に対するマイナスのイメージがあるということを理解して
自分は
①滅多なことでは休まない、早退しない
②辛いことがあっても辞めずに継続して働ける、
③ミスして怒られても挫けたりしない
ということを面接でアピールすれば採用率は上がるのではないのでしょうか?
そしてそのためには本当にその状態になってることが大事です。
そうじゃないならまだ障がい者雇用は避けるべきで作業所などに落としたほうがいいのではないでしょうか?
障がい者雇用は一般就労に近い形で健常者に混じって働く場です。
なので障がい者だからと言って
身勝手な行動を起こしたり周りに迷惑をかけたりする事はできません。
ここが作業所と大きく違う所だと思います。

長々と失礼しました!
  • 0
男性 17 福岡県 Android 2017年12月18日(月) 23:51
投稿ID:62051
こんばんは。初めまして。
身体も精神も障害が有れば障害がない人に比べたら不利である事に変わりありませんが、確かに精神に障害が有れば身体よりも更に不利でしょうね。
ただ諦めるねは早いです。今は障害者権利条約という国際的な法律に日本も批准(国際的な約束)したので、法律にあらゆる障害者を差別してはならない、事になり、やがて、差別的な事をした企業には罰則が課せられます。我々全ての障害者は自信をもって生きて行ける時代になったのです。
男性 メンヘラア Android 2017年12月27日(水) 17:25
投稿ID:62267
報道による。
と精神は身体や知的に比べ長い時間働けんなど様々あり、不利であるとする報道ありました。
でもこれからは精神も雇いやすくするように、国で条件見つめて、採用義務化するらしいです。
アメリカみたく偏見無くなればよいとよく感じます。
  • 0
女性 たこのおすし 25歳 PC 2017年12月27日(水) 18:12
投稿ID:62268
大変遅くなりましたが、皆様大変参考になるご意見ありがとうございました。

不利な側面もありますが、時代も変わったことにより諦めるのもナンセンスということがわかりました。

また、欠勤や早期退職をしないことのアピールも自ら発信していってチャンスをつかむという方法もあるというお話、大変参考になりました。

ありがとうございます。
  • 0
男性 メンヘラア Android 2017年12月28日(木) 15:38
投稿ID:62295
無理なら施設で働く事にしましょう。
  • 0
女性 天然素材 22歳  /  岐阜県 Android 2018年04月18日(水) 01:09 編集済み
投稿ID:65359
正直、精神障害者は身体障害者の人より就労が困難というのは他の方が仰っている通りなのですが、精神障害者しごとサポーターやジョブコーチなどを利用して、会社に直接言いづらいことを第三者の立場から話を聞いてくれたり、困ったことを伝えてもらったりしてくれる支援者がいれば、安定して働くのは可能だと思います。
  • 0