相談掲示板

話し相手募集

おはなし掲示板

つぶやき

ブログ

メンタルヘルス 診断

「注意欠陥・多動性障害(発達障害)」とは、「集中できない(不注意)」「じっとしていられない(多動・多弁)」「考えるよりも先に動く(衝動的な行動)」などを特徴する発達障害です。
注意欠陥・多動性障害 診断チェック
この「注意欠陥・多動性障害 診断チェック」は無料で注意欠陥・多動性障害の傾向をチェックすることが出来ます。
全19問で、チェックにかかる時間は5分程度です。
お使いのブラウザでJavaScriptが使える状態になっている必要があります
診断結果は一切サーバーに保存していません。また、診断結果が自動でツイートされたりもしませんのでご安心下さい。
注意欠陥・多動性障害(発達障害)とは
注意欠陥・多動性障害とは、

  • 集中できない(不注意)
  • じっとしていられない(多動・多弁)
  • 考えるよりも先に動く(衝動的な行動)

などを特徴する発達障害です。
多動症状は一般的には成長とともに軽くなるとされていますが、不注意や衝動性の症状は半数が青年期まで、さらにその半数は成人期まで続くとされており、思春期以降になってうつ病や不安症状を合併する人もいます。
注意欠陥・多動性障害 診断チェックについて
この注意欠陥・多動性障害 診断チェックはアメリカ精神医学会によるDSM「精神障害の診断と統計の手引き」 DSM-4TRの診断基準を元に分かりやすく作成したものになります。
全29問の質問に回答することによって注意欠陥・多動性障害の傾向をチェックすることが出来ます。

この注意欠陥・多動性障害 診断チェックがご自身のこころの状態を知るきっかけになることが出来たら何よりです。