相談掲示板

話し相手募集

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

「社会不安障害(SAD)」とは、大勢の人の前で話をするなどの「恥ずかしい思いをする」ことに対して強い恐怖や不安を感じることで、そういった状況を避けようとして日常生活に支障を来す状態のことです。
社会不安障害 診断チェック
この「社会不安障害 診断チェック」はここ1週間の自分自身の状態を数値で測定して客観的に無料で社会不安障害の傾向をチェックすることが出来ます。 全48問で、チェックにかかる時間は5分程度です。
お使いのブラウザでJavaScriptが使える状態になっている必要があります
診断結果は一切サーバーに保存していません。また、診断結果が自動でツイートされたりもしませんのでご安心下さい。
社会不安障害(SAD)とは
社会不安障害とは、社会的な状況に対して異常なほどの恐怖を感じて、それを回避しようとする為に会社や学校などの社会生活が困難になる症状のことです。

  • 人前で話す時に極度に緊張する
  • 人前で字を書こうとすると手が震える
  • 怖くて電話に出ることが出来ない
  • 他人の視線が怖い
  • どこにいても孤立してしまう

などの社会的な状況を異常なほどに怖がり、それを回避しようとします。
身体的な症状としては、赤面、震え、発汗、動悸、めまいなどがありますが、身体的な症状の現れ方は人によって異なります。
社会不安障害は「内気」「恥ずかしがり」などの性格の問題ではなく、発症すると症状が持続します。
社会不安障害 診断チェックについて
この社会不安障害 診断チェックは米国精神医学会による診断基準で社会不安障害の症状を評価する尺度として広く使用されているLSAS(Liebowitz Social Anxiety Scale)の日本語版であるLSAS-Jを元に分かりやすく作成したものです。
社会不安障害の方が苦手な行為(13項目)と社交場面(11項目)の合計24の項目からなり、それぞれの項目に対してどれだけ恐怖や不安を感じるか、どれだけ回避するかの程度を回答して数値として客観的に社会不安障害の傾向をチェックすることが出来ます。

うつの症状や不眠の症状で精神科、精神内科を受診された方が実は社会不安障害だったということも実際にあるようなので、うつの症状や不眠がある方もお試し下さい。

この社会不安障害 診断チェックがご自身のこころの状態を知るきっかけになることが出来たら何よりです。