相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス セルフチェック

各投稿の「コメントを書く」でコメントを書くと自動で「>>」で該当の投稿にリンクが付くので特定の投稿に対するコメントにお使い下さい。
画面一番下の投稿フォームからコメントを書くと個別の投稿へのリンクは付きません。
  • 掲示板に投稿するにはログインをして下さい。

アダルトチルドレン

男性 メンヘル3 Android 2021年02月09日(火) 00:29
投稿ID:83371
目的のない雑談が出来ない
中学生の頃から周りに溶け込めず1人で過ごしてる時が多かった。
それから大人になり社会人になって仕事をしてきた。
振り返ると我が道を通すが如くの方法で仕事をしてきた。
それに共感してくれる友達もいた。

けど仕事を変えてチームで仕事(コミュニケーションが必要な仕事)をするようになってから、ふと気が付いた。仕事の内容以外になんて話せばいいんだろうって。

改善しようと自分がやってるゲームのサークルに入ってグループ通話をした。
ガチ勢って言うわけじゃないけど、目的の事をやるまでグダグダしてる時間が嫌だった。
それにゲームに関係ない話とか皆でしてると「興味ね〜、その話知らね〜」と言う自分が居てつまらないと思った。

ようは、雑談ってどーするん?って話
  • 0
男性 神奈川県 PC 2021年02月09日(火) 04:52
投稿ID:83372
仕事に必要なコミュニケーションがとれているならそれで十分素晴らしいかなと。

目的とおっしゃっているが、仕事の上でのコミュニケーションを考えれば、利があること・ないことの分けかたをされているような。
けれども、話すことそのものに利はない、そもそも始めから利というものとまるで関係ないわけです(ですから「改善」という言葉に違和感をもちます)。
何か話したいことがあるとき話す。そうでなければ無理して話すことはない。それでいいと私は思います。

参考になりましたら幸いです。
  • 0
男性 易読 28歳 PC 2021年02月10日(水) 14:02
投稿ID:83388
とても共感する質問内容です。
私自身も同じような思考回路で、「雑談」をしようと思うと、頭の中で検索エンジンにキーワードを入れて、それらしい話題を探して投げかけます。

裏を返せば、それをしなければ「テーマのない雑談」は出来ません。
そして基本、私も仕事以外の話は出来ないと思っています。

ただ、思い返してみると。
家族に対しては、当たり前に「雑談」が出来ていたなと思うのです。
「茶碗がない」とか「服がない」とか「携帯が欲しい」とか、これも全部雑談ですよね。

なんというか、私自身「雑談」というのは一つの「わがまま」であって、「聞いて欲しいこと」「叶えて欲しいこと」の大きな枠組みだと思っています。
他人との距離が遠ければ遠い程、当たり前ですけど、何かをお願いすることのハードルって上がりますよね。

「そういえば同期の〇〇が急に知り合いの女の子を殴ったらしくてさ。」
「近くにめちゃくちゃ美味しいケーキ屋さんが出来たらしいんだよね。」
「今度北海道に旅行しようと思ってるんだけど、今コロナだから迷ってて。」

いろんな「雑談」があって、それに興味ないなーと思うのは、大抵相手のしたいことややりたいことや、興味のあることだからです。
それに対して無理やり興味を持って話を続けるのが雑談です。これって、外国語に直すと納得しやすいんですが。

今の例文、全部英語に直せるかというと、ある程度英語が出来る人ならまだしも、私には到底できません。グーグルを使っても結構な時間がかかるでしょう。
ましてや、これに英語で返事をしようものなら、一回返して、その後また英語を聞き取って?絶対に無理ですよね。

でも会社で話す言葉は、大抵同じです。使う言葉も繰り返しの単語が増えてきます。
要は、脳味噌そのものも、雑談にはエネルギーを要するのです。だから仕事以外の話って嫌なんですよ。エネルギー使いたくないですよね。

反面、興味のあることなら雑談が出来る。英語にしても、同じゲームの話ならいけそうですよね。やり込んでボイスチャットなんてしてたら、専門用語や身内の造語なんて出てきます。
言葉にはそれだけのエネルギーがあって、紡ぐのにそれだけ労力が入ります。

そうしてそのエネルギーと、〇〇して欲しいというお願いのハードル。
これがうまいこと釣り合えば、雑談って勝手に生まれるものです。
家族には平気で何々して、と言えるのはそうしてもらえる可能性が高いから。それを経験的にわかっているからです。

他人にそれをしないのは、嫌な顔をされるとか、過去にそれで空気を悪くしたとか。
自分自身、無意識のうちに相手に何かを求めるのをやめてしまっている。
そう言う人は雑談が苦手になります。そもそもこちらから話を振る、ということが「相手に回答を求める」ということになるので。

仕事であればその大義名分がありますから、自分にでも出来る。
この違いがあります。

理論的なところがなんとなくわかったところで、ではどうしたらいいのか。
まずは自分の興味のあるところから突っ込む。これしかないと思います。
要は、先ほど例に挙げた、英語。そう、英語に置き換えてみればいいのです。

自分にわかる単語なら、ちょっと参加してみようかなと。
全くわからない英語なら聞かないフリでいいでしょう。
それでも相手から無理やり「聞いてよ!」とこられたときは、ちょっとチャレンジしてみるとか。
気になる分野に対しては、あらかじめ知識を予習してから臨むとか。

こんな努力の積み重ねで、きっと雑談力がある人たちはコミュニケーションをとっているのだと思います。誰しもしたくてしているわけではない、それが雑談だと私は思います。
雑談というと誰でも出来るようなイメージですが、本当の雑談が出来る人はほんの少数。
勉強や英会話と同じで、話すために努力をしないと、なし得ないんです。

結局何が言いたいかと言うと、私が思う「雑談」というのは、英会話です。
自分以外の言葉を喋る人と、どれだけ話せるか。それは同じ日本語でも、喋る内容や、ジャンルが違うだけで、こちらが喋りにくくなる。考えてみれば当たり前のことです。
ですから、雑談したくなければしなくていい。けれど、したいのならその人と同じ土俵に乗っかる努力をしなければいけない。人の数だけ、です。

雑談嫌いの私が納得するために紡いだ理論です。
少しでも参考になりましたら。
  • 0
男性 メンヘル3 Android 2021年02月10日(水) 18:29
投稿ID:83389
こんなしょうもない質問に考えを共有してもらいありがとうございます。

利がある、ないの分け方て考えると雑談に関しては仕事的に必要であると考えています。
理由は仕事に必要なコミュニケーション力が不十分だからです。
そして仕事に必要なコミュニケーション力を補う方法は知識だと思います。

自分で調べる度合いもよくわからず、客観的に見たら人に聞いた方が早くない?ってのも多々あります。

なぜ聞きにくいのか?を考えた時に、質問の仕方が分からないから聞きにくいのだと思いました。
そこで問題なのは、質問の仕方を治せるのか?です。
結論から言うと改善は出来ても完全に治せません。

なので考えました。
なぜ聞きにくいのか?まで戻って下手な質問の仕方でも聞きやすい環境を作れば良いのでは無いのか?と。

その答えが日頃から何気ない会話(雑談)をして常に聞きやすい環境を作ったら多少下手な聞き方でも聞いてくれるのでは無いのかと。

これが今回の雑談ってどーするん?の意図です。

長々話ましたが文を改めて見ても一方通行のこと言ってるな〜と思います。
  • 0
男性 メンヘル3 Android 2021年02月10日(水) 18:43
投稿ID:83390
ありがとうございます。

本を読むように熟読させてもらいました。
自分の中で1番ピンと来たのは「雑談したいのならその人と同じ土俵に乗っかる努力をしなければいけない。人の数だけ」です。
確かに努力はしてませんでした。
自分が共有できる事興味がある事しか話が盛り上がらず、それ以外の事はどーやったら相手の話に乗れるんだろうか?とふわふわ考えてる程度でした。

今、努力する必要がない程度で楽しく話せる友達はいます。
けど自分が今回したい事は努力しないと話せない人達とどーやったら話せるのか?です。
確かにそうですよね。
アクションを起こしたいのは自分なのに何もせず相手に中身のある話してよ、は間違ってますね。

なるほど、まずは相手に乗る所から始めようと思います。

ありがとうございます。
  • 0
男性 神奈川県 Android 2021年02月11日(木) 17:24 編集済み
投稿ID:83400
仕事で業務に必要なことを聞く話すのに比して、「雑談」ではそもそも必要なこと(聞くべきこと話すべきこと)がないこともしばしば。どうでしょうか。
つまりは「雑談」を訓練する→仕事に役立てるという筋道の立て方がちょっと疑問です。両者に順序をさしはさめる差異(の構造)を考えられないからです。
そうすると、私は、人との会話一般について考え取り組む方がより有意義だと思います。

私が考えるのは想像力についてです。人と会話されるとき相手の気持ちや考えに思いをめぐらせているとおもいます。その時「相手が思っていたことは考えていたとおりのようだ」「考えていたことは違ったようだ」といった異なった経験があるのではないでしょうか。
(私はそうした経験のいずれも意味があると思いますが、ともあれ)そうした経験の違いの間で違和を感じるのであれば、次のような訓練?挑戦?はどうでしょう。会話の時に色々と想像をめぐらしてみる、トライしてみる、その結果を振り返る、というような行為を繰り返す。そうすることで想像を働かせる力がより強くなってより相手の気持ちや考えが掴めるのではないでしょうか。

上手くまとまっていませんが、ご返信を拝読してこのようなことを思いました。参考になりましたら幸いです。
  • 0
男性 メンヘル3 Android 2021年02月14日(日) 17:36
投稿ID:83444
ありがとうございます。

前半の「両者に順序をさしはさめる差異(の構造)を考えられないからです。」と「人との会話一般について考え取り組む方がより有意義だと思います。」が
理解出来ませんでしたが

人との会話に自分が思っていた反応とは違うと感じた事は色んな場面でありました。
正直な話をすると相手の考えを色々考えて行動したら病んでしまいました。
教えて頂いた事を否定つもりは全然ないのですが、私にはその想像力が足りないのかと思います。

なので相手を読む、と言う事はやめて、相手に当たり障りのない会話をするが良いのかなと思いました。

否定的な事ばっかり言っててすみません。
  • 0